265件中 61 - 70件表示
  • ベルギー

    ベルギーから見たACミラン

    サッカーベルギー代表は、過去に11回FIFAワールドカップに出場しており、最高位は1986年メキシコ大会の4位である。また、UEFA欧州選手権には4回出場しており、1980年イタリア大会では準優勝となっている。また代表的な現役選手としては、ドイツの名門バイエルン・ミュンヘンで2006-2007シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの準々決勝で、ACミラン相手にバイエルンの全2ゴールを決めた、ダニエル・ファン・ブイテンがいる。ただ、2004年以降はヴァンサン・コンパニやエデン・アザールといったクラブチームサッカーで際立った活躍を見せるタレントを擁しながら、FIFAワールドカップ・UEFA欧州選手権ともに予選敗退が続き、FIFAランキングも2007年には71位に落ち込むなどして強豪の地位は危うくなっている。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たジョージ4世 (イギリス王)

    ベルギー憲法の、その首相副署主義は新しい立憲的制度であった。これはカトリックのベルギーが、外から迎えるプロテスタントの国王、ザクセン=コーブルク=ゴータ家のレオポルド1世(在位:1831年 - 1865年)に対抗するためのものであった。レオポルドは、ナポレオン戦争中はロシア帝国軍の傭兵士官として戦い、戦争後の1816年にイギリスに帰化して摂政王太子(のちの国王ジョージ4世)の王女シャーロットの婿になったこともあった。また、1837年に即位することになる女王ヴィクトリアの母はレオポルドの姉であった。1831年、レオポルド1世は立憲君主として初代ベルギー国王に即位した。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たジャン=バティスト・ジュールダン

    カトリック国家ベルギー(およびルクセンブルク)は、フランス革命以前にはカトリックのハプスブルク=ロートリンゲン家の飛び地領土南ネーデルランドであった。フランス革命勃発後、ジャコバン派がフランス革命国民義勇軍を主導したが、その国民義勇軍の将軍ジュールダンと公安委員カルノーはベルギー戦線で、ロベスピエールの恐怖政治中の1793年10月、オーストリア軍を殲滅した。翌1794年6月、ジュールダン将軍とベルナドット将軍は再度ベルギー戦線でオーストリア軍を殲滅した。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見た比例代表制

    連邦議会は両院制である。上院である元老院は、40議席を直接選挙、31議席を間接選挙によって選出する。左記の71議席に加えて、元老院議員には国王の子女が名を連ねる。下院である代議院の議席数は150で、比例代表選挙により選出する。いずれも任期は4年で、同日に投票が行われる。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たケルン

    3世紀に入り、海進によって居住地を失った人々が大規模な移住をはじめた。これによってフランク族がライン川を越えてローマ帝国へ侵入をはじめ、ライン川近郊の多数の都市が占拠されていくと、帝国の国境はブローニュとケルンを結ぶ軍用道路線まで後退した。こうして北部ではゲルマン人の定着に伴うフランデレン語が、南部ではワロン語が浸透していき、その結果生まれた境界線は以降のベルギーにおけるラテン系・ゲルマン系という民族紛争、言語戦争の起源となった。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見た世界都市

    現在、首都ブリュッセルは欧州委員会などの欧州連合の主要な機関が置かれており、欧州連合の「首都」的な性格を帯びている。ブリュッセルは2012年、ビジネス、人材、文化、政治などを総合評価した世界都市ランキングにおいて、特に「政治的関与」が高く評価され、世界第9位の都市と評価された。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たナチス・ドイツ

    1885年に第2代国王レオポルド2世が個人の所有地としてアフリカにコンゴ自由国を領有する。コンゴ自由国はレオポルド王の極めて残忍な統治で徹底的に搾取され、コンゴの人口は2500万人から1500万人に激減したと推定されている。国際的な非難を呼んだため、1908年にベルギーの国家的所有に移されて、ベルギー領コンゴとして1960年まで支配した。第一次世界大戦では、1914年にドイツ帝国により中立を犯されて占領されるが、1919年のヴェルサイユ条約によりドイツ帝国の植民地であった現在のルワンダとブルンジを獲得した。第二次世界大戦では、1940年にナチス・ドイツにより再び占領された。第二次世界大戦後は欧州経済共同体の創設に参加するなど、欧州統合に向けての中心的役割を果たすようになる。一方、1960年にコンゴ民主共和国がベルギーから独立したが、独立に際してのベルギーの拙劣な対応はコンゴ動乱やモブツ体制の確立など、コンゴの不安定化を大きく助長した。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見た旧石器時代

    ベルギーと称される地域には、旧石器時代ごろより農耕と漁労を主とする人類の定着が見られる。新石器時代に入り、大西洋の海進によって温暖化が進むと中央ヨーロッパから移住してきた種族が定住をはじめ、牧畜技術の移入と農耕技術の革新をもたらした。こうした民族と文化の移入は紀元前1000年頃まで続き、社会的組織の構築や金、銅、錫の生産、ドルメンといった文化移入の痕跡が見られる。また、エジプト産のビーズなども発見されていることから、この時代、地中海世界の広い範囲で行われた交易に参加していたとも考えられている。紀元前6世紀ごろになるとケルト人がライン川を渡って到来し、移住してくると、彼らによって火葬の文化や鉄器がもたらされた。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たルイ・フィリップ (フランス王)

    レオポルド1世の後妻にはフランス国王ルイ・フイリップの王女ルイーズ・マリーが迎えられ、その間の息子レオポルド2世が王位を継いだ(在位:1865年 - 1909年)。次代の国王アルベール1世(在位:1909年 - 1934年)の治世で、ベルギーは第一次世界大戦に遭遇した。このように、新興のベルギー王家はイギリスやフランスと関係が深く、第一次大戦でアルベール1世がドイツ軍に徹底抗戦したのはこれが一因であった。ベルギー フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー

    ベルギーから見たカール・マルテル

    7世紀中盤ごろになるとアウストラシアの宮宰としてピピン2世が頭角を現し始めた。687年、テルトリー会戦でネウストリアに勝利すると、フランク王国における支配権を確立した。732年、カール・マルテルの時代にトゥール・ポワティエ間の戦いにおいてウマイヤ朝に勝利、751年にはピピン3世がクーデターを断行し、メロヴィング朝に代わり、カロリング朝が興った。754年、ランゴバルド王国を討伐して獲得したラヴェンナを教皇に寄進することにより宗教的後ろ盾を得ることとなり、フランク王国は宗教的国家という特色を持つようになった。ベルギー フレッシュアイペディアより)

265件中 61 - 70件表示

「ベルギー」のニューストピックワード