56件中 11 - 20件表示
  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見たボブ・ブライアン

    2004年8月、ズボナレワはシングルスの世界ランキングを9位に上げた。この後全米オープンの混合ダブルス部門で、ボブ・ブライアンとペアを組んで優勝する。ズボナレワとB・ブライアンは、決勝でオーストラリアペアのトッド・ウッドブリッジ&アリシア・モリク組を 6-3, 6-4 で破った。しかし、2005年度のズボナレワは不振に悩み、年間最終ランキングを42位に落としてしまう。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見たエレーナ・デメンチェワ

    2006年の全豪オープン1回戦で、現役復帰を発表したマルチナ・ヒンギスと対戦し、ズボナレワは25歳になったヒンギスに 1-6, 2-6 で完敗した。2006年ウィンブルドンの混合ダブルスで、ズボナレワはイスラエルのアンディ・ラムとペアを組み、ボブ・ブライアン&ビーナス・ウィリアムズ組を 6-3, 6-2 で破って優勝した。これは彼女にとって2つ目の4大大会混合ダブルス優勝である。シングルスでは2006年の後半に入った頃から復調を見せ、6月第2週のイギリス・バーミンガム大会と7月第3週のアメリカ・シンシナティ大会で優勝した。全米オープンはシングルス3回戦でエレーナ・デメンチェワに敗れたが、女子ダブルス部門でフランスのナタリー・ドシーとペアを組み、決勝でディナラ・サフィナ&カタリナ・スレボトニク組を 7-6, 7-5 で破って初優勝を飾った。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見たウィンブルドン選手権

    ベラ・ズボナレワ (Vera Zvonareva, , , 1984年9月7日 - )は、ロシア・モスクワ出身の女子プロテニス選手。4大大会で女子ダブルス2勝、混合ダブルス2勝を挙げた選手で、シングルスでも2010年のウィンブルドンと全米オープンで準優勝している。自己最高ランキングはシングルス2位、ダブルス9位。これまでにWTAツアーでシングルス12勝、ダブルス6勝を挙げている。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。身長172cm、体重59kg。ベースライン・プレーヤー。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見た全米オープン (テニス)

    ベラ・ズボナレワ (Vera Zvonareva, , , 1984年9月7日 - )は、ロシア・モスクワ出身の女子プロテニス選手。4大大会で女子ダブルス2勝、混合ダブルス2勝を挙げた選手で、シングルスでも2010年のウィンブルドンと全米オープンで準優勝している。自己最高ランキングはシングルス2位、ダブルス9位。これまでにWTAツアーでシングルス12勝、ダブルス6勝を挙げている。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。身長172cm、体重59kg。ベースライン・プレーヤー。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見たサラ・エラニ

    2012年全豪オープンの女子ダブルスで同じロシアのスベトラーナ・クズネツォワと組んで決勝に進出。決勝ではイタリアのサラ・エラニ&ロベルタ・ビンチ組を 5?7, 6?4, 6?3 で破り2006年全米オープン以来の4大大会女子ダブルス2勝目を挙げた。7月のロンドン五輪で2度目のオリンピックに出場した。シングルス3回戦で金メダルを獲得したセリーナ・ウィリアムズに 1?6, 0?6 で敗れた。この試合を最後にウイルス性疾患のため全米オープンなど2012年シーズンの残り試合を全て欠場した。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見たトッド・ウッドブリッジ

    2004年8月、ズボナレワはシングルスの世界ランキングを9位に上げた。この後全米オープンの混合ダブルス部門で、ボブ・ブライアンとペアを組んで優勝する。ズボナレワとB・ブライアンは、決勝でオーストラリアペアのトッド・ウッドブリッジ&アリシア・モリク組を 6-3, 6-4 で破った。しかし、2005年度のズボナレワは不振に悩み、年間最終ランキングを42位に落としてしまう。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見たキャロライン・ウォズニアッキ

    2011年の全豪オープンでズボナレワは2年ぶりにベスト4に進出した。準決勝ではキム・クライシュテルスに 3-6, 3-6 で敗れ3大会連続の4大大会シングルス決勝進出を逃した。2月のドーハ大会でキャロライン・ウォズニアッキを 6-4, 6-4 で破り1年ぶりのツアー11勝目を挙げた。7月のバクー大会で12勝目を挙げている。9月の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントでは決勝に進出したが、アグニエシュカ・ラドワンスカに 3?6, 2?6 で敗れ大会初優勝を逃した。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見たアリシア・モリク

    2004年8月、ズボナレワはシングルスの世界ランキングを9位に上げた。この後全米オープンの混合ダブルス部門で、ボブ・ブライアンとペアを組んで優勝する。ズボナレワとB・ブライアンは、決勝でオーストラリアペアのトッド・ウッドブリッジ&アリシア・モリク組を 6-3, 6-4 で破った。しかし、2005年度のズボナレワは不振に悩み、年間最終ランキングを42位に落としてしまう。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見たアンディ・ラム

    2006年の全豪オープン1回戦で、現役復帰を発表したマルチナ・ヒンギスと対戦し、ズボナレワは25歳になったヒンギスに 1-6, 2-6 で完敗した。2006年ウィンブルドンの混合ダブルスで、ズボナレワはイスラエルのアンディ・ラムとペアを組み、ボブ・ブライアン&ビーナス・ウィリアムズ組を 6-3, 6-2 で破って優勝した。これは彼女にとって2つ目の4大大会混合ダブルス優勝である。シングルスでは2006年の後半に入った頃から復調を見せ、6月第2週のイギリス・バーミンガム大会と7月第3週のアメリカ・シンシナティ大会で優勝した。全米オープンはシングルス3回戦でエレーナ・デメンチェワに敗れたが、女子ダブルス部門でフランスのナタリー・ドシーとペアを組み、決勝でディナラ・サフィナ&カタリナ・スレボトニク組を 7-6, 7-5 で破って初優勝を飾った。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見たバニア・キング

    2010年のウィンブルドンで単複ともに決勝進出したが、シングルスはセリーナ・ウィリアムズに、3-6, 2-6 で敗れ、マリア・シャラポワ以来のロシア人の優勝はならなかった。ダブルスも、バニア・キング&ヤロスラワ・シュウェドワ組に、6-7, 2-6 で敗れ、単複ともに準優勝となった。全米オープンでも決勝に勝ち上がったが、前年優勝のキム・クライシュテルスに 1-6, 2-6 で完敗した。この年はシングルスで6大会で決勝に進出したが、優勝は2月のパタヤ大会だけで残りの5大会は準優勝であった。最終ランキングは自己最高の2位となった。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

56件中 11 - 20件表示