265件中 51 - 60件表示
  • ベルギー

    ベルギーから見たFIFAワールドカップ

    サッカーベルギー代表は、過去に11回FIFAワールドカップに出場しており、最高位は1986年メキシコ大会の4位である。また、UEFA欧州選手権には4回出場しており、1980年イタリア大会では準優勝となっている。また代表的な現役選手としては、ドイツの名門バイエルン・ミュンヘンで2006-2007シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの準々決勝で、ACミラン相手にバイエルンの全2ゴールを決めた、ダニエル・ファン・ブイテンがいる。ただ、2004年以降はヴァンサン・コンパニやエデン・アザールといったクラブチームサッカーで際立った活躍を見せるタレントを擁しながら、FIFAワールドカップ・UEFA欧州選手権ともに予選敗退が続き、FIFAランキングも2007年には71位に落ち込むなどして強豪の地位は危うくなっている。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たUEFA欧州選手権

    サッカーベルギー代表は、過去に11回FIFAワールドカップに出場しており、最高位は1986年メキシコ大会の4位である。また、UEFA欧州選手権には4回出場しており、1980年イタリア大会では準優勝となっている。また代表的な現役選手としては、ドイツの名門バイエルン・ミュンヘンで2006-2007シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの準々決勝で、ACミラン相手にバイエルンの全2ゴールを決めた、ダニエル・ファン・ブイテンがいる。ただ、2004年以降はヴァンサン・コンパニやエデン・アザールといったクラブチームサッカーで際立った活躍を見せるタレントを擁しながら、FIFAワールドカップ・UEFA欧州選手権ともに予選敗退が続き、FIFAランキングも2007年には71位に落ち込むなどして強豪の地位は危うくなっている。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見た世界遺産

    ベルギー国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が9件ある。詳細は、ベルギーの世界遺産を参照。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たバイエルン・ミュンヘン

    サッカーベルギー代表は、過去に11回FIFAワールドカップに出場しており、最高位は1986年メキシコ大会の4位である。また、UEFA欧州選手権には4回出場しており、1980年イタリア大会では準優勝となっている。また代表的な現役選手としては、ドイツの名門バイエルン・ミュンヘンで2006-2007シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの準々決勝で、ACミラン相手にバイエルンの全2ゴールを決めた、ダニエル・ファン・ブイテンがいる。ただ、2004年以降はヴァンサン・コンパニやエデン・アザールといったクラブチームサッカーで際立った活躍を見せるタレントを擁しながら、FIFAワールドカップ・UEFA欧州選手権ともに予選敗退が続き、FIFAランキングも2007年には71位に落ち込むなどして強豪の地位は危うくなっている。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たガイウス・ユリウス・カエサル

    紀元前後になるとローマ人との接触がはじまり、ガイウス・ユリウス・カエサルが紀元前57年に著した『ガリア戦記第二巻』に、この地に居住する民族について初めて言及がなされた。カエサルは同地に居住するゲルマン人との共通性を持つケルト人の多くを総称してベルガエ族と呼んだ。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たマクシミリアン1世 (神聖ローマ皇帝)

    フィリップ豪胆公から始まるブルゴーニュ公国は、「飛び地」として獲得した豊かな産業を持つフランドル地方の経済力を背景として版図の拡大を図った。飛び地の解消を目指してフランス王国へと積極的な介入を見せたが、シャルル突進公の1477年、ナンシーの戦いにおいて敗北を喫すると逆にフランスからの侵略を受けることとなった。シャルル突進公の戦死を受けて、娘マリーはかねてより婚約していたハプスブルク家のマクシミリアンに救援を要請し、結婚した。ここにブルゴーニュ公国は終焉を迎え、フランドル地方はハプスブルク家の支配下に組み込まれることとなった。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たピピン2世

    7世紀中盤ごろになるとアウストラシアの宮宰としてピピン2世が頭角を現し始めた。687年、テルトリー会戦でネウストリアに勝利すると、フランク王国における支配権を確立した。732年、カール・マルテルの時代にトゥール・ポワティエ間の戦いにおいてウマイヤ朝に勝利、751年にはピピン3世がクーデターを断行し、メロヴィング朝に代わり、カロリング朝が興った。754年、ランゴバルド王国を討伐して獲得したラヴェンナを教皇に寄進することにより宗教的後ろ盾を得ることとなり、フランク王国は宗教的国家という特色を持つようになった。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たクロヴィス1世

    フランク族の侵入によって徐々に弱体化していったローマ帝国のフラウィウス・クラウディウス・ユリアヌスは、358年、サリ族のトクサンドリア定着を認めた。481年、次第に勢力を強めるサリ族の王に即位したクロヴィス1世はトゥルネーを首都とするメロヴィング朝を建国した。クロヴィス1世はその後、ローマ帝国ガリア地方の軍司令官シアグリウス、ライン地方のテューリンゲン族、ルクセンブルク南部のアレマン族、ブルグンド王国、西ゴート王国といった勢力を次々と打ち倒し、北海からピレネー山脈に至る広大な領地を獲得した。しかし、クロヴィス1世没後は王国領土が4人の遺子に分割相続され、内部対立による衰退が進んだ。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見た国際連合教育科学文化機関

    ベルギー国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が9件ある。詳細は、ベルギーの世界遺産を参照。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たチョコレート

    日本では、チョコレートやベルギーワッフル等、加工菓子の産地として知られているが、ルーヴェンにある世界最大のビール会社であるアンハイザー・ブッシュ・インベブや化学会社のソルベーなども有名である。ベルギー フレッシュアイペディアより)

265件中 51 - 60件表示

「ベルギー」のニューストピックワード