309件中 31 - 40件表示
  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たアントニオ・ホセ・デ・スクレ

    ボリバルは不屈の意志で独立闘争を展開し、1816年には亡命先のジャマイカから『ジャマイカ書簡』を著した。何度かのベネズエラ潜入失敗の後、ヌエバ・グラナダ人の独立指導者フランシスコ・デ・パウラ・サンタンデルらの協力を得てヌエバ・グラナダのサンタフェ・デ・ボゴタを解放すると、1819年にはベネズエラとヌエバ・グラナダからなるコロンビア共和国を結成した。その後解放軍は1821年にカラボボの戦いでスペイン軍を破り、ここでベネズエラの最終的な独立が確定した。ボリバルはその後エクアドル、ペルー、アルト・ペルー方面の解放に向かい、1824年にアントニオ・ホセ・デ・スクレ将軍の率いる解放軍がアヤクーチョの戦いに勝利して全インディアス植民地の最終的独立を勝ち取り、ボリバルは新たに独立したボリビア共和国の初代大統領となった。しかし、留守を預かっていたコロンビアの大統領サンタンデルとの関係が悪化し、コロンビアに帰国し、帰国した後もコロンビアの政局は安定せず、1830年には「エクアドル」(キトとグアヤキルとクエンカが連合して赤道共和国を名乗った)とともにカウディーリョ、ホセ・アントニオ・パエスの指導するベネズエラはコロンビアから脱退し、完全に独立した。翌1831年にコロンビアの独裁者、ラファエル・ウルダネータが失脚するとコロンビアは崩壊し、以降この地域を統一しようとする動きはなくなった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たヨハン・サンタナ

    アメリカ合衆国のメジャーリーグベースボールにも多くの選手を送り込んでおり、2008年までに232人の選手がメジャーリーグでプレーした。アメリカ合衆国以外のメジャーリーガー輩出国の中では、ドミニカ共和国に次いで二番目の数字である。外国人監督として初めてMLBを制覇したシカゴ・ホワイトソックス元監督のオジー・ギーエンを始め、史上5人目のサイ・ヤング賞満票受賞2度を誇る最強左腕投手ヨハン・サンタナ、2006年ナリーグ最多勝の一人カルロス・ザンブラーノ、MLBの年間最多セーブ記録保持者でK-RODの愛称でも知られるフランシスコ・ロドリゲス、2008年のアリーグ本塁打王ミゲル・カブレラ、2010年のアリーグのサイヤング賞投手フェリックス・ヘルナンデスといったスター選手も多数輩出している。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たオジー・ギーエン

    アメリカ合衆国のメジャーリーグベースボールにも多くの選手を送り込んでおり、2008年までに232人の選手がメジャーリーグでプレーした。アメリカ合衆国以外のメジャーリーガー輩出国の中では、ドミニカ共和国に次いで二番目の数字である。外国人監督として初めてMLBを制覇したシカゴ・ホワイトソックス元監督のオジー・ギーエンを始め、史上5人目のサイ・ヤング賞満票受賞2度を誇る最強左腕投手ヨハン・サンタナ、2006年ナリーグ最多勝の一人カルロス・ザンブラーノ、MLBの年間最多セーブ記録保持者でK-RODの愛称でも知られるフランシスコ・ロドリゲス、2008年のアリーグ本塁打王ミゲル・カブレラ、2010年のアリーグのサイヤング賞投手フェリックス・ヘルナンデスといったスター選手も多数輩出している。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たアーロム・バルディリス

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノ(元阪急ブレーブス、ヤクルトスワローズ)をはじめ、ロベルト・ペタジーニ(元ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ、福岡ソフトバンクホークス)、アレックス・カブレラ(福岡ソフトバンクホークス)、アーロム・バルディリス(オリックス・バファローズ)、アレックス・ラミレス(横浜DeNAベイスターズ)らがお馴染みの存在である。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たレオ・ガメス

    ボクシングも有名であり、かつては最古の国際機構であるWBAの本部が置かれており、4階級王者レオ・ガメス、27戦全KO勝ちを収めながら自殺した2階級制覇のエドウィン・バレロ、日本を拠点として2階級制覇を達成したホルヘ・リナレスら世界王者も多数輩出しているが、近年は興行数も激減し低迷気味。さらに2007年からは、WBAの本部も前本部のパナマに戻っている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たフランシスコ・ロドリゲス

    アメリカ合衆国のメジャーリーグベースボールにも多くの選手を送り込んでおり、2008年までに232人の選手がメジャーリーグでプレーした。アメリカ合衆国以外のメジャーリーガー輩出国の中では、ドミニカ共和国に次いで二番目の数字である。外国人監督として初めてMLBを制覇したシカゴ・ホワイトソックス元監督のオジー・ギーエンを始め、史上5人目のサイ・ヤング賞満票受賞2度を誇る最強左腕投手ヨハン・サンタナ、2006年ナリーグ最多勝の一人カルロス・ザンブラーノ、MLBの年間最多セーブ記録保持者でK-RODの愛称でも知られるフランシスコ・ロドリゲス、2008年のアリーグ本塁打王ミゲル・カブレラ、2010年のアリーグのサイヤング賞投手フェリックス・ヘルナンデスといったスター選手も多数輩出している。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たボビー・マルカーノ

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノ(元阪急ブレーブス、ヤクルトスワローズ)をはじめ、ロベルト・ペタジーニ(元ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ、福岡ソフトバンクホークス)、アレックス・カブレラ(福岡ソフトバンクホークス)、アーロム・バルディリス(オリックス・バファローズ)、アレックス・ラミレス(横浜DeNAベイスターズ)らがお馴染みの存在である。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たクリストファー・コロンブス

    ヨーロッパ人が今のベネズエラと接触するのは1498年のクリストファー・コロンブスによる第3回航海が初めてである。翌1499年にはスペイン人のアロンソ・デ・オヘダとイタリア人のアメリゴ・ヴェスプッチが内陸部を探検している。その後スペイン人によって1526年にクマナが建設され、先住民の首長グアイカイプーロとの戦いの最中の1567年にサンティアゴ・デ・レオン・デ・カラカスが建設された。植民地化当初はヌエバ・エスパーニャ副王領の一部として、イスパニョーラ島のサント・ドミンゴのアウディエンシアに所属していたが、1739年にはヌエバ・グラナダ副王領の一部となり、1777年にはベネズエラ総監領に昇格した。植民地時代のベネズエラ経済はプランテーション制農業からのカカオ輸出に依存しており、クリオーリョ支配層は更なる自由貿易を望むようになった。ベネズエラはアルゼンチンと共にスペイン植民地体制の辺境だったために独立に有利な状況が整い、やがて後のラテンアメリカ独立運動の主導的立場を担うことになった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たフアン・ビセンテ・ゴメス

    グスマンの失脚後、ベネズエラは再び不安定な状態に陥るが、1899年にはアンデスのタチラ州出身のシプリアーノ・カストロが政権に就き、1908年まで独裁を行った。1908年にカストロの腹心だったフアン・ビセンテ・ゴメスがクーデターを起こすと、以降1935年までのゴメス将軍の軍事独裁政権が続いた。ゴメス治下の1914年にマラカイボで世界最大級の油田が発見され、ベネズエラは一気に貧しい農業国から石油収入のみを基盤にした南米の地域先進国となっていった。しかし、ゴメス将軍は「アンデスの暴君」と呼ばれるほどの苛烈な統治を敷き、「1928年の世代」を中心とする国内の自由主義者の反発が強まることになった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たマキシモ・ブランコ

    総合格闘技・レスリングでは、真騎士が高校入学時から日本に留学、仙台育英学園高等学校から日本大学(いずれもレスリング名門)と進み、卒業後、育成選手として戦極と契約した。2009年8月8日には第3代ライト級キング・オブ・パンクラシスト(パンクラス王者)となった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

309件中 31 - 40件表示

「ベネズエラ」のニューストピックワード