4136件中 61 - 70件表示
  • コンゴ民主共和国

    コンゴ民主共和国から見たベルギーベルギー

    1885年にベルギーの国王、レオポルト2世の私有地「コンゴ自由国」(、1885年 - 1908年)とされた。「国」となっているが、当時のコンゴは、ベルギー議会の影響も及ばない、国王の完全な私有地であった。当初、レオポルド2世は私費を切り詰めて鉄道を建設するなど、コンゴの近代化を推進したが、すぐに圧政に転じた。現地住民は象牙やゴムの採集を強制され、規定の量に到達できないと手足を切断するという残虐な刑罰が情け容赦なく科された。当時、大なり小なり、植民地での強制的な収奪を当たり前のものとしていた欧州諸国においても、この圧政は非難の的となり、植民地経営に関心がなかったベルギー政府を動かすこととなる。コンゴ民主共和国 フレッシュアイペディアより)

  • ウィンストン・チャーチル

    ウィンストン・チャーチルから見たベルギーベルギー

    ドイツとの建艦競争が激化する中の1911年10月にに就任。ドイツとの戦争準備を進めた。1914年8月に第一次世界大戦が開戦すると陸軍を大陸へ輸送させつつ、海軍からも航空部隊や水兵を上陸させ、ベルギーのアントワープの防衛に当たろうとしたが、失敗。同年12月のフォークランド沖海戦には勝利したものの、1915年3月より開始させたガリポリ上陸作戦には惨敗を喫した。第一海軍卿ジョン・アーバスノット・フィッシャーがチャーチルに抗議して辞職するとチャーチル批判が強まっていき、1915年5月に自由党と保守党の大連立政権として再発足したアスキス挙国一致内閣では、海軍大臣を外され、に左遷された。ガリポリ作戦の中止が決定された後の同年11月に閣僚職を辞した。ウィンストン・チャーチル フレッシュアイペディアより)

  • 昭和天皇

    昭和天皇から見たベルギーベルギー

    1918年(大正7年)1月、久邇宮邦彦王の第一女子・良子女王を皇太子妃に内定。1919年(大正8年)4月に満18歳となり、同年5月7日に成年式が執り行われると共に、貴族院皇族議員となった。1920年(大正9年)10月に陸海軍少佐に昇任し、同年11月4日には天皇の名代として陸軍大演習を統監した。1921年(大正10年)2月28日、東宮御学問所修了式が行われる。大正天皇の病状悪化の中で、同年3月3日から9月3日まで、軍艦香取でイギリスをはじめ、フランス・ベルギー・オランダ・イタリアのヨーロッパ5カ国を歴訪。同年11月25日、20歳で摂政に就任し、摂政宮(せっしょうみや)と称した。昭和天皇 フレッシュアイペディアより)

  • ユーロスター

    ユーロスターから見たベルギーベルギー

    ロンドンとフランスのリール、パリ、およびベルギーのブリュッセルとの間で運行されており、最高速度 300km/h の高速鉄道となっている。ユーロスター フレッシュアイペディアより)

  • ICE

    ICEから見たベルギーベルギー

    国際列車の運用としては、2001年12月よりオランダのアムステルダムまで、2002年12月よりベルギーのブリュッセルまで。それぞれ直通している。ベルギー国内は高速新線(HSL2)が存在するにもかかわらず、諸般の事情で在来線経由となっていたが、2004年12月より高速新線経由となった。ICE フレッシュアイペディアより)

  • RER

    RERから見たベルギーベルギー

    RER(エール・ウ・エール)は、Réseau express régionalの略語であり、日本語では「地域急行鉄道網」と訳される、フランス語圏の公共鉄道網、及びその概念。大都市とその近郊を結ぶ路線で、フランスではパリやリヨンに存在し、ベルギーではブリュッセルで建設中である。RER フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たベルギーベルギー

    5月10日、西部戦線のドイツ軍は、戦略的に重要なベルギーやオランダ、ルクセンブルクのベネルクス三国に侵攻(オランダにおける戦い)。オランダは5月15日に降伏し、政府は王室ともどもロンドンに亡命。またベルギー政府もイギリスに亡命し、5月28日にドイツと休戦条約を結んだ。なおアジアにおけるオランダ植民地は亡命政府に準じて、連合国側につくこととなる。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • オリエント急行

    オリエント急行から見たベルギーベルギー

    オリエント急行の起源は国際寝台車会社(日本での通称「ワゴン・リ」社)により1883年に運行がはじめられたパリ - コンスタンティノープル(イスタンブル)間の列車(当時は一部船舶連絡)である。その後、西ヨーロッパとバルカン半島を結ぶ国際寝台車会社の列車群が「オリエント急行」を名乗るようになった。西ヨーロッパ側の起点はパリのほかフランスのカレーやベルギーのオーステンデなどがあり、バルカン半島側の終点はイスタンブルのほかギリシアのアテネやルーマニアのコンスタンツァ、ブカレストなどがあった。これらの列車は出発地や途中の経路により以下のように名付けられていた。オリエント急行 フレッシュアイペディアより)

  • うぽって!!

    うぽって!!から見たベルギーベルギー

    本作の主人公。ベルギーのFN社生まれ。中等部の生徒。スケルトン・ストックであるため、Tバック(これも、コンプレックスの一つ)。姉の命名による「ふんこ」というあだ名(姉のFALがつけたとされている)にコンプレックスを持っているおり、教師陣も「FNC」とは呼ばない(生徒名簿まで改竄されている。姉のFALが高等部の生徒会長であり、先生からの信頼が高いため裏で手を回したらしいという話になっている)。それゆえに、本名で呼んでくれる人には条件反射的に好意を示す。モデルのFNCは、性能は一級品でありながら運がなく売れなかったためあまり有名ではないが、作者(天王寺キツネ)のお気に入りの銃である。また、アサルトライフルとしては少し重い(4100g)であることを気にしている。周りが、ボケ役ばかりなので自然とツッコミ役になることが多い。対抗戦ではサコにレシーバーを壊され軽傷を負ってしまう。更に対抗戦の最後にサコにファーストキスを奪われるが、それによってレシーバーが治った。うぽって!! フレッシュアイペディアより)

  • ジュスティーヌ・エナン

    ジュスティーヌ・エナンから見たベルギーベルギー

    ジュスティーヌ・エナン(Justine Henin, 1982年6月1日 - )は、ベルギー・リエージュ出身の女子プロテニス選手。WTAツアーで4大大会7勝を含むシングルス41勝、ダブルス2勝を挙げた。身長167cmと比較的小柄な身体から飛び上がって打つ独特な片手打ちバックハンド・ストロークと、類い稀なフットワークを最大の武器にした。2002-2006年の選手登録名は、「ジュスティーヌ・エナン=アーデン」(Justine Henin-Hardenne)。また、2001年全仏オープンまでは、日本の新聞一般表記は「ジャスティン・ヘニン」であった。ジュスティーヌ・エナン フレッシュアイペディアより)

4136件中 61 - 70件表示

「ベルギー」のニューストピックワード