394件中 71 - 80件表示
  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た

    2017年12月3日、石油・天然ガス・などの資源で裏付けられた独自の仮想通貨であるペトロを導入することを発表、同年1月5日に1億単位のペトロが発行された。国家が発行する仮想通貨という点では世界初である。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たフォーミュラ1

    ベネズエラ人のF1ドライバーパストール・マルドナドは、2011年にウィリアムズF1と契約。その年の第3戦中国グランプリで初完走。2012年第5戦となるスペイングランプリで初表彰台、初優勝を成し遂げた。他にベネズエラ人F1ドライバーとしては、1960年のエットーレ・キメリ(同国初のF1ドライバー。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たオイルショック

    1969年にはゲリラへの恩赦を公約に(コペイ党)の政権が発足した。反乱は治まり、キューバを初めとする東側諸国との関係改善も行われた。続いて1974年には民主行動党のカルロス・アンドレス・ペレス政権が成立した。オイルショックの影響による原油高によりベネズエラは「サウジ・ベネズエラ」と呼ばれるほど大いに潤う。ラテンアメリカの指導的な地位を確立しようと努めてラテンアメリカ経済機構の設立にも尽力した。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たヒューストン・ロケッツ

    アメリカの強い影響によりバスケットボールもベネズエラで盛んなスポーツのひとつに挙げられている。ヒューストン・ロケッツでプレーしたオスカー・トーレスやトロント・ラプターズなどでプレーしたグレイビス・バスケスらNBAプレイヤーも輩出しており、カール・ヘレラ(トリニダード・トバゴ出身)はベネズエラでプロデビューし、NBA、ナショナルチームでも活躍していた。また、ハロルド・キーリングも米国生まれながらベネズエラ代表に名を連ねていた。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た貧困

    ベネズエラにおいては、富裕層の所有メディアにより反チャベス的な内容のものが報道されることが多かった。チャベス政権成立以降、チャベス大統領に批判的な放送局が閉鎖に追いやられたりするなど独裁色が強められた。これは失敗に終わった2002年のクーデターを支持した放送局のオーナーたちに対する報復だとの見方もある。なお、チャベス派からのメディア発信も行われており「こんにちは大統領」のようなテレビ番組も放送されていた。チャベス大統領はワシントン・コンセンサスを否定し、反市場原理主義、反新自由主義を鮮明に掲げ、富の偏在・格差の縮小など国民の大多数に及んだ貧困層の底上げ政策が中心で『21世紀の社会主義』を掲げていた。しかしながら、チャベス政権以前の旧体制派である財界との対立による経済の低迷や相変わらず深刻な格差・貧困問題、特に治安の悪化は深刻な社会問題となっており、それらを解決できないまま、2013年3月5日、チャベス大統領は癌により死去した。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たコロンビア革命軍

    ベネズエラ軍はチャベス政権の下で豊富な石油で得たオイルマネーを背景にロシアや中国などから武器を大量購入して着々と軍拡を進め、近隣諸国に警戒心を抱かせた。チャベス政権がコロンビア革命軍を庇護していたことが問題となり、2004年のコロンビアのアルバロ・ウリベ親米政権から侵攻を受けそうになった。2010年代後半は逆に、ベネズエラ経済の混乱による難民流出が地域の不安定要因となっている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たトロント・ラプターズ

    アメリカの強い影響によりバスケットボールもベネズエラで盛んなスポーツのひとつに挙げられている。ヒューストン・ロケッツでプレーしたオスカー・トーレスやトロント・ラプターズなどでプレーしたグレイビス・バスケスらNBAプレイヤーも輩出しており、カール・ヘレラ(トリニダード・トバゴ出身)はベネズエラでプロデビューし、NBA、ナショナルチームでも活躍していた。また、ハロルド・キーリングも米国生まれながらベネズエラ代表に名を連ねていた。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たジョゼフ・ボナパルト

    1789年のフランス革命によりヨーロッパの政局が混乱し、19世紀にナポレオン戦争がスペインに波及するとインディアス植民地は大きく影響受けた。インディアス植民地各地のクリオーリョ達は独立を企図し、ベネズエラでも1806年にはフランシスコ・デ・ミランダによる反乱がおきた。この反乱は鎮圧されたが、1808年ホセ1世がスペイン王に即位すると、それに対する住民蜂起を契機にスペイン独立戦争が勃発、インディアス植民地はホセ1世への忠誠を拒否し、独立の気運は抑えがたいものになって行った。1810年にはカラカス市参事会がベネズエラ総督を追放。翌年1811年にはシモン・ボリバルとミランダらが(1810年 - 1812年)を樹立した。しかし、王党派の介入とによってベネズエラは混乱し、共和国は崩壊した。この時の大地震によってカラカス市の2/3が崩壊した。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たチョコレート

    中央アメリカから広がるトウモロコシ文化圏の国であり、アレパと呼ばれるトウモロコシから作るパンのようなものが一般に食べられている。飲み物としては、ロン(ラム酒)が広く飲まれており、お茶やコーヒーの代わりに熱したチョコレートを飲む習慣もある。スペイン料理やイタリア料理も一般に食べられている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たボゴタ

    ボリバルは不屈の意志で独立闘争を展開し、1816年には亡命先のジャマイカから『ジャマイカ書簡』を著した。何度かのベネズエラ潜入失敗の後、ヌエバ・グラナダ人の独立指導者フランシスコ・デ・パウラ・サンタンデルらの協力を得てヌエバ・グラナダのサンタフェ・デ・ボゴタを解放すると、1819年にはベネズエラとヌエバ・グラナダからなるコロンビア共和国()を結成した。その後解放軍は1821年にでスペイン軍を破り、ここでベネズエラの最終的な独立が確定した。ボリバルはその後エクアドル、ペルー、アルト・ペルー方面の解放に向かい、1824年にアントニオ・ホセ・デ・スクレ将軍の率いる解放軍がに勝利して全インディアス植民地の最終的独立を勝ち取り、ボリバルは新たに独立したボリビア共和国の初代大統領となった。しかし、留守を預かっていたコロンビアの大統領サンタンデルとの関係が悪化し、コロンビアに帰国し、帰国した後もコロンビアの政局は安定せず、1830年には「エクアドル」(キトとグアヤキルとクエンカが連合して赤道共和国を名乗った)とともにカウディーリョ、の指導するベネズエラはコロンビアから脱退し、完全に独立した。翌1831年にコロンビアの独裁者、ラファエル・ウルダネータが失脚するとコロンビアは崩壊し、以降この地域を統一しようとする動きはなくなった。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

394件中 71 - 80件表示

「ベネズエラ」のニューストピックワード