309件中 81 - 90件表示
  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たトウモロコシ

    中央アメリカから広がるトウモロコシ文化圏の国であり、アレパと呼ばれるトウモロコシ原産のパンのようなものが一般に食べられている。飲み物としては、ロン(ラム酒)が広く飲まれており、お茶やコーヒーの代わりに熱したチョコレートを飲む習慣もある。スペイン料理やイタリア料理も一般に食べられている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た一院制

    議会はスペイン語でAsamblea Nacional(アサンブレア・ナシオナル、すなわち国民議会)と呼ばれ、1999年憲法により両院制から一院制に変わった。全165議席で、うち3議席は先住民に保障されている。議員の任期は5年で、国民による普通選挙(小選挙区比例代表併用制)で選出される。2007年に改憲を巡る国民投票が行われたが、否決された。その後、大統領の再選制限を撤廃した2009年憲法が成立している。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たコパ・アメリカ

    南米諸国の中では数少ない、サッカーが最も盛んなスポーツではない国であるが、近年は人気が高まりつつある。サッカーベネズエラ代表は、南米サッカー連盟に所属する10ヶ国のうち唯一ワールドカップ本大会に出場した事が無く、長らく「南米最弱」といわれてきたが、最近は強化が進み、W杯まであと1歩のレベルに達している。2007年には初めてコパ・アメリカを開催し、準々決勝に進出した。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たウィンターリーグ

    冬季には、国内で8球団からなるウィンターリーグ(Venezuelan Professional Baseball League)が開催される。このウィンターリーグには、米国や日本など、海外でプレーしている選手の多くが調整を兼ねて参加する。このリーグ戦で優勝したチームは、ベネズエラ代表としてカリビアンシリーズに出場する。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たホセ・アントニオ・アブレウ

    ベネズエラの教育で特色あるものは音楽教育である。ホセ・アントニオ・アブレウが1975年に始めた貧困層の児童に無償でエル・システマというメソッドでクラシック音楽の教育を施す音楽教育は、ストリートチルドレンの救済や非行少年の更生に大きな成果を上げてきた。35年以上に当たり歴代の政権も支援をしており、35万人がこの教育を受けている。現在ではボリーバル音楽基金によってシモン・ボリーバル・ユース・オーケストラ、テレサ・カレーニョ・ユース・オーケストラ、児童オーケストラなど200以上もの楽団が運営されており世界的にも高い評価を得ている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た営利誘拐

    ベネズエラは映画製作が盛んな国ではないが、社会問題となっている営利誘拐を取り扱ったジョナサン・ヤクボウィッツ監督の『ベネズエラ・サバイバル』(2005)は国際的に公開されたベネズエラ映画である。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たベネズエラ国営石油公社

    ベネズエラ国営石油公社(PDVSA)はアメリカ合衆国国内に現地法人を設立し、ベネズエラで生産した石油を販売している。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た新評論

    乗浩子「カラカス──石油都市の光と影」『ラテンアメリカ都市と社会』 国本伊代、乗浩子編、新評論、1991年9月。ISBN 4-7948-0105-X。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見た山川出版社

    坂口安紀「苦悩するベネズエラ―チャベス政権の「ボリバル革命」の行方」『現代中米・カリブを読む──政治・経済・国際関係』小池康弘編、山川出版社、2008年4月。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

  • ベネズエラ

    ベネズエラから見たカリブ海

    ベネズエラ・ボリバル共和国 (ベネズエラ・ボリバルきょうわこく)、通称ベネズエラは、南アメリカ北部に位置する連邦共和制社会主義国家である。東にガイアナ、西にコロンビア、南にブラジルと国境を接し、北はカリブ海、大西洋に面する。首都はカラカス。南米大陸でも指折りの自然の宝庫として知られている。ベネズエラ フレッシュアイペディアより)

309件中 81 - 90件表示

「ベネズエラ」のニューストピックワード