60件中 41 - 50件表示
  • マリー・ピエルス

    マリー・ピエルスから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    ピエルスは2006年10月、オーストリア・リンツ大会の2回戦ベラ・ズボナレワとの試合を途中棄権したのを最後に、左膝の故障のためツアーから離れている。2007年全仏オープンで、ピエルスは女子シングルス決勝終了後の表彰式に登場し、大会3連覇を達成したジュスティーヌ・エナンに優勝カップを授与した。ピエルスは2008年北京オリンピックのフランス代表選手に選ばれたが怪我のため欠場した。マリー・ピエルス フレッシュアイペディアより)

  • ナタリー・ドシー

    ナタリー・ドシーから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    2006年度の序盤戦ではつまずき、全豪オープンでは初戦敗退に終わる。2月の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント2回戦で、第3シードのドシーは当年度から現役復帰したマルチナ・ヒンギスに 6-4, 5-7, 2-6 の逆転で敗れた。シングルスではしばらく不調が続いたが、全米オープンの女子ダブルスでドシーはベラ・ズボナレワとペアを組み、カタリナ・スレボトニク(スロベニア)&ディナラ・サフィナ(ロシア)組を 7-6, 7-5 で破って初優勝を決めた。ナタリー・ドシー フレッシュアイペディアより)

  • エカテリーナ・マカロワ

    エカテリーナ・マカロワから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    全豪オープンでは1回戦でタマリネ・タナスガーンを 6-0, 2-6, 6-0 、2回戦で第25シードカイア・カネピを 6-2, 7-5 、3回戦で第7シードのベラ・ズボナレワを 7-6(7), 6-1 、4回戦では過去4度優勝の第12シードのセリーナ・ウィリアムズを 6-2, 6-3 で破り4大大会初のシングルスベスト8に進出した。準々決勝では第4シードのマリア・シャラポワに 2-6, 3-6 で敗れた。ダブルスでもと組みベスト8に進出した。7月のロンドン五輪でオリンピックに初出場した。エレーナ・ベスニナとのダブルスに出場しベスト8に進出した。準々決勝でリサ・レイモンド&リーゼル・フーバー組に 3-6, 3-6 で敗退した。エカテリーナ・マカロワ フレッシュアイペディアより)

  • サマンサ・ストーサー

    サマンサ・ストーサーから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    2010年、ファミリー・サークル・カップの決勝でストーサーはベラ・ズボナレワ(ロシア)を 6-0, 6-3 で破り、シングルス2勝目を挙げると、全仏オープンでは4回戦で過去4回優勝しているジュスティーヌ・エナン(ベルギー)を 2-6, 6-1, 6-4 で、準々決勝では世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)を 6-2, 6-7 , 8-6 で破り2年連続の準決勝に進出する。準決勝ではエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に 6-1, 6-2 で圧勝し4大大会初の決勝に進んだが、決勝でフランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)に 4-6, 6-7 で敗れ準優勝となった。サマンサ・ストーサー フレッシュアイペディアより)

  • ロベルタ・ビンチ

    ロベルタ・ビンチから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    近年はダブルスでサラ・エラニと組むことが多い。2012年全豪オープンではエラニとのペアで初の4大大会の決勝に進出した。決勝ではスベトラーナ・クズネツォワ&ベラ・ズボナレワ組に 7-5, 4-6, 3-6 で敗れ準優勝となった。2012年全仏オープンでは決勝でマリア・キリレンコ&ナディア・ペトロワ組を 4-6, 6-4, 6-2 で破り初めての4大大会ダブルスタイトルを獲得した。2012年全米オープンでも決勝に進出しアンドレア・フラバーチコバ&ルーシー・ハラデツカ組を 6?4, 6?2 で破り優勝した。2012年10月15日付のランキングでダブルス1位を記録している。2013年全豪オープンでも決勝でアシュリー・バーティ&ケーシー・デラクア組を 6-2, 3-6, 6-2 で破り4大大会ダブルス3勝目を挙げた。ロベルタ・ビンチ フレッシュアイペディアより)

  • 李娜

    李娜から見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    8月の北京五輪で、李娜は女子シングルスのベスト4に進出する。準決勝でディナラ・サフィナ(ロシア)に敗れた彼女は、準決勝敗退選手2名による「銅メダル決定戦」でもベラ・ズボナレワ(ロシア)に 0-6, 5-7 で敗れ、地元選手としての銅メダルを逃した。この後全米オープンでも2年ぶり2度目の4回戦に進み、第5シードのエレーナ・デメンチェワに 4-6, 1-6 で敗れた。2009年は全米オープンで初のベスト8進出があり、中国人選手としての全米オープンシングルス最高成績を出した。2006年ウィンブルドン以来となる準々決勝の舞台では(その時と同じ)キム・クライシュテルスに 2-6, 4-6 で敗れ、ベスト4入りを逃した。李娜 フレッシュアイペディアより)

  • カタリナ・スレボトニク

    カタリナ・スレボトニクから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    浅越の引退後、スレボトニクはディナラ・サフィナとペアを組み、全米オープンで初めての4大大会女子ダブルス決勝進出を果たした。サフィナとスレボトニクは、決勝でベラ・ズボナレワ(ロシア)&ナタリー・ドシー(フランス)組に 6-7, 5-7 で敗れて準優勝になった。しかし、スレボトニクは短期間でサフィナとのペアを解消し、2007年春から日本の杉山愛と組むようになる。2007年全仏オープンとウィンブルドンで、スレボトニクと杉山は2大会連続で決勝に進出したが、全仏はアリシア・モリク(オーストラリア)&マラ・サンタンジェロ(イタリア)組に 6-7, 4-6 で敗れ、ウィンブルドンはリーゼル・フーバー(南アフリカ)&カーラ・ブラック(ジンバブエ)組に 6-3, 3-6, 2-6 で敗れ、ともに準優勝となった。このペアは2007年度の女子ツアー年間最終戦・WTAツアー選手権のダブルスでも、フーバー&ブラック組に敗れた準優勝がある。カタリナ・スレボトニク フレッシュアイペディアより)

  • ペトラ・クビトバ

    ペトラ・クビトバから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    開幕戦のブリスベン国際の決勝でアンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)を 6?1, 6?3 で破りツアー2勝目を挙げる。全豪オープンでは3回戦でサマンサ・ストーサー、4回戦でフラビア・ペンネッタ(イタリア)を破りベスト8に進出する。準々決勝ではベラ・ズボナレワ(ロシア)に 2?6, 4?6 で敗れた。2月のGDFスエズ・オープンではキム・クライシュテルス(ベルギー)を 6?4, 6?3 で破り3勝目、5月のマドリード・マスターズではビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を 7?6(3), 6?4 で勝利し4勝目を挙げるとともに初めてのトップ10入りを果たした。ペトラ・クビトバ フレッシュアイペディアより)

  • サラ・エラニ

    サラ・エラニから見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    ダブルスでは同じイタリアのロベルタ・ビンチと組むことが多い。4大大会では2011年全米オープンでベスト8、2012年全豪オープンで決勝に進出した。決勝ではスベトラーナ・クズネツォワ&ベラ・ズボナレワ組に 7-5, 4-6, 3-6 で敗れ準優勝となった。2012年全仏オープンでは決勝でマリア・キリレンコ&ナディア・ペトロワ組を 4-6, 6-4, 6-2 で破り初めての4大大会ダブルスタイトルを獲得した。2012年全米オープンでも決勝に進出しアンドレア・フラバーチコバ&ルーシー・ハラデツカ組を 6?4, 6?2 で破り優勝した。大会後のランキングで初めてのダブルスランキング1位になった。2013年全豪オープンでも決勝でアシュリー・バーティ&ケーシー・デラクア組を 6-2, 3-6, 6-2 で破り4大大会ダブルス3勝目を挙げた。サラ・エラニ フレッシュアイペディアより)

  • 謝淑薇

    謝淑薇から見たベラ・ズボナレワベラ・ズボナレワ

    ダブルスではと組んでノーシードで出場した5月の全仏オープンと、荘佳容と組んで大会第15シードで出場した6月のウィンブルドン選手権でそれぞれ1回戦敗退に終わったが、同じく荘と組んでノーシードで出場した1月の全豪オープンでは、2回戦で第13シードのエレーナ・ベスニナ&ベラ・ズボナレワ組を6-2,6-2のストレートで破り、第12シードのビクトリア・アザレンカ&マリア・キリレンコ組との準々決勝まで進出すると、と組んでノーシードで出場した8月の全米オープンでも2回戦で第14シードの&組を6-2,6-2のストレートで破り、第1シードのクベタ・ペシュケ&カタリナ・スレボトニク組との3回戦まで進出。更にと組んでノーシードで出場した9月の広州国際女子オープンでは2年振りのツアー優勝を果たし、年度末ランキングも前年より11位上げる35位で終了した。謝淑薇 フレッシュアイペディアより)

60件中 41 - 50件表示