5441件中 51 - 60件表示
  • V2ロケット

    V2ロケットから見たベルギーベルギー

    V2ロケットは、第二次世界大戦中にドイツが開発した世界初の軍事用液体燃料ミサイルであり、弾道ミサイルである。宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスが命名した報復兵器第2号(Vergeltungswaffe 2)を指す。この兵器は大戦末期、主にイギリスとベルギーの目標に対し発射された(→発射映像)。以前より開発されていたアグリガット(Aggregat)シリーズのA4ロケットを転用・実用兵器化したものである。後にアメリカ合衆国でアポロ計画を主導したヴェルナー・フォン・ブラウンが計画に参加し設計を行ったことで知られる。V2ロケット フレッシュアイペディアより)

  • ジュスティーヌ・エナン

    ジュスティーヌ・エナンから見たベルギーベルギー

    ジュスティーヌ・エナン(Justine Henin, 1982年6月1日 - )は、ベルギー・リエージュ出身の女子プロテニス選手。WTAツアーで4大大会7勝を含むシングルス43勝、ダブルス2勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス1位で、通算117週在位は歴代7位の記録である。身長167cm、体重57kg(2011年時点)。比較的小柄な身体から飛び上がって打つ独特な片手打ちバックハンド・ストロークと、類い稀なフットワークを最大の武器にした。2002-2006年の選手登録名は、「ジュスティーヌ・エナン=アーデン」(Justine Henin-Hardenne)。また、2001年全仏オープンまでは、日本の新聞一般表記は「ジャスティン・ヘニン」であった。ジュスティーヌ・エナン フレッシュアイペディアより)

  • TGV

    TGVから見たベルギーベルギー

    1997年 ベルギー国内の高速専用線HSL 1が開業。ブリュッセル - パリ、ロンドン間のスピードアップが実現。同時にパリ - ブリュッセル - アムステルダム間でタリスの運行を開始(後に、ドイツ・ケルン方面へも運行されるようになる)。TGV フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のスポーツ

    2007年のスポーツから見たベルギーベルギー

    ポイント賞:トム・ボーネン(ベルギー、クイック・ステップ・イネリゲティック)2007年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 近代における世界の一体化

    近代における世界の一体化から見たベルギーベルギー

    1848年革命は、自由主義、国民主義、ロマン主義、社会主義が合わさって、チェコ、ハンガリー、イタリア、ポーランド、オランダ、ベルギー、さらに南アメリカ大陸へと広がった。デンマークでは絶対王政が廃止された。近代における世界の一体化 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の自転車競技

    2009年の自転車競技から見たベルギーベルギー

    2月1日……男子エリートは、ニールス・アルベルト(ベルギー)が初の、女子エリートは、マリアンヌ・フォス(オランダ)が2年ぶり2度目となる、シクロクロス世界選手権制覇を果たした。2009年の自転車競技 フレッシュアイペディアより)

  • フランス革命戦争

    フランス革命戦争から見たベルギーベルギー

    フランス革命戦争は、オーストリアによるフランス革命への干渉を契機として、1792年4月20日にフランス革命政府(ジロンド派内閣)のオーストリアへの宣戦布告によって開始された。フランス北部および東部、オランダ、ベルギー、ドイツ、北イタリア、エジプト、一部の植民地などが主要な戦場となった。1793年にはイギリスを中心として第一次対仏大同盟が結成され、国内での反乱も相まってフランスは危機に陥った。だが革命の熱気によってもたらされた国民的な戦争への参画と、国家総動員体制の整備や師団編成の導入をはじめとする軍事的革新をばねとして反撃に転じた。1797年にはカンポ・フォルミオの和約によってオーストリアが一旦戦争から脱落した。フランス革命戦争 フレッシュアイペディアより)

  • FN ブローニングM1910

    FN ブローニングM1910から見たベルギーベルギー

    FN ブローニングM1910(FN Browning Model 1910)は、ジョン・ブローニングが設計し、ベルギーのFN社が製造した自動式拳銃。FN ブローニングM1910 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦の影響

    第二次世界大戦の影響から見たベルギーベルギー

    1958年にベネルクス(オランダ、ベルギー、ルクセンブルク)、イタリア、西ドイツ、フランスが欧州経済共同体(EEC)、欧州原子力共同体(EURATOM)が結成され、1967年に拡大、発展する形で、EEC、ECSC、EURATOMと欧州共同体(EC)に統合した。第二次世界大戦の影響 フレッシュアイペディアより)

  • イギリスの歴史

    イギリスの歴史から見たベルギーベルギー

    ナポレオン戦争後のヨーロッパの枠組みを話し合うべくウィーン会議が開かれたが、この会議は「会議は踊る、されど進まず。」と言われる状況であり、各国の利害が対立して会談が終結する見通しすら立たなかった。こうしたヨーロッパ各国の対立の空白を狙って、エルバ島からナポレオンが脱出。瞬く間にパリに駆け上がり、帝位に返り咲いた。ヨーロッパ各国は一旦対立の矛先を収め、ナポレオンを再びヨーロッパから追放することで結束。オーストリア軍は北イタリア、及びライン川方面に、プロイセン軍とイギリス軍はベルギーに展開を始めた。この時ベルギーでイギリス陸軍を率いていたのが、イベリア半島からフランスを追い出したウェリントンである。フランス軍と会敵したウェリントンは、後退させられながらもプロイセン軍の合流を受け、フランス軍を敗走させることに成功した。これがワーテルローの戦いである。ナポレオンは再び退位させられ、イギリス領セントヘレナ島へと追放された。イギリスの歴史 フレッシュアイペディアより)

5441件中 51 - 60件表示

「ベルギー」のニューストピックワード