394件中 51 - 60件表示
  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たフアン・ビセンテ・ゴメス

    グスマンの失脚後、ベネズエラは再び不安定な状態に陥るが、1899年にはアンデスのタチラ州出身のシプリアーノ・カストロが政権に就き、1908年まで独裁を行った。1908年にカストロの腹心だったフアン・ビセンテ・ゴメスがクーデターを起こすと、以降1935年までのゴメス将軍の軍事独裁政権が続いた。ゴメス治下の1914年にマラカイボで世界最大級の油田が発見され、ベネズエラは一気に貧しい農業国から石油収入のみを基盤にした南米の地域先進国となっていった。しかし、ゴメス将軍は「アンデスの暴君」と呼ばれるほどの苛烈な統治を敷き、「1928年の世代」を中心とする国内の自由主義者の反発が強まることになった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たマキシモ・ブランコ

    総合格闘技・レスリングでは、真騎士が高校入学時から日本に留学、仙台育英学園高等学校から日本大学(いずれもレスリング名門)と進み、卒業後、育成選手として戦極と契約した。2009年8月8日には第3代ライト級キング・オブ・パンクラシスト(パンクラス王者)となった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たエルネスト・メヒア

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノをはじめ、ロベルト・ペタジーニ、アレックス・カブレラ、アレックス・ラミレス、エルネスト・メヒア、ホセ・ロペス、ロベルト・スアレスらがお馴染みの存在である。なかでもラミレスは日本プロ野球において初のベネズエラ人監督(中南米諸国を含めても初)となっている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たオスカー・トーレス

    アメリカの強い影響によりバスケットボールもベネズエラで盛んなスポーツのひとつに挙げられている。ヒューストン・ロケッツでプレーしたオスカー・トーレスやトロント・ラプターズなどでプレーしたグレイビス・バスケスらNBAプレイヤーも輩出しており、カール・ヘレラ(トリニダード・トバゴ出身)はベネズエラでプロデビューし、NBA、ナショナルチームでも活躍していた。また、ハロルド・キーリングも米国生まれながらベネズエラ代表に名を連ねていた。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たカール・ヘレラ

    アメリカの強い影響によりバスケットボールもベネズエラで盛んなスポーツのひとつに挙げられている。ヒューストン・ロケッツでプレーしたオスカー・トーレスやトロント・ラプターズなどでプレーしたグレイビス・バスケスらNBAプレイヤーも輩出しており、カール・ヘレラ(トリニダード・トバゴ出身)はベネズエラでプロデビューし、NBA、ナショナルチームでも活躍していた。また、ハロルド・キーリングも米国生まれながらベネズエラ代表に名を連ねていた。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たロベルト・スアレス

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノをはじめ、ロベルト・ペタジーニ、アレックス・カブレラ、アレックス・ラミレス、エルネスト・メヒア、ホセ・ロペス、ロベルト・スアレスらがお馴染みの存在である。なかでもラミレスは日本プロ野球において初のベネズエラ人監督(中南米諸国を含めても初)となっている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たジョージ・W・ブッシュ

    チャベスはジョージ・W・ブッシュ政権以降は反米路線を掲げた。2002年、アメリカの中央情報局(CIA)の援助・支援の下に軍部親米派のクーデターでいったんは失脚したが、全国的な国民のデモの激化、ラテンアメリカ諸国の抗議によって再び政権に復帰し、わずか3日間でクーデターは失敗に終わった。こうした経緯もあり、チャベスは反米的なキューバ、ボリビア、エクアドル、ニカラグア、中華人民共和国、ロシア、イランと関係を強化し、友好的な関係を維持している。また、ラテンアメリカ・カリブ諸国共同体や南米諸国連合、米州ボリバル同盟、南米銀行の設立を主導して中南米の結束を図った。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たカルロス・ラバード

    二輪モータースポーツでは1990年代終わりまでは優秀なライダーを多数輩出していた。WGP250のチャンピオン、カルロス・ラバード、同じくWGPで活躍しF1に転向したジョニー・チェコットなどが知られる。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たフェリックス・ヘルナンデス

    アメリカ合衆国のメジャーリーグベースボール(MLB)にも多くの選手を送り込んでおり、アメリカ合衆国以外のMLB選手輩出国の中では、ドミニカ共和国に次いでいる。外国人監督として初めてMLBを制覇したシカゴ・ホワイトソックス元監督のオジー・ギーエンを始め、史上5人目のサイ・ヤング賞満票受賞2度を誇る最強左腕投手ヨハン・サンタナ、2006年ナリーグ最多勝の一人カルロス・ザンブラーノ、MLBの年間最多セーブ記録保持者でK-RODの愛称でも知られるフランシスコ・ロドリゲス、2012年のアリーグ打撃三冠王ミゲル・カブレラ、2010年のアリーグのサイヤング賞投手フェリックス・ヘルナンデスといったスター選手も多数輩出している。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たカリビアンシリーズ

    冬季には、国内で8球団からなるウィンターリーグ(Venezuelan Professional Baseball League)が開催される。このウィンターリーグには、米国や日本など、海外でプレーしている選手の多くが調整を兼ねて参加する。このリーグ戦で優勝したチームは、ベネズエラ代表としてカリビアンシリーズに出場する。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

394件中 51 - 60件表示

「ベネズエラ」のニューストピックワード