56件中 31 - 40件表示
  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見た2003年全仏オープン

    1980年モスクワオリンピックホッケー銅メダリストの母ナタリアの手ほどきで6歳からテニスを始め、2000年にプロ入り。2002年の全仏オープンで4大大会に初出場した時、予選3試合を勝ち上がって本戦出場権を獲得し、いきなりセリーナ・ウィリアムズとの4回戦まで進出した。この試合でズボナレワはセリーナから第1セットを 6-4 で奪ったが、続く2セットを 0-6, 1-6 で落としている。翌2003年の全仏オープンで、ズボナレワは4回戦でセリーナの姉ビーナス・ウィリアムズに 2-6, 6-2, 6-4 の逆転勝利を収めた。2002年全仏オープンから2003年全豪オープンまで、4大大会の4大会連続でビーナスとセリーナによる「ウィリアムズ姉妹対決の決勝」が続いていたため、ビーナスを4回戦で止めたズボナレワの活躍は大きな話題を呼んだ。ズボナレワは次の準々決勝で同じロシアのナディア・ペトロワに 1-6, 6-4, 3-6 で敗れる。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見たロシア

    ベラ・ズボナレワ (Vera Zvonareva, , , 1984年9月7日 - )は、ロシア・モスクワ出身の女子プロテニス選手。4大大会で女子ダブルス2勝、混合ダブルス2勝を挙げた選手で、シングルスでも2010年のウィンブルドンと全米オープンで準優勝している。自己最高ランキングはシングルス2位、ダブルス9位。これまでにWTAツアーでシングルス12勝、ダブルス6勝を挙げている。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。身長172cm、体重59kg。ベースライン・プレーヤー。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見たホッケー

    1980年モスクワオリンピックホッケー銅メダリストの母ナタリアの手ほどきで6歳からテニスを始め、2000年にプロ入り。2002年の全仏オープンで4大大会に初出場した時、予選3試合を勝ち上がって本戦出場権を獲得し、いきなりセリーナ・ウィリアムズとの4回戦まで進出した。この試合でズボナレワはセリーナから第1セットを 6-4 で奪ったが、続く2セットを 0-6, 1-6 で落としている。翌2003年の全仏オープンで、ズボナレワは4回戦でセリーナの姉ビーナス・ウィリアムズに 2-6, 6-2, 6-4 の逆転勝利を収めた。2002年全仏オープンから2003年全豪オープンまで、4大大会の4大会連続でビーナスとセリーナによる「ウィリアムズ姉妹対決の決勝」が続いていたため、ビーナスを4回戦で止めたズボナレワの活躍は大きな話題を呼んだ。ズボナレワは次の準々決勝で同じロシアのナディア・ペトロワに 1-6, 6-4, 3-6 で敗れる。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見た2011年全豪オープン

    2011年の全豪オープンでズボナレワは2年ぶりにベスト4に進出した。準決勝ではキム・クライシュテルスに 3-6, 3-6 で敗れ3大会連続の4大大会シングルス決勝進出を逃した。2月のドーハ大会でキャロライン・ウォズニアッキを 6-4, 6-4 で破り1年ぶりのツアー11勝目を挙げた。7月のバクー大会で12勝目を挙げている。9月の東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメントでは決勝に進出したが、アグニエシュカ・ラドワンスカに 3?6, 2?6 で敗れ大会初優勝を逃した。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見た2009年全豪オープン

    2009年の全豪オープンで、ズボナレワは4大大会シングルスの自己最高成績を更新し、初のベスト4進出を果たした。彼女のシングルス上位進出は、ベスト8に入った2003年全仏オープン以来の出来事だった。この準決勝ではディナラ・サフィナに 3-6, 6-7 で敗れ、決勝進出を逃した。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見たイギリス

    2006年の全豪オープン1回戦で、現役復帰を発表したマルチナ・ヒンギスと対戦し、ズボナレワは25歳になったヒンギスに 1-6, 2-6 で完敗した。2006年ウィンブルドンの混合ダブルスで、ズボナレワはイスラエルのアンディ・ラムとペアを組み、ボブ・ブライアン&ビーナス・ウィリアムズ組を 6-3, 6-2 で破って優勝した。これは彼女にとって2つ目の4大大会混合ダブルス優勝である。シングルスでは2006年の後半に入った頃から復調を見せ、6月第2週のイギリス・バーミンガム大会と7月第3週のアメリカ・シンシナティ大会で優勝した。全米オープンはシングルス3回戦でエレーナ・デメンチェワに敗れたが、女子ダブルス部門でフランスのナタリー・ドシーとペアを組み、決勝でディナラ・サフィナ&カタリナ・スレボトニク組を 7-6, 7-5 で破って初優勝を飾った。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見た2012年全豪オープン

    2012年全豪オープンの女子ダブルスで同じロシアのスベトラーナ・クズネツォワと組んで決勝に進出。決勝ではイタリアのサラ・エラニ&ロベルタ・ビンチ組を 5?7, 6?4, 6?3 で破り2006年全米オープン以来の4大大会女子ダブルス2勝目を挙げた。7月のロンドン五輪で2度目のオリンピックに出場した。シングルス3回戦で金メダルを獲得したセリーナ・ウィリアムズに 1?6, 0?6 で敗れた。この試合を最後にウイルス性疾患のため全米オープンなど2012年シーズンの残り試合を全て欠場した。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見た中華人民共和国

    2008年の北京五輪で、ベラ・ズボナレワは女子シングルスの銅メダルを獲得した。準決勝で同じロシアのエレーナ・デメンチェワに 3-6, 6-7 で敗れた彼女は、準決勝敗退選手2名による「銅メダル決定戦」で地元中国の李娜を 6-0, 7-5 で破った。この北京五輪テニス競技の女子シングルスでは、デメンチェワが金メダル、ディナラ・サフィナが銀メダル、ズボナレワが銅メダルを獲得したため、3つのメダルをすべてロシア勢が独占した。11月の女子ツアー年間最終戦「WTAツアー選手権」にも、4年ぶり2度目の出場権を獲得し、決勝でビーナス・ウィリアムズに 7-6, 0-6, 2-6 で敗れて準優勝者になる。これにより、彼女のシングルス自己最高ランキングは7位に上がり、4年前に記録した9位を上回った。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見たモスクワオリンピック

    1980年モスクワオリンピックホッケー銅メダリストの母ナタリアの手ほどきで6歳からテニスを始め、2000年にプロ入り。2002年の全仏オープンで4大大会に初出場した時、予選3試合を勝ち上がって本戦出場権を獲得し、いきなりセリーナ・ウィリアムズとの4回戦まで進出した。この試合でズボナレワはセリーナから第1セットを 6-4 で奪ったが、続く2セットを 0-6, 1-6 で落としている。翌2003年の全仏オープンで、ズボナレワは4回戦でセリーナの姉ビーナス・ウィリアムズに 2-6, 6-2, 6-4 の逆転勝利を収めた。2002年全仏オープンから2003年全豪オープンまで、4大大会の4大会連続でビーナスとセリーナによる「ウィリアムズ姉妹対決の決勝」が続いていたため、ビーナスを4回戦で止めたズボナレワの活躍は大きな話題を呼んだ。ズボナレワは次の準々決勝で同じロシアのナディア・ペトロワに 1-6, 6-4, 3-6 で敗れる。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

  • ベラ・ズボナレワ

    ベラ・ズボナレワから見た2006年全豪オープン

    2006年の全豪オープン1回戦で、現役復帰を発表したマルチナ・ヒンギスと対戦し、ズボナレワは25歳になったヒンギスに 1-6, 2-6 で完敗した。2006年ウィンブルドンの混合ダブルスで、ズボナレワはイスラエルのアンディ・ラムとペアを組み、ボブ・ブライアン&ビーナス・ウィリアムズ組を 6-3, 6-2 で破って優勝した。これは彼女にとって2つ目の4大大会混合ダブルス優勝である。シングルスでは2006年の後半に入った頃から復調を見せ、6月第2週のイギリス・バーミンガム大会と7月第3週のアメリカ・シンシナティ大会で優勝した。全米オープンはシングルス3回戦でエレーナ・デメンチェワに敗れたが、女子ダブルス部門でフランスのナタリー・ドシーとペアを組み、決勝でディナラ・サフィナ&カタリナ・スレボトニク組を 7-6, 7-5 で破って初優勝を飾った。ベラ・ズボナレワ フレッシュアイペディアより)

56件中 31 - 40件表示