1347件中 91 - 100件表示
  • イサイ・シューア

    イサイ・シューアから見たベラルーシベラルーシ

    ポーランド(ベラルーシ)のモギリョフ県モギリョフ(マヒリョウ)でユダヤ系ドイツ人の子として生まれる。ベルリンで学び、1901年に博士号を取得。1903年に講師となり、ボン滞在を経て、1919年に教授となる。イサイ・シューア フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・モロゾフ

    ニコライ・モロゾフから見たベラルーシベラルーシ

    ニコライ・モロゾフ(ロシア語:, ラテン文字:、1975年12月17日 - )は、ロシア生まれ、アメリカ在住のフィギュアスケートコーチ、振付師。1990年代にはアイスダンスの選手として活躍し、ベラルーシ代表としてタチアナ・ナフカと組んで長野オリンピックに出場した。フィギュアスケーターのカロリヌ・ドゥアラン、アイスダンスの2003年世界チャンピオンでフィギュアスケート振付師のシェイリーン・ボーンはいずれも元妻。3人目となる現妻はペア・アイスダンス選手であるワシリーサ・ダワンコワ。ニコライ・モロゾフ フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの歴史

    ロシアの歴史から見たベラルーシベラルーシ

    ロシアの歴史を通観すると、東ヨーロッパのスラヴ人居住地帯であったルーシの地に多くの公国が興ったことによって、さらにその辺境であった北東ルーシの地から興ったモスクワ大公国がルーシのみならずウラル、中央アジア、シベリアから極東のオホーツク海沿岸まで広大な地域を飲み込むことによって形成された国家の発展の歴史としてとらえられ、歴史の叙述はそのような順序で述べられることになる。しかし、実際にはルーシからはウクライナ人、ベラルーシ人など、ロシア人と別の民族意識を確立して現在のウクライナ、ベラルーシなどの諸国を形成した人々がおり、また中央アジアやシベリアにはスラヴ系の正教会信徒であるロシア人とは異なった民族の起源を有する様々な人々が、独自の伝統と歴史を歩んできた。ロシア史として記述される歴史は、ロシアという国家の単線的な歴史であると同時に、歴史上ロシアに内包されたり、かかわりをもったりしてきた様々な人々が出入りする複雑な歴史でもある。ロシアの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • アンナ・スマシュノワ

    アンナ・スマシュノワから見たベラルーシベラルーシ

    アンナ・スマシュノワ(Anna Smashnova, ヘブライ語:, , 1976年7月16日 - )は、イスラエルの女子プロテニス選手。ソ連(現在のベラルーシ)・ミンスク生まれ。クレーコート(赤土)を最も得意とするベースライン・プレーヤーである。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。シングルス自己最高ランキングは15位。WTAツアーでシングルス12勝を挙げた(ダブルス優勝はない)。2002年12月7日にイタリアの元プロテニス選手、と結婚したことから、「アンナ・スマシュノワ・ピストレッシ」(Anna Smashnova-Pistolesi)と名乗ったこともある(後に離婚した)。アンナ・スマシュノワ フレッシュアイペディアより)

  • リトアニア大公国

    リトアニア大公国から見たベラルーシベラルーシ

    リトアニア人が支配した当初はその領土もいわゆる「原リトアニア」と呼ばれる、現代のリトアニア共和国とほぼ同じ狭い地域に限られており、小さな異教国家(非キリスト教国家、Romuva)であったが、複雑な政治的経緯により人口の膨大なルーシ(現在のロシア・スモレンスク地方、ベラルーシ、西部ウクライナ)の正教徒の人々が住む広大な地域(すなわちヴォルィーニ公国やハールィチ公国の地域)も徐々に広く包含するようになると、そういった地方の支配層も取り込むようになったため結果として大公国全体で徐々に正教徒の東スラヴ人が政治的に優勢となった。原リトアニアでも東スラヴの文化を広く受け入れるようになり、大公国の唯一の公用語として教会スラブ語が採用された。1387年にローマ・カトリックを正式に国教としたが、正教徒の信仰も認められた。1430年以後、ポーランド王国と実質的な同君連合となり(ポーランド・リトアニア合同)、支配階層のポーランド文化への同質化が進んだ。1569年のルブリン合同をもってリトアニア大公国はポーランド王国との連合政体であるポーランド・リトアニア共和国を形成した。リトアニア大公国 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア帝国の歴史

    ロシア帝国の歴史から見たベラルーシベラルーシ

    18世紀はじめの大北方戦争(1700年 - 1721年)の勝利によってカレリアの大部分、エストニア、リヴォニア、イングリアなどを獲得したロシア帝国は以降も領土の拡大を続けている。18世紀後半のエカチェリーナ2世の時代にロシア帝国は大きく領土を広げ、三次に渡るポーランド分割によって現在のリトアニア、ベラルーシ、ウクライナ西部に相当する地域を併合し、南部ではクリミア半島を版図に納めている。またウクライナのヘーチマン国家を消滅させて直接支配に置いた。ロシア帝国の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ニキータ・コルズン

    ニキータ・コルズンから見たベラルーシベラルーシ

    ニキータ・イバノビッチ・コルズン (ベラルーシ語:Мікіта Іванавіч Корзун?, ウクライナ語:Микита Іванович Корзун、1995年3月6日 -) は、ベラルーシ・ミンスク出身のサッカー選手である。ベラルーシ代表。FCディナモ・キエフ所属。ポジションはミットフィルダー。ニキータ・コルズン フレッシュアイペディアより)

  • クルト・フォン・ゴットベルク

    クルト・フォン・ゴットベルクから見た白ロシアベラルーシ

    1942年7月21日に「東国及び北ロシア」親衛隊及び警察高級指導者指揮下の「白ロシア」親衛隊及び警察指導者に任命される。11月16日から戦闘団「フォン・ゴットベルク」司令官となり、対パルチザン作戦に参加した。クルト・フォン・ゴットベルク フレッシュアイペディアより)

  • アル・ホフマン

    アル・ホフマンから見たベラルーシ共和国ベラルーシ

    アル・ホフマン(''''、1902年9月25日 - 1960年7月21日)は、アメリカ合衆国の作曲家。ベラルーシ共和国ミンスク出身。アル・ホフマン フレッシュアイペディアより)

  • 朝鮮民主主義人民共和国の国際関係

    朝鮮民主主義人民共和国の国際関係から見たベラルーシベラルーシ

    2017年、北朝鮮の政権樹立日(9月9日)と朝鮮労働党創建日(10月10日)に合わせて、各国首脳から金正恩朝鮮労働党委員長に向けて贈られた祝電数は、28か国30通(シリア、パレスチナは2通)であった。2016年と比較して16か国(ポルトガル、エチオピア、インドネシア、ミャンマー、カンボジア、ウガンダなどが)減となる一方、新たに3か国(マリ、ドミニカ、ベラルーシ)の首脳が加わっている。朝鮮民主主義人民共和国の国際関係 フレッシュアイペディアより)

1347件中 91 - 100件表示

「ベラルーシ」のニューストピックワード