335件中 11 - 20件表示
  • ベルギー

    ベルギーから見た夫婦別姓

    婚姻の際は、夫婦同姓も夫婦別姓も選択可能である(選択的夫婦別姓)。また、同性同士の結婚(同性婚)も2003年より可能となった。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たベルギー国立銀行

    同年に制定された憲法は、主たる納税者であったブルジョワジー(財産家・資本家)男子による二院制と、国王の行政や軍事など最高の国家行為には首相の承認(副署)を要することを規定した。ベルギー憲法の、その首相副署主義は新しい立憲的制度であった。これはカトリックのベルギーが、外から迎えるプロテスタントの国王、ザクセン=コーブルク=ゴータ家のレオポルド1世(在位:1831年 - 1865年)に対抗するためのものであった。レオポルドは、ナポレオン戦争中はロシア帝国軍の傭兵士官として戦い、戦争後の1816年にイギリスに帰化して摂政王太子(のちの国王ジョージ4世)の王女シャーロットの婿になったこともあった。また、1837年に即位することになる女王ヴィクトリアの母はレオポルドの姉であった。なお、1837年はベルギー総合会社がロスチャイルドと共同でフランス=ベルギー石炭水運会社Société charbonnière et de navigation franco-belge を設立した年でもあった。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たラザード

    第二次世界大戦後のベルギーは、1951年の欧州石炭鉄鋼共同体参加以来、ヨーロッパ統合において中心的な役割を果たしてきた。首相としてヨーロッパ統合を推進したポール=アンリ・スパークは欧州連合の父の一人に数えられている。ベルギーが参加してから後、共同体は数回の外債を発行している。1958年7月(4500万ドル)、1960年10月(3800万ドル)、1962年4月(2500万ドル)に関するかぎり、大口引受はクーン・ローブ、ラザード、ファースト・ボストン(現クレディ・スイス。ロックフェラー系)であった。この頃共同体と発行額が同規模のベルギー債は幹事のモルガン・スタンレーなどが引き受けていた。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たジョン・ロックフェラー

    1906年、ジョン・モルガンとジョン・ロックフェラーだけでなく、鉱山王ダニエル・グッゲンハイム(Daniel Guggenheim)にタバコ王トーマス・ライアン(Thomas Fortune Ryan)を加えた四人を、レオポルド2世がブリュッセルへ招待し、彼の植民地企業の株式を共同保有するよう誘った。ライアンとグッゲンハイムは、ダイヤモンド開発を担うフォルミニエール(Forminière)に1/4ずつ参加した。モルガン・ギャランティ・トラストは、誘致からしばらくして、「ベルギー領コンゴ政府における伝統的な財政支援者」となった。ロックフェラー・グループもベルギー所有の植民地企業へ資本参加した。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たロベスピエール

    フランス革命戦争勃発後、ジャコバン派がフランス革命国民義勇軍を主導したが、その国民義勇軍の将軍ジュールダンと公安委員カルノーはベルギー戦線で、ロベスピエールの恐怖政治中の1793年10月、オーストリア軍を殲滅した。翌1794年6月、ジュールダン将軍とベルナドット将軍は再度ベルギー戦線でオーストリア軍を殲滅した。この後、フランス革命総裁政府のフランス軍は南ネーデルランドを占領した。総裁政府の軍司令官ナポレオン将軍(当時28歳、第一統領就任以前)とオーストリアは、1797年10月にカンポ・フォルミオ条約を結んだ。南ネーデルランドはその中で、リエージュ司教領と共にフランスに併合された。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たC・ダグラス・ディロン

    1960年にコンゴ民主共和国がベルギーから独立したが、独立に際してのベルギーの対応はコンゴ動乱やモブツ体制の確立など、コンゴの不安定化を大きく助長した。1958年4月にベルギー領コンゴの発行した1500万ドルの外債は、幹事のディロン・リード(150)を筆頭に、ラザード(60)、ゴールドマン・サックス(60)、メリル・リンチ(60)など40社が引受けた(括弧内は単位万ドルの引受額)。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たヨハン・ムセウ

    ベルギーでは自転車競技が盛んで、国技として挙げられることもある。主要なレースとして、ロンド・ファン・フラーンデレン、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュがある。また代表的な選手として、引退した選手では、エディ・メルクス、ヨハン・ムセウ、現役の選手では、トム・ボーネン、フィリップ・ジルベールがいる。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たチャールズ・ホイートストン

    ベルギーは大陸ヨーロッパで最も早く産業革命が始まった。その勢いは外資企業が支えた。フランス由来ではソシエテ・ジェネラルやオタンゲ、ドイツ由来のシャフハウゼン、そして当時グローバルなロスチャイルドが、独立まもないベルギーの資本調達に携わった。1846年、チャールズ・ホイートストンとウィリアム・クックに電信敷設を許可した。1850年頃から政府は彼らの回線を買収していった。政府は鉄道に沿って回線網を拡大し、1851年には商業利用が認可された。一方、1840年代にドイツ関税同盟加入に失敗しながらも同盟の鉄関税を50%引き下げることに成功していたため、1850年には同盟鉄輸入量の2/3すなわち7万6千トンを供給した。リエージュ、シャルルロワなどにおける石炭の産出が増加し、製鉄や機械工業が発達した。そしてこの年にベルギー国立銀行ができた。1857年、フランスと相互に、相手国法人を内国企業と原則的に対等とする協定が結ばれた。さらに同様の協定が英仏間で1862年に締結された。1865年、ベルギーはラテン通貨同盟の原加盟国となり、資本の自由化は加速した。すなわち、普仏戦争におけるベルギーは表向き中立を貫いたが、実はラテン通貨同盟を主導するフランス資本に支配されていた。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たジョン・モルガン

    1906年、ジョン・モルガンとジョン・ロックフェラーだけでなく、鉱山王ダニエル・グッゲンハイム(Daniel Guggenheim)にタバコ王トーマス・ライアン(Thomas Fortune Ryan)を加えた四人を、レオポルド2世がブリュッセルへ招待し、彼の植民地企業の株式を共同保有するよう誘った。ライアンとグッゲンハイムは、ダイヤモンド開発を担うフォルミニエール(Forminière)に1/4ずつ参加した。モルガン・ギャランティ・トラストは、誘致からしばらくして、「ベルギー領コンゴ政府における伝統的な財政支援者」となった。ロックフェラー・グループもベルギー所有の植民地企業へ資本参加した。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たトム・ボーネン

    ベルギーでは自転車競技が盛んで、国技として挙げられることもある。主要なレースとして、ロンド・ファン・フラーンデレン、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュがある。また代表的な選手として、引退した選手では、エディ・メルクス、ヨハン・ムセウ、現役の選手では、トム・ボーネン、フィリップ・ジルベールがいる。ベルギー フレッシュアイペディアより)

335件中 11 - 20件表示

「ベルギー」のニューストピックワード