1002件中 71 - 80件表示
  • ライムギ

    ライムギから見たベラルーシベラルーシ

    寒冷を好みやせた土壌でも生育するため、東部、中部、北部ヨーロッパやロシアなど高緯度地帯で広く栽培される。主要なライ麦生産地帯はドイツからポーランド、ベラルーシ、ウクライナ、リトアニア、ラトビア、及び北部ロシアへと続く。また、カナダ、アメリカ、アルゼンチン、ブラジル、中国北部でも栽培される。2005年の最大生産国はロシアで、以後ポーランド、ドイツ、ベラルーシ、ウクライナと続く。しかし、需要の減退によってライ麦の生産量は減り続けている。ロシアでは、ライ麦生産量は1992年の1390万トンから2005年には360万トンにまで減少した。同じ時期、ポーランドでは590万トンから340万トン、ドイツでは330万トンから280万トン、ベラルーシでは310万トンから120万トン、中国では170万トンから60万トン、カザフスタンでは60万トンからわずか2万トンにまで減少している。ライムギ自体の反収は農法の改善などにより増加傾向にあるため、栽培面積がそれを上回る勢いで減少していることになる。世界の総栽培面積も、1930年代の4200万ヘクタールから1977年には1400万ヘクタールにまで減少している。ライムギ フレッシュアイペディアより)

  • ポーランドの観光地

    ポーランドの観光地から見たベラルーシベラルーシ

    ビャウォヴィエジャの森(Puszcza Białowieska) - ベラルーシに広がる(世界遺産で、さらに周辺が世界遺産暫定登録)ポーランドの観光地 フレッシュアイペディアより)

  • スラヴ語派

    スラヴ語派から見たベラルーシベラルーシ

    歴史言語学上の仮説の中には、スラヴ語派はバルト語派との共通の祖先である「」から生まれた、とするものがある。この仮説によれば、紀元前3000年頃、バルト=スラヴ祖語の「出身地」(Urheimat)は現在のベラルーシ、ウクライナ、ポーランド、リトアニア、ロシア西部のあたりに位置していた。スラヴ語派とバルト語派は、この仮説上の言語から受け継いだ少なくとも289個の単語を共有している。スラヴ語派がバルト語派から分かれたのは紀元前1000年あたりであるとする研究者もいる。スラヴ語派 フレッシュアイペディアより)

  • ドニエプル川

    ドニエプル川から見たベラルーシベラルーシ

    ドニエプル川(;または;;) は、ロシアから始まって、ベラルーシを経てウクライナに流れ黒海に注ぐ川である。総延長は、2285km。ドニエプル川 フレッシュアイペディアより)

  • マルク・シャガール

    マルク・シャガールから見たベラルーシベラルーシ

    マルク・シャガール(Marc Chagall, , 1887年7月7日 - 1985年3月28日)は、20世紀のロシア(現ベラルーシ)出身のフランスの画家。マルク・シャガール フレッシュアイペディアより)

  • クワス

    クワスから見たベラルーシベラルーシ

    クワス(ウクライナ語・ベラルーシ語・ロシア語:''''、1;意訳:2)は、東欧の伝統的な微炭酸の微アルコール性飲料。キエフ大公国時代から知られ、現在はウクライナ、ベラルーシ、ロシアなどで好まれている。クワス フレッシュアイペディアより)

  • 白軍

    白軍から見たベラルーシベラルーシ

    白ロシア(ベラルーシ)は地域名及び共和国名であり、「白系」とは無関係。この場合の「白」の意味についてはベラルーシを参照のこと。白軍 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィリニュス

    ヴィリニュスから見たベラルーシベラルーシ

    リトアニア大公国の王ミンダウカスの居城の一つとして、この地に城が作られたのは13世紀であった。ゲディミナス朝の中興の祖・ゲディミナスによって公国の領土は、ベラルーシ、ウクライナ、そしてドニエストル川全域、さらにはポーランドやロシアの一部にまで拡大したが、とという二つの航行可能な河川が流れ、森林と湿地に守られたヴィリニュスは公国の統治・防衛に好都合で、首都として機能するようになる(1323年、ゲディミナスがローマ教皇ヨハネス22世に宛てた書簡に都として名前が登場する)。ヴィリニュス フレッシュアイペディアより)

  • ポドラシェ県

    ポドラシェ県から見たベラルーシベラルーシ

    ポドラシェ県(Województwo podlaskie)は、ポーランド北東部の県である。県都はビャウィストック。ベラルーシ、リトアニアと接していて、国内ではルブリン県、マゾフシェ県、ヴァルミア・マズールィ県と接している。県域にはポドラシェ低地がひろがっている。語源は「レフ人(ポーランド人)の近くの土地(pod Lachem)」で、中世ポーランド王国のリトアニアとの国境地帯であったためである。しかしこの一帯に広大な森があるため「森の近く(pod las)」が語源であると間違って解釈されることもある。ポドラシェ県 フレッシュアイペディアより)

  • ロシアの歴史

    ロシアの歴史から見たベラルーシベラルーシ

    ロシアの歴史を通観すると、東ヨーロッパのスラヴ人居住地帯であったルーシの地に多くの公国が興ったことによって、さらにその辺境であった北東ルーシの地から興ったモスクワ大公国がルーシのみならずウラル、中央アジア、シベリアから極東のオホーツク海沿岸まで広大な地域を飲み込むことによって形成された国家の発展の歴史としてとらえられ、歴史の叙述はそのような順序で述べられることになる。しかし、実際にはルーシからはウクライナ人、ベラルーシ人など、ロシア人と別の民族意識を確立して現在のウクライナ、ベラルーシなどの諸国を形成した人々がおり、また中央アジアやシベリアにはスラヴ系の正教会信徒であるロシア人とは異なった民族の起源を有する様々な人々が、独自の伝統と歴史を歩んできた。ロシア史として記述される歴史は、ロシアという国家の単線的な歴史であると同時に、歴史上ロシアに内包されたり、かかわりをもったりしてきた様々な人々が出入りする複雑な歴史でもある。ロシアの歴史 フレッシュアイペディアより)

1002件中 71 - 80件表示

「ベラルーシ」のニューストピックワード