前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示
  • 2010年ウィンブルドン選手権

    2010年ウィンブルドン選手権から見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    2010年ウィンブルドン選手権(2010 Wimbledon Championships)は、イギリス・ロンドン郊外にある「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」にて、2010年6月21日から7月4日にかけて開催されたITFグランドスラム大会の一つである。サーフェスはグラスコート。本年3大会目のグランドスラム大会であり、今大会で第124回大会となる。大会4日目の6月24日には、1977年ウィンブルドン選手権以来33年ぶりにイギリス女王エリザベス2世の大会観戦が行われた。男子シングルスではラファエル・ナダルがトマーシュ・ベルディハを下して2008年以来2度目の優勝を果たし、女子シングルスではセリーナ・ウィリアムズがベラ・ズボナレワを下して通算4度目、2002年?2003年に続く自身2度目の大会連覇を果たした。2010年ウィンブルドン選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年全仏オープン

    2010年全仏オープンから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    女子シングルス1回戦では、全仏過去4度優勝の第22シードジュスティーヌ・エナンが、ツベタナ・ピロンコバをストレートで順当に下した他、ヤニナ・ウィックマイヤー、マリア・シャラポワ、ベラ・ズボナレワ、アナスタシア・パブリュチェンコワ、ダニエラ・ハンチュコバ、シャハー・ピアー、鄭潔、マリオン・バルトリらが順当に1回戦を勝ち上がったが、全仏2年連続準優勝の第9シードディナラ・サフィナは、1996年全仏オープン以来14年ぶりに全仏オープンシングルス本戦へ出場してきた大会最年長39歳のクルム伊達公子にフルセットで敗れ、クルム伊達に1996年ウィンブルドン選手権以来14年ぶりのグランドスラムシングルス本戦勝利、並びにWTAツアーにおけるシングルストップ10選手を破った最年長記録更新を献上する大波乱となった。2010年全仏オープン フレッシュアイペディアより)

  • ツベタナ・ピロンコバ

    ツベタナ・ピロンコバから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    2010年のウィンブルドンではピロンコバはノーシードから快進撃を続け、準々決勝で過去5回優勝している第2シードのビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)に 6-3, 6-3 でストレート勝ちして、ベスト4に進出した。ブルガリア女子のベスト4進出は史上初の快挙であった。準決勝ではベラ・ズボナレワ(ロシア)に 6-3, 3-6, 2-6 で逆転負けしている。ツベタナ・ピロンコバ フレッシュアイペディアより)

  • マリオン・バルトリ

    マリオン・バルトリから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    マリオン・バルトリのテニス経歴は2006年に大きく開花し、1月初頭にニュージーランド・オークランド大会の決勝でベラ・ズボナレワ(ロシア)を 6-2, 6-2 で破り、女子ツアー大会のシングルス初優勝を達成した。全米オープン終了後、インドネシア・バリ島の大会で2度目のシングルス決勝に進出するが、そこではスベトラーナ・クズネツォワに敗れて準優勝になる。10月第2週の「AIGジャパン・オープン」でバルトリは第1シードに選ばれ、順当に勝ち進んだ。決勝戦の相手となった日本の中村藍子も、フォアハンド・バックハンドとも両手打ちの選手で、フォア・バックとも両手打ちの選手どうしがWTAツアー大会のシングルス決勝で対戦するのは「ツアー史上初めての出来事」であった。バルトリは中村に 2-6, 6-2, 6-2 で逆転勝ちし、ここでツアー2勝目を挙げた。11月にはカナダ・ケベックシティ大会でも優勝があり、シングルスで年間3勝を記録した。マリオン・バルトリ フレッシュアイペディアより)

  • エレーナ・ベスニナ

    エレーナ・ベスニナから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    2007年1月、ベスニナは全豪オープン前哨戦のオーストラリア・ホバート大会でエレーナ・リホフツェワと組み、決勝でスペインペアのビルヒニア・ルアノ・パスクアル&アナベル・メディナ・ガリゲス組を破ってツアー2勝目を挙げた。この年はウィンブルドンでシングルス3回戦進出があり、第1シードのジュスティーヌ・エナンに 1-6, 3-6 で完敗している。2008年3月、ベスニナとディナラ・サフィナはインディアンウェルズ・マスターズの女子ダブルスで優勝した。インディアンウェルズの決勝戦で破った相手は、中国ペアの鄭潔&晏紫組であった。大規模なトーナメントでツアー3勝目を挙げた後、ベスニナは北京五輪のロシア代表選手に選ばれ、ベラ・ズボナレワと組んで女子ダブルスに出場した。このペアはベスト8まで勝ち進み、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹組(アメリカ)に 4-6, 0-6 で敗退した。エレーナ・ベスニナ フレッシュアイペディアより)

  • ザビーネ・リシキ

    ザビーネ・リシキから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    2010年は、長引いた左足の関節の負傷により3月末から8月初めまで大会に出場できなかったため、ランキングが23位から179位に大幅に落ちてしまった。2011年の全豪オープンは予選で敗退した。4月のポルシェ・テニス・グランプリではサマンサ・ストーサーと組み初めてのダブルスタイトルを獲得した。全仏オープンは予選を勝ち上がったが2回戦でベラ・ズボナレワに 6-4, 5-7, 5-7 で逆転負けを喫した。全仏後のバーミンガム大会では、ツアー4度目の決勝に進出し、ダニエラ・ハンチュコバを 6?1, 6?4 で破りシングルスツアー2勝目を挙げた。ザビーネ・リシキ フレッシュアイペディアより)

  • キャロライン・ウォズニアッキ

    キャロライン・ウォズニアッキから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    2010年の全米オープンでは、世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズが欠場したため初の4大大会第1シードとなったが、準決勝でベラ・ズボナレワ(ロシア)に 4-6, 3-6 で敗れた。10月の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントでは決勝でエレーナ・デメンチェワ(ロシア)に 1-6, 6-2, 6-3, で逆転勝ちし、大会初優勝を挙げる。翌週の中国オープンでは決勝ででベラ・ズボナレワ(ロシア)に 6?3, 3?6, 6?3 で勝利し、大会後のランキングでデンマーク人としては男女を通じて初めての1位になった。最終戦のWTAツアー選手権でも初めての決勝に進出したが、キム・クライシュテルスに 3-6, 7-5, 3-6 で敗れた。キャロライン・ウォズニアッキ フレッシュアイペディアより)

  • アグニエシュカ・ラドワンスカ

    アグニエシュカ・ラドワンスカから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    2011年全豪オープンでラドワンスカは3年ぶりとなるベスト8に進出した。マイアミ大会のダブルスではダニエラ・ハンチュコバと組みダブルス2勝目を挙げた。8月のマーキュリー・インシュアランス・オープンでは1年ぶりのシングルス決勝に進出。ベラ・ズボナレワを 6?3, 6?4 で破り3年ぶりのシングルス5勝目を挙げた。2011年9月の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントでは決勝で、ベラ・ズボナレワに 6?3, 6?2 で快勝して大会初優勝を果たした。翌週の中国オープンでも決勝でアンドレア・ペトコビッチを 7?5, 0?6, 6?4 で破り2週連続優勝となるシングルス7勝目を挙げた。アグニエシュカ・ラドワンスカ フレッシュアイペディアより)

  • ディナラ・サフィナ

    ディナラ・サフィナから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    2006年の全豪オープンでは2回戦敗退に終わったが、女子ツアー大会での上位進出が大幅に増えた。5月にイタリア・ローマで行われた「イタリア国際選手権」決勝では、当年度からの現役復帰を果たしたマルチナ・ヒンギスに 2-6, 5-7 で敗れた。続く全仏オープンでは4回戦で第4シードのマリア・シャラポワを 7-5, 2-6, 7-5 で破り、初めて4大大会に8強進出を決めたが、準々決勝でスベトラーナ・クズネツォワ(同じくロシアの選手)に 6-7, 0-6 で敗れた。全米オープンではシングルス準々決勝でアメリ・モレスモに 2-6, 3-6 で敗れた後、初めて4大大会ダブルス決勝に勝ち進む。サフィナはカタリナ・スレボトニク(スロベニア)とペアを組み、ナタリー・ドシー(フランス)&ベラ・ズボナレワ(ロシア)組に 6-7, 5-7 で敗れて準優勝になった。ディナラ・サフィナ フレッシュアイペディアより)

  • シビル・バンマー

    シビル・バンマーから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    2008年の北京五輪で、バンマーは初めてオリンピックのオーストリア代表選手に選ばれ、女子シングルス準々決勝まで勝ち進んだ。この試合では第9シードのベラ・ズボナレワ(ロシア)に 3-6, 6-3, 3-6 で敗れた。オリンピック終了後の全米オープンで、バンマーは初めてのベスト8に進出し、4大大会自己最高成績を出した。準々決勝では第2シードのエレナ・ヤンコビッチに 1-6, 4-6 でストレート負けした。オーストリアの女子選手が4大大会シングルスのベスト8に残ったのは、1999年全米オープンのバルバラ・シェット以来9年ぶりだった。2009年7月中旬の「ECMプラハ・オープン」決勝で、バンマーはフランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)を 7-6(4), 6-2 で破り、2年ぶりのツアー2勝目を挙げた。シビル・バンマー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
60件中 1 - 10件表示