4136件中 51 - 60件表示
  • エール (ビール)

    エール (ビール)から見たベルギーベルギー

    エールは、イギリス、アイルランド、ベルギー、ドイツ、カナダ東部の州、およびアメリカ合衆国の地ビールで一般的である。エール (ビール) フレッシュアイペディアより)

  • コンゴ川

    コンゴ川から見たベルギーベルギー

    ウリンジ川はさらに北進し、その北でタンガニーカ湖から流出するも合流する。本流はさらに北進を続け、キンドゥからウブンドゥまでの約300kmは急流もなく緩やかな流れとなる。ウブンドゥからキサンガニのすぐ上流にあるまでは再び急流となるが、キサンガニから下流のキンシャサまでは緩やかな流れに戻る。ボヨマ滝では赤道を越え、またここから下流はコンゴ川と名前を変え、弧を描くように流れを西へと向ける。このキサンガニからキンシャサまでの1700?は流れも太く安定しており、高低差も40mにすぎないため急流もなく、コンゴ民主共和国における物資輸送の大動脈となっている。川はやがて南西へと向きを変え、ムバンダカ周辺でふたたび赤道を南に超える。ムバンダカの下流で中央アフリカ共和国およびコンゴ共和国とコンゴ民主共和国の国境をなしている大支流ウバンギ川と合流する。ウバンギ川との合流点からは西岸のコンゴ共和国東岸のコンゴ民主共和国との国境となる。更にその南でコンゴ南西部からアンゴラ北東部を流域とする大支流カサイ川と合流して、キンシャサ・ブラザビル付近で幅が25kmにも広がりマレボ湖を形成する。マレボ湖は安定した水流の末端に位置するため、河川交通の終着点となっており、この交通網の結節点としてフランスがブラザヴィル、ベルギーがレオポルドヴィル(現キンシャサ)を建設して、それぞれ流域の首都とした。コンゴ川 フレッシュアイペディアより)

  • アイフェル

    アイフェルから見たベルギーベルギー

    アイフェルはドイツの西、ベルギーの東にある小さな丘陵。北のノルトライン=ヴェストファーレン州、ラインラント=プファルツ州、ベルギーのドイツ語共同体の南にまたがる。アイフェル フレッシュアイペディアより)

  • 法定推定相続人

    法定推定相続人から見たベルギーベルギー

    法定推定相続人は、現在の君主あるいは有爵者より長生きすれば、その君主位または爵位を敬称して次代の君主あるいは有爵者となる。このため、法定推定相続人には専用の称号を設けている場合が多い。具体的な例として、イギリスにおけるウェールズ公、オランダにおけるオラニエ公、スペインにおけるアストゥリアス公、ベルギーにおけるブラバント公、日本における皇太子、スカンディナヴィア諸国における王太子、ルクセンブルクにおける大公世子やリヒテンシュタイン・モナコにおける公世子などがある。またイギリスの貴族制度では、爵位の法定推定相続人は他の兄弟とは別の儀礼称号で称される権利を持ち、フランスやドイツにおいても法定推定相続人に一定の称号が付されることがあった。法定推定相続人 フレッシュアイペディアより)

  • 第一次世界大戦

    第一次世界大戦から見たベルギーベルギー

    ドイツ参謀総長アルフレート・フォン・シュリーフェンは、二正面作戦に勝利するための手段としてシュリーフェン・プランを立案した。この戦争計画は、広大なロシアが総動員完結までに要する時間差を利用するもので、ロシアが総動員を発令したならば、直ちに中立国ベルギーを侵略してフランス軍の背後に回りこみ、対仏戦争に早期に勝利し、その後反転してロシアを叩く計画だった。しかしシュリーフェン・プランは、純軍事技術的側面を優先させて外交による戦争回避の努力を無視し、また中立国ベルギーを侵犯することによる国際的汚名やイギリスの参戦を招く危険性がありながら押し通すというものだった。シュリーフェン・プランは、ドイツを世界規模の大戦争へと突き落とす可能性の高い、きわめて危険な戦争計画でもあった。第一次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • アムステルダム

    アムステルダムから見たベルギーベルギー

    A2 (E35, E25) : ユトレヒト、アイントホーフェン、マーストリヒト、ベルギーのリェージュ方面へアムステルダム フレッシュアイペディアより)

  • エディ・メルクス

    エディ・メルクスから見たベルギーベルギー

    ベルギー、Tielt-Winge出身の自転車プロロードレースの選手(1945年6月17日 - )。エディ・メルクス フレッシュアイペディアより)

  • フリードリヒ・エンゲルス

    フリードリヒ・エンゲルスから見たベルギーベルギー

    1848年 エンゲルスとマルクスはベルギーを追放され、ともにドイツのケルンへ帰り『新ライン新聞』を発刊する。フリードリヒ・エンゲルス フレッシュアイペディアより)

  • エルキュール・ポアロ

    エルキュール・ポアロから見たベルギーベルギー

    エルキュール・ポアロ(Hercule Poirot, ポワロとも)は、アガサ・クリスティ作の推理小説に登場する架空の名探偵。ベルギー人。エルキュール・ポアロ フレッシュアイペディアより)

  • イギリスの歴史

    イギリスの歴史から見たベルギーベルギー

    ナポレオン戦争後のヨーロッパの枠組みを話し合うべくウィーン会議が開かれたが、この会議は「会議はおどる、されど進まず。」と言われる状況であり、各国の利害が対立して会談が終結する見通しすら立たなかった。こうしたヨーロッパ各国の対立の空白を狙って、エルバ島からナポレオンが脱出。瞬く間にパリに駆け上がり、帝位に返り咲いた。ヨーロッパ各国は一旦対立の矛先を収め、ナポレオンを再びヨーロッパから追放することで結束。オーストリア軍は北イタリア、及びライン川方面に、プロイセン軍とイギリス軍はベルギーに展開を始めた。この時ベルギーでイギリス陸軍を率いていたのが、イベリア半島からフランスを追い出したウェリントンである。フランス軍と会敵したウェリントンは、後退させられながらもプロイセン軍の合流を受け、フランス軍を敗走させることに成功した。これがワーテルローの戦いである。ナポレオンは再び退位させられ、イギリス領セントヘレナ島へと追放された。イギリスの歴史 フレッシュアイペディアより)

4136件中 51 - 60件表示

「ベルギー」のニューストピックワード