309件中 21 - 30件表示
  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たグレイビス・バスケス

    NBAプレイヤーもヒューストン・ロケッツでプレーしたオスカー・トーレスや現ニューオーリンズ・ホーネッツのグレイビス・バスケスらがいる。カール・ヘレラ(トリニダード・トバゴ出身)はベネズエラでプロデビューし、NBA、ナショナルチームでも活躍していた。ハロルド・キーリングも米国生まれながらベネズエラ代表に名を連ねていた。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たカルロス・アンドレス・ペレス

    1969年にはゲリラへの恩赦を公約にキリスト教社会党(コペイ党)のラファエル・カルデラ政権が発足した。反乱は治まり、キューバを始めとする東側諸国との関係改善も行われた。続いて1974年には民主行動党のカルロス・アンドレス・ペレス政権が成立した。オイルショックの影響による原油高によりベネズエラは大いに潤い、ラテンアメリカの指導的な地位を確立しようと努めてラテンアメリカ経済機構の設立にも尽力した。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たジョニー・チェコット

    二輪モータースポーツでは1990年代終わりまでは優秀なライダーを多数輩出していた。WGP250のチャンピオン、カルロス・ラバード、同じくWGPで活躍しF1に転向したジョニー・チェコットなどが知られる。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たグスターボ・ドゥダメル

    シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラおよび同オーケストラ出身の指揮者であるグスターボ・ドゥダメルも、その背景となる国家的>教育システム「エル・システマ」とともに、高い評価で現代クラシック音楽界に迎えられている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た国本伊代

    乗浩子「カラカス──石油都市の光と影」『ラテンアメリカ都市と社会』 国本伊代、乗浩子編、新評論、1991年9月。ISBN 4-7948-0105-X。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たセシリア・トッド

    著名な音楽家としては、フォルクローレのセシリア・トッドやシモン・ディアス(『カバージョ・ビエホ』の作曲者)、セレナータ・グアヤネーサ、ロックのデソルデン・プブリコスなどが挙げられる。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たホルヘ・リナレス

    ボクシングも有名であり、かつては最古の国際機構であるWBAの本部が置かれており、4階級王者レオ・ガメス、27戦全KO勝ちを収めながら自殺した2階級制覇のエドウィン・バレロ、日本を拠点として2階級制覇を達成したホルヘ・リナレスら世界王者も多数輩出しているが、近年は興行数も激減し低迷気味。さらに2007年からは、WBAの本部も前本部のパナマに戻っている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たカルロス・ザンブラーノ

    アメリカ合衆国のメジャーリーグベースボールにも多くの選手を送り込んでおり、2008年までに232人の選手がメジャーリーグでプレーした。アメリカ合衆国以外のメジャーリーガー輩出国の中では、ドミニカ共和国に次いで二番目の数字である。外国人監督として初めてMLBを制覇したシカゴ・ホワイトソックス元監督のオジー・ギーエンを始め、史上5人目のサイ・ヤング賞満票受賞2度を誇る最強左腕投手ヨハン・サンタナ、2006年ナリーグ最多勝の一人カルロス・ザンブラーノ、MLBの年間最多セーブ記録保持者でK-RODの愛称でも知られるフランシスコ・ロドリゲス、2008年のアリーグ本塁打王ミゲル・カブレラ、2010年のアリーグのサイヤング賞投手フェリックス・ヘルナンデスといったスター選手も多数輩出している。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たリベルタドーレス

    国名中の「ボリバル」とは、ラテンアメリカの解放者・シモン・ボリバル(シモン・ボリーバルとも表記する)のことである。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たシプリアーノ・カストロ

    グスマンの失脚後、ベネズエラは再び不安定な状態に陥るが、1899年にはアンデスのタチラ州出身のシプリアーノ・カストロが政権に就き、1908年まで独裁を行った。1908年にカストロの腹心だったフアン・ビセンテ・ゴメスがクーデターを起こすと、以降1935年までのゴメス将軍の軍事独裁政権が続いた。ゴメス治下の1914年にマラカイボで世界最大級の油田が発見され、ベネズエラは一気に貧しい農業国から石油収入のみを基盤にした南米の地域先進国となっていった。しかし、ゴメス将軍は「アンデスの暴君」と呼ばれるほどの苛烈な統治を敷き、「1928年の世代」を中心とする国内の自由主義者の反発が強まることになった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

309件中 21 - 30件表示

「ベネズエラ」のニューストピックワード