1002件中 81 - 90件表示
  • MiG-23 (航空機)

    MiG-23 (航空機)から見たベラルーシベラルーシ

    ベラルーシでの現況は不明であるが、若干機数が保管状態にあるようである。MiG-23 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 欧州評議会

    欧州評議会から見たベラルーシベラルーシ

    1949年5月5日にロンドン条約(欧州評議会規程)が署名されたことで欧州評議会の創設が決定された。ロンドン条約にはベルギー、デンマーク、フランス、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ノルウェー、スウェーデン、イギリスの10か国が署名した。その後多くの国がこの10か国に続き、とくに1990年代初頭には民主化した中東欧諸国が加盟していった。2007年までに欧州評議会にはベラルーシ、カザフスタン、コソボ、バチカンを除くすべてのヨーロッパ国が加盟している。欧州評議会 フレッシュアイペディアより)

  • リトアニア大公国

    リトアニア大公国から見たベラルーシベラルーシ

    リトアニア人が支配した当初はその領土もいわゆる「原リトアニア」と呼ばれる、現代のリトアニア共和国とほぼ同じ狭い地域に限られており、小さな異教国家(非キリスト教国家、Romuva)であったが、複雑な政治的経緯により人口の膨大なルーシ(現在のロシア・スモレンスク地方、ベラルーシ、西部ウクライナ)の正教徒の人々が住む広大な地域(すなわちヴォルィーニ公国やハールィチ公国の地域)も徐々に広く包含するようになると、そういった地方の支配層も取り込むようになったため結果として大公国全体で徐々に正教徒の東スラヴ人が政治的に優勢となった。原リトアニアでも東スラヴの文化を広く受け入れるようになり、大公国の唯一の公用語として教会スラブ語が採用された。1387年にローマ・カトリックを正式に国教としたが、正教徒の信仰も認められた。1430年以後、ポーランド王国と実質的な同君連合となり(ポーランド・リトアニア合同)、支配階層のポーランド文化への同質化が進んだ。1569年のルブリン合同をもってリトアニア大公国はポーランド王国との連合政体であるポーランド・リトアニア共和国を形成した。リトアニア大公国 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2009年

    訃報 2009年から見たベラルーシベラルーシ

    6月25日 - ジナイダ・スタルスカヤ、ベラルーシの自転車競技選手。(*1971年)訃報 2009年 フレッシュアイペディアより)

  • 冷戦

    冷戦から見たベラルーシベラルーシ

    ソ連は1991年3月、バルト3国を除く首脳が、連邦の権限を縮小した新連邦の構想に合意した。又、米ソ両国は1991年7月に第一次戦略兵器削減条約(START)に調印した。しかし新連邦条約調印直前の8月、ゴルバチョフの改革に反抗した勢力が軍事クーデターを起こし、ゴルバチョフを滞在先のクリミアで軟禁状態に置いた。クーデターは、ロシアのボリス・エリツィンの活躍やクーデター勢力の準備不足から失敗に終わった。しかし、その結果バルト三国は独立を達成、各構成共和国でも独立に向けた動きが進み、12月8日に、ロシアのエリツィン、ウクライナのレオニード・クラフチュク大統領、ベラルーシのスタニスラフ・シュシケビッチ最高会議議長がベラルーシのベロヴェーシの森で会談し、ソ連からの離脱と独立国家共同体(CIS)の結成で合意した(「ベロヴェーシの陰謀」)。こうして12月25日をもってソ連は消滅した。その後十年間で、東欧や旧ソ連の国々の一部は、相次いで資本主義国家となった。冷戦 フレッシュアイペディアより)

  • ヨシフ・スターリン

    ヨシフ・スターリンから見たベラルーシベラルーシ

    ソ連は、第二次世界大戦における民間および軍事的損害の矢面に立った。2100万から2800万の国民が死に、その多くは若い男性だった。そのため1921年、1922年に生まれた若い男性の生き残りは、戦争が終わった時点で5パーセント以下で、全員に勲章が与えられた。現在ロシア、ベラルーシおよび旧ソ連の国々では、5月9日は大祖国戦争の戦勝記念日として人々の間で非常に鮮明に記憶され、ロシアはじめ旧ソ連圏における最も大きな祝日のうちの一つである。ヨシフ・スターリン フレッシュアイペディアより)

  • 2011年

    2011年から見たベラルーシベラルーシ

    ベラルーシで、「欧州最後の独裁者」ルカシェンコ大統領が4期目の就任式。2011年 フレッシュアイペディアより)

  • パンテレイモン

    パンテレイモンから見たベラルーシベラルーシ

    パンテレイモン・ロジノフスキー(1867年 ? 1950年、) - ロシア正教会所属の、ミンスクおよびベラルーシの大主教。パンテレイモン フレッシュアイペディアより)

  • ポーランド・スウェーデン戦争

    ポーランド・スウェーデン戦争から見たベラルーシベラルーシ

    ポーランド・リトアニア連合側は南部チェンストホヴァの「ヤスナ・グラの戦い」でスウェーデン軍の進撃を食い止めると、ポーランド貴族の司令官ステファン・チャルニェツキが率いる軍勢と、リトアニア・ヘーチマンの司令官ヤン・パヴェウ・サピェハが率いる軍勢がスウェーデン軍をバルト海へ一斉に押し返していった。1656年にはヤン2世王の戴冠式がルヴォフで行われた。1657年にはスウェーデン軍がポーランドから退却した。しかしスウェーデンに勝利したロシアは、ポーランドへと矛先を向けた。ロシアの支配を警戒したベラルーシはロシアを離れてポーランド・リトアニア同君連合側に付いた。ポーランド・リトアニア同君連合軍は1662年には自国の領土からロシア軍を全て撃退することに成功した。1663年にはヤン2世がドニエプル川を渡って東へ進撃した。この機に乗じトルコがウクライナのクリミア半島の所有権を主張して介入したため、ロシアはポーランド・リトアニア同君連合への野心を放棄した。さらにポーランド・リトアニア同君連合軍はプロイセン軍とトランシルバニア軍を撃退した。ポーランド・スウェーデン戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ゴメラヴィア

    ゴメラヴィアから見たベラルーシベラルーシ

    ホメラヴィア(Gomelavia、ロシア語読みではゴメラヴィア)はベラルーシの航空会社。ホメリのホメリ空港をハブとしている。ゴメラヴィア フレッシュアイペディアより)

1002件中 81 - 90件表示

「ベラルーシ」のニューストピックワード