1002件中 11 - 20件表示
  • リプカ・タタール人

    リプカ・タタール人から見たベラルーシベラルーシ

    リプカ・タタール人は、14世紀初頭にリトアニア大公国に移住してきたタタールを起源とする民族集団。最初に移住してきたのは、シャーマニズム信仰を保持するために非キリスト教徒のリトアニア人たちの下に避難してきた亡命者だった。14世紀末までに、ムスリムに改宗していたタタール人の第2波がヴィータウタス大公の招聘を受けてリトアニアに移ってきた。タタール人は当初、ヴィリニュス、トラカイ、フロドナ、カウナスの周辺に住んでいたが、後にはリトアニア大公国が参加したポーランド・リトアニア共和国の各地に拡散していった。彼らが主に住みついたのは、現在のベラルーシ、リトアニア、ポーランドだった。リトアニアに移住して来た当初から、彼らはリプカ人として知られた。彼らはイスラーム信仰を維持していたにもかかわらず、その大部分がキリスト教国家であるポーランド・リトアニア共和国に忠誠を誓い続けた。グルンヴァルトの戦い以後、リプカ・タタール人の軽騎兵連隊は、リトアニアとポーランドの主要な軍事遠征には常に参加していた。リプカ・タタール人 フレッシュアイペディアより)

  • 法と正義

    法と正義から見たベラルーシベラルーシ

    この政党が他国の右派政党と最も異なる点は、自民族中心主義とは明確に距離を置いていることである。民族差別や人種差別を嫌うのは中世を通じて多民族国家で黄金時代を築いたポーランドの旧シュラフタ(武家)社会の伝統文化の枢要な部分であるとの考えを堅持し、カトリックのコスモポリタニズムに基づいた保守主義を貫いている。外国人出稼ぎ労働者の受け入れには積極的で、ウクライナやベラルーシ、そしてロシアのカリーニングラードなどといった欧州連合(EU)外の近隣国からの出稼ぎの制限を緩和している。法と正義 フレッシュアイペディアより)

  • シャハー・ピアー

    シャハー・ピアーから見たベラルーシベラルーシ

    シャハー・ピアー(, 英語表記:Shahar Pe'er, 1987年5月1日 - )は、イスラエル・エルサレム出身の女子プロテニス選手。2008年の全豪オープン女子ダブルスで、ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)とペアを組んで準優勝した。自己最高ランキングはシングルス11位、ダブルス14位。これまでにWTAツアーでシングルス5勝、ダブルス3勝を挙げている。身長170cm、体重60kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。シャハー・ピアー フレッシュアイペディアより)

  • ラジヴィウ家

    ラジヴィウ家から見たベラルーシベラルーシ

    ラジヴィウ家は5世紀以上にわたってその存在感と高貴な地位を保っている。一族は15・16世紀にかけて巨万の富を獲得し、1939年に第2次世界大戦が開始されるまでその富を保持し続けた。一族は多くの傑出した政治家、将軍、聖職者、芸術のパトロン、事業家を輩出し、彼らはポーランド、リトアニア、ベラルーシを中心として全欧州を又にかけた活躍を見せて、ヨーロッパの歴史と文化に重要な足跡を残した。ラジヴィウ家 フレッシュアイペディアより)

  • ビクトリア・アザレンカ

    ビクトリア・アザレンカから見たベラルーシベラルーシ

    ビクトリア・アザレンカ(Victoria Azarenka, , 1989年7月31日 - )は、ベラルーシ・ミンスク出身の女子プロテニス選手。2012年と2013年の全豪オープン女子シングルスの優勝者であり、ベラルーシ人として初めて世界ランキング1位になった選手である。これまでにWTAツアーでシングルス15勝、ダブルス6勝を挙げる。自己最高ランキングはシングルス1位、ダブルス7位。身長183cm、体重66kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ビクトリア・アザレンカ フレッシュアイペディアより)

  • 親衛隊及び警察指導者

    親衛隊及び警察指導者から見た白ロシアベラルーシ

    「中央ロシア及び白ロシア」親衛隊及び警察高級指導者(Höhere SS- und Polizeiführer ?Rußland-Mitte und Weißruthenien“)親衛隊及び警察指導者 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア

    ロシアから見たベラルーシベラルーシ

    世界最大の面積をもつ国土はヨーロッパとアジアにまたがり、北西から順にグリーンランド(デンマーク自治領)、ノルウェー、フィンランド、エストニア、ラトビア、ベラルーシ、リトアニア、ポーランド(リトアニア、ポーランドとの国境はバルト海とリトアニアに囲まれた飛び地領であるカリーニングラード州である)、ウクライナ、グルジア、アゼルバイジャン、カザフスタン、中国、モンゴル、北朝鮮、日本、アメリカ、カナダと陸上または海上で国境を接し、北は北極海、東は太平洋に囲まれている。ロシア フレッシュアイペディアより)

  • ユーリ・バンダジェフスキー

    ユーリ・バンダジェフスキーから見たベラルーシベラルーシ

    1957年1月9日にベラルーシ(Belarus)フロドナ州(Grodno)で生まれた。1978年、小児科医であるガリーナ・バンダジェフスカヤ(Galina Bandazhevskaja)と結婚。1980年、国立フロドナ医科大学を卒業、臨床研修を終え病理解剖学の専門家となる。1989年、ベラルーシの中央科学研究所所長(The Central Laboratory of Scientific Research)に就任。ベラルーシコムソモール賞、アルバート・シュバイツァーのゴールドメダル、ポーランド医学アカデミーのゴールドスターを授与される。1990年、ゴメリ(Gomel)医科大学に就任、初代学長・病理学部長を務める 。ゴメリ医科大学では1986年のチェルノブイリ原発事故以来、セシウム137の人体への影響を明らかにするために、被曝して死亡した患者の病理解剖と臓器別の放射線測定や、放射能汚染地域住民の大規模な健康調査、汚染食料を用いた動物飼育実験、などの研究に取り組む 。この研究は、セシウムなどの放射性同位元素が体内に取り込まれたときの現象と病理学的プロセスを解明するとともに、旧ソ連時代からの放射線防護基準を改訂することに寄与した。ゴメリ医科大学ではバンダジェフスキーの指導のもと、30の博士論文が作成され、200篇の文献が作成された。研究成果は、定期的にベラルーシ国内の新聞、ラジオ、テレビ、および国会で報告されていた。ユーリ・バンダジェフスキー フレッシュアイペディアより)

  • Su-27 (航空機)

    Su-27 (航空機)から見たベラルーシベラルーシ

    同機の複座の練習戦闘機型であるSu-27UBMは、空中給油プローブのないSu-30KNに基づいて開発されたSu-27UBのマルチロール改修型である。また、ベラルーシで先行配備されている同種のSu-27UBM1は、イルクーツク航空製造連合の開発したロシア空軍向けのSu-27UBMの派生型となる機体である。今後ロシア空軍に配備されるのもベラルーシのSu-27UBM1に準じた機体となるようである。Su-27 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • マリア・シャラポワ

    マリア・シャラポワから見たベラルーシベラルーシ

    両親はベラルーシ・ゴメリの出身。父はユーリ・シャラポフであり、ロシア語圏では男性名詞・女性名詞に苗字が分かれており、女性名詞では『シャラポワ』男性名詞では『シャラポフ』である。ベラルーシ人の両親の間で生まれたシャラポワは、ロシアで生まれたためにロシア人扱いになっている。2010年10月にNBAのロサンゼルス・レイカーズに所属するサーシャ・ブヤチッチと婚約したが2012年8月に解消したことを明らかにした。マリア・シャラポワ フレッシュアイペディアより)

1002件中 11 - 20件表示

「ベラルーシ」のニューストピックワード