335件中 131 - 140件表示
  • ベルギー

    ベルギーから見た国民総所得

    2013年のベルギーのGDPは約5065億ドルであり、日本の九州とほぼ同等の経済規模である。同年の一人当たりのGDPは45,383ドルであり世界的に上位に位置する。2016年の一人当たり国民総所得(GNI)は4万1860ドルでイギリスに次ぐ世界第18位となっている。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見た北大西洋海流

    ケッペンの気候区分による温帯(Cfb)に属する。これは暖流の北大西洋海流による。晴天の続く夏期でも最高気温が20度を上回ることは多くない。面積の小さな国だが、内陸になるほど、大陸性気候の特徴が現れる。すなわち、夏の気温が上がり、冬期は寒くなる。さらに降水量の年変動が大きくなる。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たベルギー空軍

    1949年以降、ベルギーは中立主義を放棄し、北大西洋条約機構に加盟し、集団安全保障体制を構築している。軍は2002年に単一の統合軍に再編成されており、その下に陸上部隊COMOPSLAND(ベルギー陸軍)・海上部隊COMOPSNAV(ベルギー海軍)・航空部隊COMOPSAIR(ベルギー空軍)・医療部隊COMOPSMED(ベルギー医療部隊)の4部隊が編成されている。冷戦期までは徴兵制が敷かれていたが、それは廃止された。現在の兵力は現役約4万人、予備役約10万人。アメリカとニュークリア・シェアリングをしており、独自の核戦力は保持していないが核抑止力をもっている。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たフランス革命戦争

    フランス革命戦争勃発後、ジャコバン派がフランス革命国民義勇軍を主導したが、その国民義勇軍の将軍ジュールダンと公安委員カルノーはベルギー戦線で、ロベスピエールの恐怖政治中の1793年10月、オーストリア軍を殲滅した。翌1794年6月、ジュールダン将軍とベルナドット将軍は再度ベルギー戦線でオーストリア軍を殲滅した。この後、フランス革命総裁政府のフランス軍は南ネーデルランドを占領した。総裁政府の軍司令官ナポレオン将軍(当時28歳、第一統領就任以前)とオーストリアは、1797年10月にカンポ・フォルミオ条約を結んだ。南ネーデルランドはその中で、リエージュ司教領と共にフランスに併合された。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見た首相

    連邦政府の長である首相は、議会の総選挙後に国王から指名された人物が組閣責任者となり、最大15名からなる内閣を組閣する(議院内閣制)。組閣責任者は必ずしも第1党から選任されるとは限らない。もしも、この後に下院の承認を得られない場合は、国王に対して辞表を提出することになる。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たルール占領

    第一次世界大戦ではドイツ軍によってほぼ全土を占領された。戦後はドイツの脅威に対抗するためフランスと軍事協定を結んだ。すなわち産業資本家のヴァンデルや金融資本化のシュネーデルが働きかけた。実際にルール占領などでは共同で軍事行動を起こしていたが、1936年にはこれを破棄して中立政策へと回帰した。そのため第二次世界大戦では再びドイツ軍によって国土を占領された。ロンドンに亡命政権が立てられたが、国内に残った国王レオポルド3世は亡命政府の意向を無視してドイツに降伏し、立憲君主制下にある国王の権限を逸脱するものとして戦後に問題視されることとなった。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見た否認主義

    1995年3月23日にホロコースト否認を公式見解として非合法化する法律を制定している。しかし国内にはVrij Historisch Onderzoe??k(ドイツ語版) のような否認主義組織も存在する。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たワロン人

    住民はオランダ語のベルギー方言とも言うべきフラマン語を話すフラマン人が58%、フランス語を話すワロン人が31%、その他混血などが11%である。特に首都ブリュッセルは中東系を中心とした移民が多く、近年ではアラブ系の「Mohammed」がブリュッセルで生まれる男子でもっとも多く名付けられる名前となっている。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たユトレヒト条約

    スペイン継承戦争(1701年 - 1714年)後のラシュタット条約で、フランデレン地方の南ネーデルランドがオーストリア領となった。1715年はカトリックの厄年であった。ルイ14世が死んで、墺土戦争が起こった。そしてオーストリアは屈辱的な「障壁条約」を英蘭に飲まされた。これは、オランダをフランスから守るために、フランスがユトレヒト条約で切り取っていったベルギー領などを奪回し防壁となすという軍事同盟であった。これにより南ネーデルラントは歳入から50万エキュを天引きされた。その金は英蘭両軍の維持費用に充当された。酷いことに、この条約はスヘルデ川閉鎖に釘を刺した。オーストリアの弱体化を意図していたことは明確であった。1723年、カール6世がを認可した。このアントウェルペン資本によるベンチャー企業はインドや中国まで行った。しかし英仏オランダを相手に権益を争うことができなくて1727年に解散した。仕方なしに余力資本がプロイセン王国とスウェーデンの企業へ流れた。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見た東ローマ帝国

    7世紀中盤ごろになるとアウストラシアの宮宰としてピピン2世が頭角を現し始めた。687年、テルトリーの戦いでネウストリアに勝利すると、フランク王国における支配権を確立した。732年、カール・マルテルの時代にトゥール・ポワティエ間の戦いにおいてウマイヤ朝に勝利、751年にはピピン3世がクーデターを断行し、メロヴィング朝に代わり、カロリング朝が興った。754年、ランゴバルド王国を討伐して獲得したラヴェンナを教皇に寄進することにより宗教的後ろ盾を得ることとなり、フランク王国は宗教的国家という特色を持つようになった。カール大帝の時代になるとフランク王国は今日のフランス・ドイツ・イタリアに相当する地域を統一し、東ローマ帝国を凌ぐ大国となった。800年、サン・ピエトロ大聖堂においてレオ3世より西ローマ帝国の帝冠を授与された(カールの戴冠)。民族大移動以来、混成していた西ヨーロッパが東ローマから独立した存在としてまとまり、ギリシャ・ローマ的要素、キリスト教的要素、ゲルマン的要素が融合して新しい文化圏を形成した中世ヨーロッパ世界が確立した。ベルギー フレッシュアイペディアより)

335件中 131 - 140件表示

「ベルギー」のニューストピックワード