1347件中 11 - 20件表示
  • ユーリ・バンダジェフスキー

    ユーリ・バンダジェフスキーから見たベラルーシベラルーシ

    1957年1月9日にベラルーシ(Belarus)フロドナ州(Grodno)で生まれた。1978年、小児科医であるガリーナ・バンダジェフスカヤ(Galina Bandazhevskaja)と結婚。1980年、国立フロドナ医科大学を卒業、臨床研修を終え病理解剖学の専門家となる。1989年、ベラルーシの中央科学研究所所長(The Central Laboratory of Scientific Research)に就任。ベラルーシコムソモール賞、アルバート・シュバイツァーのゴールドメダル、ポーランド医学アカデミーのゴールドスターを授与される。1990年、ゴメリ(Gomel)医科大学に就任、初代学長・病理学部長を務める 。ゴメリ医科大学では1986年のチェルノブイリ原発事故以来、セシウム137の人体への影響を明らかにするために、被曝して死亡した患者の病理解剖と臓器別の放射線測定や、放射能汚染地域住民の大規模な健康調査、汚染食料を用いた動物飼育実験、などの研究に取り組む 。この研究は、セシウムなどの放射性同位元素が体内に取り込まれたときの現象と病理学的プロセスを解明するとともに、旧ソ連時代からの放射線防護基準を改訂することに寄与した。ゴメリ医科大学ではバンダジェフスキーの指導のもと、30の博士論文が作成され、200篇の文献が作成された。研究成果は、定期的にベラルーシ国内の新聞、ラジオ、テレビ、および国会で報告されていた。ユーリ・バンダジェフスキー フレッシュアイペディアより)

  • ライムギ

    ライムギから見たベラルーシベラルーシ

    寒冷を好みやせた土壌でも生育するため、東部、中部、北部ヨーロッパやロシアなど高緯度地帯で広く栽培される。主要なライ麦生産地帯はドイツからポーランド、ベラルーシ、ウクライナ、リトアニア、ラトビア、及び北部ロシアへと続く。また、カナダ、アメリカ、アルゼンチン、ブラジル、中国北部でも栽培される。2005年の最大生産国はロシアで、以後ポーランド、ドイツ、ベラルーシ、ウクライナと続く。しかし、需要の減退によってライ麦の生産量は減り続けている。ロシアでは、ライ麦生産量は1992年の1390万トンから2005年には360万トンにまで減少した。同じ時期、ポーランドでは590万トンから340万トン、ドイツでは330万トンから280万トン、ベラルーシでは310万トンから120万トン、中国では170万トンから60万トン、カザフスタンでは60万トンからわずか2万トンにまで減少している。ライムギ自体の反収は農法の改善などにより増加傾向にあるため、栽培面積がそれを上回る勢いで減少していることになる。世界の総栽培面積も、1930年代の4200万ヘクタールから1977年には1400万ヘクタールにまで減少している。栽培面積は減少傾向だが、一方で2010年以降は生産量自体は増えつつある。健康志向による需要の高まりに影響された値段高騰の影響と推定されている。ライムギ フレッシュアイペディアより)

  • ビクトリア・アザレンカ

    ビクトリア・アザレンカから見たベラルーシベラルーシ

    ビクトリア・アザレンカ(Victoria Azarenka, , 1989年7月31日 - )は、ベラルーシ・ミンスク出身の女子プロテニス選手。2012年と2013年の全豪オープン女子シングルスの優勝者であり、ベラルーシ人として初めて世界ランキング1位になった選手である。これまでにWTAツアーでシングルス20勝、ダブルス6勝を挙げる。自己最高ランキングはシングルス1位、ダブルス7位。身長183cm、体重66kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ビクトリア・アザレンカ フレッシュアイペディアより)

  • ラジヴィウ家

    ラジヴィウ家から見たベラルーシベラルーシ

    ラジヴィウ家は5世紀以上にわたってその存在感と高貴な地位を保っている。一族は15・16世紀にかけて巨万の富を獲得し、1939年に第2次世界大戦が開始されるまでその富を保持し続けた。一族は多くの傑出した政治家、将軍、聖職者、芸術のパトロン、事業家を輩出し、彼らはポーランド、リトアニア、ベラルーシを中心として全欧州を又にかけた活躍を見せて、ヨーロッパの歴史と文化に重要な足跡を残した。ラジヴィウ家 フレッシュアイペディアより)

  • リプカ・タタール人

    リプカ・タタール人から見たベラルーシベラルーシ

    最初に移住してきたのは、シャーマニズム信仰を保持するために非キリスト教徒のリトアニア人たちの下に避難してきた亡命者であった。14世紀末までに、ムスリムに改宗していたタタール人の第2波がヴィータウタス大公の招聘を受けてリトアニアに移ってきた。タタール人は当初、ヴィリニュス、トラカイ、フロドナ、カウナスの周辺に住んでいたが、後にはリトアニア大公国が参加したポーランド・リトアニア共和国の各地に拡散していった。彼らが主に住みついたのは、現在のベラルーシ、リトアニア、ポーランドだった。リトアニアに移住して来た当初から、彼らはリプカ人として知られた。彼らはイスラーム信仰を維持していたにもかかわらず、その大部分がキリスト教国家であるポーランド・リトアニア共和国に忠誠を誓い続けた。グルンヴァルトの戦い以後、リプカ・タタール人の軽騎兵連隊は、リトアニアとポーランドの主要な軍事遠征には常に参加していた。リプカ・タタール人 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパの道路標識

    ヨーロッパの道路標識から見たベラルーシベラルーシ

     ヨーロッパにおける条約批准国はアルバニア,オーストリア,ベラルーシ,ベルギー,ボスニア・ヘルツェゴビナ,ブルガリア,クロアチア,チェコ,デンマーク,エストニア,フィンランド,フランス,ドイツ,ギリシャ,ハンガリー,イタリア,ラトビア,リトアニア,ルクセンブルク,マケドニア,モンテネグロ,オランダ,ノルウェー,ポーランド,ポルトガル,ルーマニア,ロシア,サンマリノ,セルビア,スロバキア,スウェーデン,スイス,トルコ,ウクライナである。ヨーロッパの道路標識 フレッシュアイペディアより)

  • マリア・シャラポワ

    マリア・シャラポワから見たベラルーシベラルーシ

    両親はベラルーシ・ゴメリの出身。父はユーリ・シャラポフであり、ロシア語圏では男性名詞・女性名詞に苗字が分かれており、女性名詞では『シャラポワ』男性名詞では『シャラポフ』である。ベラルーシ人の両親の間で生まれたシャラポワは、ロシアで生まれたためにロシア人扱いになっている。2010年10月にNBAのロサンゼルス・レイカーズに所属するサーシャ・ブヤチッチと婚約したが2012年8月に解消したことを明らかにした。マリア・シャラポワ フレッシュアイペディアより)

  • ポリーシャ

    ポリーシャから見たベラルーシベラルーシ

    ポリーシャ(ウクライナ語:'、ベラルーシ語:')は北ウクライナと南ベラルーシの間に位置する歴史的地名である。スラヴ人の発祥地であり、古代より東スラヴの文化と伝統が保存されてきた地域とされる。19世紀以降、東欧の人類学者のメッカとなった。20世紀末、チョルノーブィリ原子力発電所事故により著しい被害を受けた。ポリーシャ フレッシュアイペディアより)

  • 欧州連合の拡大

    欧州連合の拡大から見たベラルーシベラルーシ

    2005年11月9日、欧州委員会は目下進行中のクロアチア、トルコ、バルカン西部諸国に対する拡大指針についての新たな報告書において、アルバニア、ベラルーシ、グルジア、モルドヴァ、ウクライナの完全な加盟の可能性には障害があるという見方を示した。オッリ・レーンは、EUはその受容能力を過剰に拡大させることはもはや現在の加盟手続きにそぐわないもので回避し、かわりに現行の拡大方針を強固にするべきであると述べている。欧州連合の拡大 フレッシュアイペディアより)

  • 死刑

    死刑から見たベラルーシベラルーシ

    銃殺刑(ベラルーシ、中国、北朝鮮、ソマリア、ウズベキスタン、ベトナム等。日本でも戦前には陸軍や海軍の軍法会議で適用される場合があった)死刑 フレッシュアイペディアより)

1347件中 11 - 20件表示

「ベラルーシ」のニューストピックワード