1002件中 61 - 70件表示
  • マックス・ミルヌイ

    マックス・ミルヌイから見たベラルーシベラルーシ

    マックス・ミルヌイ(Max Mirnyi, , , 1977年7月6日 - )は、ベラルーシ(旧ソ連)・ミンスク出身の男子プロテニス選手。ダブルスの名手としてよく知られ、すべての4大大会で男子ダブルス部門の決勝進出記録を持つ選手である。2012年ロンドン五輪の混合ダブルスではビクトリア・アザレンカと組み金メダルを獲得した。ATPツアーでシングルスは1勝と少ないが、ダブルスで通算45勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス18位、ダブルス1位。身長195cm、体重93kgの長身選手。フルネームは Maxim Nikolaevich Mirnyi (マクシーム・ニカライヴィッチ・ミルヌイ)という。マックス・ミルヌイ フレッシュアイペディアより)

  • ヴラトコ・ロザノスキ

    ヴラトコ・ロザノスキから見たベラルーシベラルーシ

    2007年-2008年にタレント番組「マク・ズヴェズディ()」に出場したのが芸歴の始まりであった。1か月後にラジオ・フェスティバル「ズヴェズデナ・ノチュ()」で優勝を収める。この時歌った楽曲「」はその後ロザノスキの初めてのシングルとして発売される。その後「」に次ぐ3枚目のシングル「」は、マケドニア最大の音楽祭・で2008年10月に審査員より新人賞を受けた。2日後、マクフェストの最終日には視聴者投票により優勝を勝ち取る。2009年2月、同年にロシアで開催されるユーロビジョン・ソング・コンテスト2009のマケドニア共和国代表選考に参加し、「」を歌い、4位入賞となった。2009年6月、モンテネグロ・ブドヴァで開催される「」に、同年7月にはベラルーシ・ヴィーツェプスクで開催される「ヴィーツェプスク・スラヴャンスキー・バザール」に出場し、後者では2位入賞となった。さらに同年モルドヴァ共和国で開かれるGolden Wingsフェスティバルに参加してマグダレナ・ツヴェトコスカ()との共演曲「」を歌い、2位入賞となる。またこの時最優秀男性歌手に選出された。2010年に初のアルバム『()』が発売される。ヴラトコ・ロザノスキ フレッシュアイペディアより)

  • フェリックス・ジェルジンスキー

    フェリックス・ジェルジンスキーから見たベラルーシベラルーシ

    ジェルジンスキーはベラルーシ地方の大都市ミンスク近郊Ivyanets町を領地とするポーランド人貴族の家庭に生まれた。フェリックス家はシュラフタ(近世東欧の騎士階級)に属する由緒在る家柄で、ロシア皇帝から家格を表す紋章の使用を許されていた。貴族の子息としてビリニュスに設置されたギムナジウムに入学、この時に同じポーランド系ロシア人であった上級生のユゼフ・ピウスツキと知り合った。フェリックス・ジェルジンスキー フレッシュアイペディアより)

  • フメリニツキーの乱

    フメリニツキーの乱から見たベラルーシベラルーシ

    ペレヤースラウ条約は、1648年から1653年にかけて創立したコサック国家の存在を法律上で承認した。この国家は、戦時中に誕生したこと、軍人であるコサックによって統治されたこと、また「ザポロージャのコサック軍」という正式な国号を有していたことから、軍事国家であったと考えられている。国家の元首は、コサックによって終身選任されて国内の最高立法権・行政権・裁判権を有するヘーチマンであった。そのため、「ザポロージャのコサック軍」はヘーチマン国家とも呼称されていた。その領土は、ドニプロー川を軸にして現在の中部ウクライナから南ベラルーシまで拡大していた。面積はおよそ20万km?の面積で、人口は約300万人であったという。1660年代までの国家の首都はフメリニツキーの故郷、チヒルィーンの城に置かれていた。フメリニツキーの乱 フレッシュアイペディアより)

  • チェルノブイリ原子力発電所事故

    チェルノブイリ原子力発電所事故から見たベラルーシベラルーシ

    当時、チェルノブイリ原子力発電所にはソ連が独自に設計開発した黒鉛減速沸騰軽水圧力管型原子炉(RBMK)のRBMK-1000型を使用した4つの原子炉が稼働しており、そのうち4号炉が炉心溶融(世間一般でいう「メルトダウン」)ののち爆発し、放射性降下物がウクライナ・白ロシア(ベラルーシ)・ロシアなどを汚染した、史上最悪の原子力事故とされている。チェルノブイリ原子力発電所事故 フレッシュアイペディアより)

  • ソビエト連邦

    ソビエト連邦から見たベラルーシベラルーシ

    9月6日、国家評議会はバルト三国独立を承認した。新連邦条約締結に失敗したゴルバチョフ・ソ連大統領はこの間も連邦制維持に奔走し、11月14日、ロシア共和国とベラルーシ共和国、そして中央アジアの5つの共和国の元首との間で主権国家連邦を創設することで合意、また連邦への加盟を拒んでいる残りの共和国への説得を続けた。しかし12月1日にはウクライナ共和国で独立の是非を問う国民投票が実施され投票者の90.3%が独立を支持、当初は連邦制維持に賛成していたエリツィン・ロシア共和国大統領も、5000万の人口を擁しソ連第2位の工業国であるウクライナが加盟しない主権国家連邦は無意味であるとして、12月3日にウクライナ独立を承認しソ連崩壊の流れを決定づけた。同年12月8日のベロヴェーシ合意において、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ共和国が連邦を離脱して、新たに独立国家共同体(CIS)を創設し、残る諸国もそれに倣ってCISに加入した。12月17日、ゴルバチョフ大統領は1991年中に連邦政府が活動を停止することを宣言。12月21日、グルジアと既に独立したバルト3国を除く11のソ連構成共和国元首がCIS発足やソ連解体を決議したアルマアタ宣言を採択、これを受けて12月25日にゴルバチョフはソ連大統領を辞任し、翌日には最高会議も連邦の解体を宣言、ソビエト連邦は崩壊した。ソビエト連邦 フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ

    ウクライナから見たベラルーシベラルーシ

    ウクライナ(ウクライナ語:''''、)は、東ヨーロッパの国。東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。ウクライナ フレッシュアイペディアより)

  • ロシア語

    ロシア語から見たベラルーシベラルーシ

    それ以外の地域に関しては、今でもロシア語が幅広く使われ続けている。ベラルーシやカザフスタン・キルギス・ウズベキスタン・トルクメニスタンなどでは非ロシア人でもロシア語しか喋れない人も多く、また多民族が入り混じって生活する中央アジア諸国では、ロシア語が民族を超えた共通語として使われている。カフカース地域、及びモルドバでも、現地人同士の日常会話には現地語が用いられることが増えてきたものの、ロシア語で会話する人々は少なくない。なお、ロシアとの統合に積極的なアレクサンドル・ルカシェンコ大統領の独裁体制が続くベラルーシでは、ベラルーシ語とロシア語が公用語に指定されているが、隣国ウクライナとは逆にロシア語使用が奨励され、本来の民族語であるベラルーシ語が軽視される傾向にある。ロシア語 フレッシュアイペディアより)

  • ロシア帝国

    ロシア帝国から見たベラルーシベラルーシ

    ロシア帝国(ロシアていこく、 ラスィーイスカヤ・インピェーリヤ)は、1721年から1917年までに存在した帝国である。ロシアを始め、フィンランド、リボニア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、カフカーズ、中央アジア、シベリア、満州などのユーラシア大陸の北部を広く支配していた。帝政ロシア(ていせいロシア)とも呼ばれる。ロシア帝国 フレッシュアイペディアより)

  • 白

    から見たベラルーシベラルーシ

    ロシアの文化にも、西方を白で表す風習があった。ベラルーシが1991年に独立するまで、日本では「白ロシア」と呼んでいた。 フレッシュアイペディアより)

1002件中 61 - 70件表示

「ベラルーシ」のニューストピックワード