335件中 121 - 130件表示
  • ベルギー

    ベルギーから見たヘント

    カール大帝が没し、ルートヴィヒ1世の治世が終わった843年、ヴェルダン条約によって王国は東フランク王国、西フランク王国とロタリンギアに分けられた。さらに870年のメルセン条約によってロタリンギアは東西フランクに分割吸収された。この結果ベルギー地方はスヘルデ川を境として分裂することとなった。また、9世紀初頭よりはじまったノルマン人襲来の脅威から身を守るため、各地で地主や司教たちを中心としてフランドル伯領、ブラバント伯領、リエージュ伯領、エノー伯領、ナミュール伯領、リンブルク伯領、ルクセンブルク伯領といった封建国家が誕生した。なかでもフランドル伯領は、リンネルの交易によって「ヨーロッパの工場」としての地位を築き上げ、ブルッヘやヘントといった都市を中心に繁栄を誇った。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たザクセン=コーブルク=ゴータ家

    ナポレオン戦争の終結後、1815年のウィーン議定書によって現在のオランダと共にネーデルラント連合王国として再編された。また、同年にルクセンブルク大公国はドイツ連邦に加盟した。1830年にネーデルラント国王ウィレム1世の支配に対して独立革命を起こし、同年に独立を宣言する。1831年にはドイツの領邦君主のザクセン=コーブルク=ゴータ家からレオポルドを初代国王として迎えた。この年にランベール銀行(現グループ・ブリュッセル・ランバート)が創設された。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たドイツ帝国

    述べたように英仏と経済的に結びついていたベルギーであったが、三国同盟の結成からドイツ帝国がベルギーの利権に参加してくるようになり、アフリカ分割を主催するまでにもなった。これに対抗して露仏同盟が結ばれると、各国の膨大な資本がベルギーを経由して、およそ10年間ロシアに投下され続けた。合衆国資本も誘致された()。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たモトクロス

    ベルギーではモトクロスも盛んでありベルギーはモトクロスグランプリの発祥の地と言われる。モトクロス世界選手権( FIM World Championship)はすでに50年以上の歴史を有している。世界的有名ライダーが数多く出現している。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見た国技

    ベルギーでは自転車競技が盛んで、国技として挙げられることもある。主要なレースとして、ロンド・ファン・フラーンデレン、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュがある。また代表的な選手として、引退した選手では、エディ・メルクス、ヨハン・ムセウ、現役の選手では、トム・ボーネン、フィリップ・ジルベールがいる。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見た自転車競技

    ベルギーでは自転車競技が盛んで、国技として挙げられることもある。主要なレースとして、ロンド・ファン・フラーンデレン、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュがある。また代表的な選手として、引退した選手では、エディ・メルクス、ヨハン・ムセウ、現役の選手では、トム・ボーネン、フィリップ・ジルベールがいる。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見た西フランク王国

    カール大帝が没し、ルートヴィヒ1世の治世が終わった843年、ヴェルダン条約によって王国は東フランク王国、西フランク王国とロタリンギアに分けられた。さらに870年のメルセン条約によってロタリンギアは東西フランクに分割吸収された。この結果ベルギー地方はスヘルデ川を境として分裂することとなった。また、9世紀初頭よりはじまったノルマン人襲来の脅威から身を守るため、各地で地主や司教たちを中心としてフランドル伯領、ブラバント伯領、リエージュ伯領、エノー伯領、ナミュール伯領、リンブルク伯領、ルクセンブルク伯領といった封建国家が誕生した。なかでもフランドル伯領は、リンネルの交易によって「ヨーロッパの工場」としての地位を築き上げ、ブルッヘやヘントといった都市を中心に繁栄を誇った。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見た北海

    481年、次第に勢力を強めるサリ族の王に即位したクロヴィス1世はトゥルネーを首都とするメロヴィング朝を建国した。クロヴィス1世はその後、ローマ帝国ガリア地方の軍司令官シアグリウス、ライン地方の、ルクセンブルク南部のアレマン族、ブルグンド王国、西ゴート王国といった勢力を次々と打ち倒し、北海からピレネー山脈に至る広大な領地を獲得した。しかし、クロヴィス1世没後は王国領土が4人の遺子に分割相続され、内部対立による衰退が進んだ。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たブルグンド王国

    481年、次第に勢力を強めるサリ族の王に即位したクロヴィス1世はトゥルネーを首都とするメロヴィング朝を建国した。クロヴィス1世はその後、ローマ帝国ガリア地方の軍司令官シアグリウス、ライン地方の、ルクセンブルク南部のアレマン族、ブルグンド王国、西ゴート王国といった勢力を次々と打ち倒し、北海からピレネー山脈に至る広大な領地を獲得した。しかし、クロヴィス1世没後は王国領土が4人の遺子に分割相続され、内部対立による衰退が進んだ。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たフランク人

    3世紀に入り、海進によって居住地を失った人々が大規模な移住をはじめた。これによってフランク族がライン川を越えてローマ帝国へ侵入をはじめ、ライン川近郊の多数の都市が占拠されていくと、帝国の国境はブローニュとケルンを結ぶ軍用道路線まで後退した。こうして北部ではゲルマン人の定着に伴うフランデレン語が、南部ではワロン語が浸透していき、その結果生まれた境界線は以降のベルギーにおけるラテン系・ゲルマン系という民族紛争、言語戦争の起源となった。フランク族の侵入によって徐々に弱体化していったローマ帝国のフラウィウス・クラウディウス・ユリアヌスは、358年、サリ族のトクサンドリア定着を認めた。ベルギー フレッシュアイペディアより)

335件中 121 - 130件表示

「ベルギー」のニューストピックワード