309件中 51 - 60件表示
  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たミス・インターナショナル

    2012年現在、ベネズエラはそれぞれ6名のミス・ユニバース、ミス・ワールド、ミス・インターナショナルを輩出している。ミス・ベネズエラは各代表選考を兼ねた、ベネズエラ国内のミス・コンテストである。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た鉄鉱石

    金属鉱物資源では、ボーキサイト(500万トン、第7位、1.9%)、世界シェア1.9%の鉄鉱(1150万トン、第12位)、同1.4%のニッケル鉱(1.8万トン)のほか、金、ダイヤモンド、リンを産する。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たサイ・ヤング賞

    アメリカ合衆国のメジャーリーグベースボールにも多くの選手を送り込んでおり、2008年までに232人の選手がメジャーリーグでプレーした。アメリカ合衆国以外のメジャーリーガー輩出国の中では、ドミニカ共和国に次いで二番目の数字である。外国人監督として初めてMLBを制覇したシカゴ・ホワイトソックス元監督のオジー・ギーエンを始め、史上5人目のサイ・ヤング賞満票受賞2度を誇る最強左腕投手ヨハン・サンタナ、2006年ナリーグ最多勝の一人カルロス・ザンブラーノ、MLBの年間最多セーブ記録保持者でK-RODの愛称でも知られるフランシスコ・ロドリゲス、2008年のアリーグ本塁打王ミゲル・カブレラ、2010年のアリーグのサイヤング賞投手フェリックス・ヘルナンデスといったスター選手も多数輩出している。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た国内総生産

    ゴメス時代にマラカイボ湖で石油が発見されるまでは、ベネズエラはコーヒーとカカオを主としたプランテーション農業の国だったが、1930年代には石油輸出額が第一次産品を抜き、1950年代にアメリカ合衆国、ソ連に次ぐ世界第三位の産油国となった。その後1960年代、1970年代を通して順調な成長が続いたが、一人当たりGDP成長は1983年を境に急落し続け、2002年にはボリバル換算で1960年の水準にまで落ち込んだ。このことから、ベネズエラは「失われた三十年」を経験したとの分析も存在する。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たニューオーリンズ・ホーネッツ

    NBAプレイヤーもヒューストン・ロケッツでプレーしたオスカー・トーレスや現ニューオーリンズ・ホーネッツのグレイビス・バスケスらがいる。カール・ヘレラ(トリニダード・トバゴ出身)はベネズエラでプロデビューし、NBA、ナショナルチームでも活躍していた。ハロルド・キーリングも米国生まれながらベネズエラ代表に名を連ねていた。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た東京ヤクルトスワローズ

    スポーツにおいては、アメリカ合衆国の強い影響により、南米諸国では例外的に野球が盛んであり、世界でも有数の野球大国となっている。日本でも活躍したボビー・マルカーノ(元阪急ブレーブス、ヤクルトスワローズ)をはじめ、ロベルト・ペタジーニ(元ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ、福岡ソフトバンクホークス)、アレックス・カブレラ(福岡ソフトバンクホークス)、アーロム・バルディリス(オリックス・バファローズ)、アレックス・ラミレス(横浜DeNAベイスターズ)らがお馴染みの存在である。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たFIFAワールドカップ

    南米諸国の中では数少ない、サッカーが最も盛んなスポーツではない国であるが、近年は人気が高まりつつある。サッカーベネズエラ代表は、南米サッカー連盟に所属する10ヶ国のうち唯一ワールドカップ本大会に出場した事が無く、長らく「南米最弱」といわれてきたが、最近は強化が進み、W杯まであと1歩のレベルに達している。2007年には初めてコパ・アメリカを開催し、準々決勝に進出した。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た世界遺産

    ベネスエラ国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が2件、自然遺産が1件存在する。詳細は、ベネズエラの世界遺産を参照。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たグアイカイプーロ

    ヨーロッパ人が今のベネズエラと接触するのは1498年のクリストファー・コロンブスによる第3回航海が初めてである。翌1499年にはスペイン人のアロンソ・デ・オヘダとイタリア人のアメリゴ・ヴェスプッチが内陸部を探検している。その後スペイン人によって1526年にクマナが建設され、先住民の首長グアイカイプーロとの戦いの最中の1567年にサンティアゴ・デ・レオン・デ・カラカスが建設された。植民地化当初はヌエバ・エスパーニャ副王領の一部として、イスパニョーラ島のサント・ドミンゴのアウディエンシアに所属していたが、1739年にはヌエバ・グラナダ副王領の一部となり、1777年にはベネズエラ総監領に昇格した。植民地時代のベネズエラ経済はプランテーション制農業からのカカオ輸出に依存しており、クリオーリョ支配層は更なる自由貿易を望むようになった。ベネズエラはアルゼンチンと共にスペイン植民地体制の辺境だったために独立に有利な状況が整い、やがて後のラテンアメリカ独立運動の主導的立場を担うことになった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たクラシック音楽

    シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラおよび同オーケストラ出身の指揮者であるグスターボ・ドゥダメルも、その背景となる国家的>教育システム「エル・システマ」とともに、高い評価で現代クラシック音楽界に迎えられている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

309件中 51 - 60件表示

「ベネズエラ」のニューストピックワード