1347件中 81 - 90件表示
  • クワス

    クワスから見たベラルーシベラルーシ

    クワス(ウクライナ語・ベラルーシ語・ロシア語:''''、1;意訳:2)は、東欧の伝統的な微炭酸の微アルコール性飲料。キエフ大公国時代から知られ、現在はウクライナ、ベラルーシ、ロシアなどで好まれている。クワス フレッシュアイペディアより)

  • セルゲイ・ゴルルコヴィチ

    セルゲイ・ゴルルコヴィチから見たベラルーシベラルーシ

    セルゲイ・ヴァジーモヴィチ・ゴルルコヴィチ(、1961年11月18日 -)は、現ベラルーシ・フロドナ州、アシュミャニー郡、ボルニ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはDF。セルゲイ・ゴルルコヴィチ フレッシュアイペディアより)

  • タタール

    タタールから見たベラルーシベラルーシ

    現在では、旧ソビエト連邦を中心にシベリアから東ヨーロッパにかけて居住するテュルク系諸民族がタタール(, Tatarlar)を自称するが、彼らは必ずしも歴史上タタールと称されてきたあらゆる民族の末裔ではない。現在タタールと呼ばれる諸民族はロシア連邦内のヴォルガ川中流域(イデル=ウラル地域)に住むヴォルガ・タタール人(カザン・タタール人)、ヴォルガ川下流域に住む、シベリアに住む、ウクライナ領のクリミア自治共和国に住むクリミア・タタール人、ベラルーシ、リトアニアおよびポーランドに住むリプカ・タタール人などに分かれる。タタール フレッシュアイペディアより)

  • ドニエプル川

    ドニエプル川から見たベラルーシベラルーシ

    ドニエプル川(;;)は、ロシアから始まって、ベラルーシを経てウクライナに流れ黒海に注ぐ川である。総延長は、2285km。ドニエプル川 フレッシュアイペディアより)

  • ポドラシェ県

    ポドラシェ県から見たベラルーシベラルーシ

    ポドラシェ県(Województwo podlaskie)は、ポーランド北東部の県である。県都はビャウィストック。ベラルーシ、リトアニアと接していて、国内ではルブリン県、マゾフシェ県、ヴァルミア・マズールィ県と接している。県域にはポドラシェ低地がひろがっている。語源は「レフ人(ポーランド人)の近くの土地(pod Lachem)」で、中世ポーランド王国のリトアニアとの国境地帯であったためである。しかしこの一帯に広大な森があるため「森の近く(pod las)」が語源であると間違って解釈されることもある。ポドラシェ県 フレッシュアイペディアより)

  • ペトロヴィッチ (地名)

    ペトロヴィッチ (地名)から見たベラルーシベラルーシ

    ペトローヴィッチ(、ラテン翻字例:Petrovichi)は、 ロシアのスモレンスク州シュミヤチスキー区にある村であり、モスクワの南西およそ400km、ベラルーシとロシアの国境の東およそ16kmに位置する。アイザック・アシモフの生誕地で、アシモフは3歳でその地を離れ、両親および妹とともにアメリカ合衆国に移民した。ペトロヴィッチ (地名) フレッシュアイペディアより)

  • マルク・シャガール

    マルク・シャガールから見たベラルーシベラルーシ

    マルク・シャガール(Marc Chagall, , 1887年7月7日 - 1985年3月28日)は、20世紀のロシア(現ベラルーシ)出身のフランスの画家。マルク・シャガール フレッシュアイペディアより)

  • ユーリ・フォアマン

    ユーリ・フォアマンから見たベラルーシベラルーシ

    ユーリ・フォアマン(Yuri Foreman、男性、1980年8月5日 - )は、イスラエルのプロボクサー。ベラルーシ・ホメリ出身。元WBA世界スーパーウェルター級王者。ユーリ・フォアマン フレッシュアイペディアより)

  • ヴィリニュス

    ヴィリニュスから見たベラルーシベラルーシ

    リトアニア大公国の王ミンダウガスの居城の一つとして、この地に城が作られたのは13世紀であった。ゲディミナス朝の中興の祖・ゲディミナスによって公国の領土は、ベラルーシ、ウクライナ、そしてドニエストル川全域、さらにはポーランドやロシアの一部にまで拡大したが、とという二つの航行可能な河川が流れ、森林と湿地に守られたヴィリニュスは公国の統治・防衛に好都合で、首都として機能するようになる(1323年、ゲディミナスがローマ教皇ヨハネス22世に宛てた書簡に都として名前が登場する)。ヴィリニュス フレッシュアイペディアより)

  • An-38 (航空機)

    An-38 (航空機)から見たベラルーシベラルーシ

    An-38(アントノフ38;ウクライナ語:アーン・トルィーッツャチ・ヴィースィム;ロシア語:アーン・トリーッツァチ・ヴォースィェミ)は、ウクライナのO・K・アントーノウ記念航空科学技術複合体(ANTK アントーノウ)で開発された小型多目的輸送機である。生産は、ウクライナ、ベラルーシ共和国、ロシア連邦の合同で行われている。北大西洋条約機構(NATO)で用いられたNATOコードネームでは「キャッシュ」()と呼ばれた。An-38 (航空機) フレッシュアイペディアより)

1347件中 81 - 90件表示

「ベラルーシ」のニューストピックワード