180件中 81 - 90件表示
  • ベラルーシ

    ベラルーシから見たラトビア

    ベラルーシ共和国(ベラルーシきょうわこく)、通称ベラルーシは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。東にロシア、南にウクライナ、西にポーランド、北西にリトアニア、ラトビアと国境を接する。首都はミンスク。ソビエト連邦から独立した。国際連合にはウクライナと共に、ソ連時代からソ連とは別枠で加盟していた。ベラルーシ フレッシュアイペディアより)

  • ベラルーシ

    ベラルーシから見たベラルーシ国内軍

    陸軍及び空軍・防空軍の二軍からなる国軍を有する。ベラルーシ国防省の管轄下にあり、大統領が最高指揮官となる。この他に準軍事組織として、内務省のベラルーシ国内軍とベラルーシ国家国境軍委員会がある。ロシアを中心とした集団安全保障条約に加盟しており、北大西洋条約機構には加盟していないが、アフガニスタンへのISAF展開を支援するなど、部分的には協力を行っている。ベラルーシ フレッシュアイペディアより)

  • ベラルーシ

    ベラルーシから見たポツダム会談

    1939年9月の第二次世界大戦の勃発により、ソ連軍はポーランドに侵攻。ポーランド東半分の占領と共に、リガ条約により割譲されていた領土を白ロシアに編入した。1941年からドイツ国防軍に占領されていたが、1944年にソ連に復帰する。ドイツ軍との戦闘は「ベラルーシ作戦」として戦史に残る。1945年に第二次世界大戦が終わると、ポツダム会談での取り決めによってソ連とポーランドの国境が西へ移動され、ベラルーシ全域がソ連領ベラルーシ共和国となり、この地域に住むポーランド系住民は西方へ追放された。この追放をソ連や現在のロシア共和国では「移住」と呼ぶ。これにより、ベラルーシ共和国は家系がポーランド化せずにルーシ人(ベラルーシ人)だった者か、あるいは19世紀にロシアから大量に移住してきた東欧ユダヤ系の家系の者、あるいはその混血ばかりの国家となったが、さらにロシア共和国などから多数のロシア人が移住してきた。ベラルーシ フレッシュアイペディアより)

  • ベラルーシ

    ベラルーシから見たノヴゴロド公国

    10-11世紀にポロツク公国は版図を拡大し、 キエフ・ルーシやノヴゴロド公国と争った。南部には10世紀末にトゥーロフ公国が成立。一時、モンゴルに征服される。ベラルーシ フレッシュアイペディアより)

  • ベラルーシ

    ベラルーシから見た国際連合

    ベラルーシ共和国(ベラルーシきょうわこく)、通称ベラルーシは、東ヨーロッパに位置する共和制国家。東にロシア、南にウクライナ、西にポーランド、北西にリトアニア、ラトビアと国境を接する。首都はミンスク。ソビエト連邦から独立した。国際連合にはウクライナと共に、ソ連時代からソ連とは別枠で加盟していた。ベラルーシ フレッシュアイペディアより)

  • ベラルーシ

    ベラルーシから見たベラルーシ国防省

    陸軍及び空軍・防空軍の二軍からなる国軍を有する。ベラルーシ国防省の管轄下にあり、大統領が最高指揮官となる。この他に準軍事組織として、内務省のベラルーシ国内軍とベラルーシ国家国境軍委員会がある。ロシアを中心とした集団安全保障条約に加盟しており、北大西洋条約機構には加盟していないが、アフガニスタンへのISAF展開を支援するなど、部分的には協力を行っている。ベラルーシ フレッシュアイペディアより)

  • ベラルーシ

    ベラルーシから見た小選挙区制

    ベラルーシの議会は二院制で、上院に相当する共和国院(, Sovet Respublik 定員64名)と、下院に相当する代表者院(, Palata Predstavitelei 定員110名)からなる。議員は、共和国院は国内の6つの州とミンスク市の議会から8名ずつ選出、残り8名を大統領が指名する。代表者院は小選挙区制により選出され、任期は4年である。ベラルーシ フレッシュアイペディアより)

  • ベラルーシ

    ベラルーシから見たアイスホッケースウェーデン代表

    ルカシェンコ大統領も自らプレイヤーとして嗜むアイスホッケーが非常に盛んで、ソルトレイクシティオリンピックでは男子チームが、NHLプレイヤーを数多く揃えるスウェーデンを破り4位に入るなど、国際舞台でも活躍を見せている。NHLと並ぶ世界最高峰のアイスホッケーリーグであるKHLには、ベラルーシのクラブとしてディナモ・ミンスクが唯一参加しており、バンクーバーオリンピックにもこのチームから代表へ、主力選手が多数選出されている。2014年にはミンスク・アリーナを主会場に、世界選手権も開催される予定である。ベラルーシ フレッシュアイペディアより)

  • ベラルーシ

    ベラルーシから見た朝鮮民主主義人民共和国

    ベラルーシはアメリカの大統領であるジョージ・ウォーカー・ブッシュが定義した「悪の枢軸」の中の一国である(「悪の枢軸」は当初はイラク、イラン、北朝鮮だったが、その後拡大している)。また、コンドリーザ・ライス国務長官が定義した「専制の前線基地」の中の一国でもある。1994年以降、アレクサンドル・ルカシェンコが変わらず大統領の座に就いており、独裁国家との批判を欧米諸国から受けている。ベラルーシ フレッシュアイペディアより)

  • ベラルーシ

    ベラルーシから見た無神論

    一月蜂起以後はロシア帝国によるポーランド人(キリスト教徒とユダヤ教徒の間)分断政策が開始され、ロシア帝国から俗に「リトアニアのユダヤ人(リトヴァク)」と呼ばれるロシア系(東欧系)ユダヤ人たちが大量に送り込まれた。リトヴァクたちは14世紀の昔からずっとポーランドにいた西欧系ユダヤ人(ユダヤ教徒のポーランド人)とは文化も習慣も言語もかなり異なる人々で、ポーランドのキリスト教徒とユダヤ教徒の両方から嫌われる存在だったが、あまりに大量に移住してきたのでこの地域の人口動態を大きく変えてしまう事態になった。(この段落部分は、通常の理解とは異なる。通説的には次の通り。ベラルーシのユダヤ人は、ポーランドが呼び寄せた西欧ユダヤが、リトアニアとの合同により(リトアニア領内だった)ベラルーシに拡散したものが中心である(Lithuanian Jews http://en.wikipedia.org/wiki/Lithuanian_Jews )。その頃ロシアはユダヤ人の移住を認めていなかったので、領内にはほとんどいなかった。その後、ロシアがポーランド分割によりベラルーシを含む旧ポーランド・リトアニアの一部を領有した結果、ロシアは国内にユダヤ人を抱え込むことになったが、その後も分割領有前のロシア領内にはユダヤ人の立ち入りを認めなかった。)このルーシ農民階層、リトヴァク、そして後にロシアから大量に移住してくるロシア人の3者が、後のソヴィエト連邦(ソ連)ベラルーシ共和国の主要民族となり、特に最初の2者はソ連の無宗教政策によって完全に融合してしまうのである。ベラルーシ フレッシュアイペディアより)

180件中 81 - 90件表示

「ベラルーシ」のニューストピックワード