394件中 61 - 70件表示
  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た有権者

    2016年4月、大統領の任期が後半に入った事を踏まえ、野党は憲法に規定されている任期途中での大統領罷免を求める国民投票の実施を宣言、10月に国民投票の第一条件となる1%の有権者の署名が与野党共同運営の選挙管理委員会に提出された。この署名に死亡者や有権者登録されていない人物の署名が含まれていた事が与党側から問題視され、選挙委員会と野党は再発防止を約束して手続きを再開したが、10月20日に7州の裁判所は「身分証明書の窃盗事件と関連がある」として手続き停止を命令した。一連の騒動で与党と野党に続き、司法と議会の対立も鮮明となった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たミス・ユニバース

    2012年現在、ベネズエラはそれぞれ6名のミス・ユニバース、ミス・ワールド、ミス・インターナショナルを輩出している。ミス・ベネズエラは各代表選考を兼ねた、ベネズエラ国内のミス・コンテストである。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た内閣

    大統領を国家元首とする連邦共和制国家である。1999年12月に新憲法が制定され、大統領の権限が強化、任期も5年から6年に延長された。選出は、国民による普通選挙によって行われる。首相職は存在せず、大統領自身が行政府の長として内閣を統率する。前回投票は、2006年12月3日に行われ、ウゴ・チャベス大統領が再選した。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たワールド・ベースボール・クラシック

    ワールド・ベースボール・クラシックの参加国の1つである。第1回大会ではベネズエラ国内の期待を集めながらも2次リーグで敗退し、監督批判が起こった。第2回大会ではサンタナ、ザンブラーノといった投手陣の柱を欠きながらも、強力打線を武器に準決勝進出を果たした。第3回大会では強豪のプエルトリコ、ドミニカ共和国と同じ組だった1次ラウンドで敗退した。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た政治家

    2017年8月2日、レオポルド・ロペス、アントニオ・レデスマら野党連合の主要政治家が軍に連行された。8月3日、反政府派に転じているオルテガ・ディアス検事総長は検察庁に不正選挙に関する捜査命令を出したが、これに対して軍が検察庁を包囲下に置いた。8月5日、はオルテガを検事総長から解任する決定を下し、制憲議会もオルテガが深刻な職権乱用により起訴された事を発表した。8月18日、制憲議会は国民議会から立法権などの権限を剥奪したと宣言した。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たIBAFワールドカップ

    1940年代から50年代にかけては世界選手権で優勝3度を記録するなどキューバ等と並ぶアマチュアの強豪として君臨していたが、米州他国が強化を推し進めたのに加え、国内選手のMLB志向が強くなっていったため代表チームの低迷が続き、オリンピックには北京大会まで一度も出場を果たせなかった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た公用語

    言語はスペイン語(ベネズエラ・スペイン語)が公用語であり、かつ日常生活で最も使われている。31のインディヘナの言葉があり、政府は先住民の言語を通用させる努力を規定しているが、話す人は限られている。その他にも移民によってドイツ語、ポルトガル語、ガリシア語、イタリア語などが話されている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た仙台育英学園高等学校

    総合格闘技・レスリングでは、真騎士が高校入学時から日本に留学、仙台育英学園高等学校から日本大学(いずれもレスリング名門)と進み、卒業後、育成選手として戦極と契約した。2009年8月8日には第3代ライト級キング・オブ・パンクラシスト(パンクラス王者)となった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た国際連合教育科学文化機関

    ベネスエラ国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が2件、自然遺産が1件存在する。詳細は、ベネズエラの世界遺産を参照。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た油田

    グスマンの失脚後、ベネズエラは再び不安定な状態に陥るが、1899年にはアンデスのタチラ州出身のシプリアーノ・カストロが政権に就き、1908年まで独裁を行った。1908年にカストロの腹心だったフアン・ビセンテ・ゴメスがクーデターを起こすと、以降1935年までのゴメス将軍の軍事独裁政権が続いた。ゴメス治下の1914年にマラカイボで世界最大級の油田が発見され、ベネズエラは一気に貧しい農業国から石油収入のみを基盤にした南米の地域先進国となっていった。しかし、ゴメス将軍は「アンデスの暴君」と呼ばれるほどの苛烈な統治を敷き、「1928年の世代」を中心とする国内の自由主義者の反発が強まることになった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

394件中 61 - 70件表示

「ベネズエラ」のニューストピックワード