前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
601件中 1 - 10件表示
  • 熊井啓

    熊井啓から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    多くの監督作が『キネマ旬報』ベスト・テンに選出され、ベルリン国際映画祭やヴェネツィア国際映画祭の各賞を受賞した。日本を代表する社会派映画の巨匠である。熊井啓 フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・ペツォールト (映画監督)

    クリスティアン・ペツォールト (映画監督)から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    2007年、『Yella』で主演のニーナ・ホスにベルリン国際映画祭銀熊賞 (女優賞) をもたらした。2008年の『Jerichow』はヴェネツィア国際映画祭に出品された。クリスティアン・ペツォールト (映画監督) フレッシュアイペディアより)

  • 平林勇

    平林勇から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    2009年 『aramaki』(短編映画) - 第60回ベルリン国際映画祭短編オフィシャルコンペ部門平林勇 フレッシュアイペディアより)

  • シューティング・スター賞

    シューティング・スター賞から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ベルリン国際映画祭におけるシューティング・スター賞(Shooting Stars Award)は、ベルリン国際映画祭の賞のひとつ。欧州の若手俳優に与えられる。シューティング・スター賞 フレッシュアイペディアより)

  • 荻上直子

    荻上直子から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    2003年、スカラシップ作品の権利を得て、長編劇場デビュー作『バーバー吉野』を発表。第54回ベルリン国際映画祭・児童映画部門特別賞を受賞。2005年、愛媛県松山市で実際に毎年開催されている俳句甲子園に出場する高校生達を描いた青春物『恋は五・七・五!』を発表。荻上直子 フレッシュアイペディアより)

  • 田中絹代

    田中絹代から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    黎明期から日本映画界を支えた大スターであり、日本映画史を代表する大女優の一人。小津安二郎、五所平之助、溝口健二、成瀬巳喜男、清水宏、木下惠介ら大物監督に重用され、約260本の作品に出演した。14歳で松竹に入社し、清純派スターとして人気を得て、松竹の看板女優となった。戦後は年齢を経るに従って演技派として成長し、脇役を演じることが多くなるも円熟した演技を見せ、晩年は『サンダカン八番娼館 望郷』の演技でベルリン国際映画祭銀熊賞(最優秀主演女優賞)を受賞した。主な作品に『マダムと女房』『愛染かつら』『西鶴一代女』『雨月物語』『煙突の見える場所』『楢山節考』『おとうと』など。また、映画監督としても6本の作品を残している。田中絹代 フレッシュアイペディアより)

  • 黒澤明

    黒澤明から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ダイナミックな映像表現とヒューマニズムに徹した作風で、『羅生門』『生きる』『七人の侍』など30本の監督作品を生み出し、アカデミー賞と世界三大映画祭(ヴェネツィア、カンヌ、ベルリン)で賞を得た。黒澤明 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田英次

    岡田英次から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ひろしま(1953年、北星) - 北川先生 ※ベルリン国際映画祭長編劇映画賞受賞作品岡田英次 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災

    東日本大震災から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    先祖になる - 2013年2月公開。池谷薫監督。陸前高田市気仙町荒町地区の77歳の独居老人に密着した作品。第63回ベルリン国際映画祭エキュメニカル賞特別賞、第37回香港国際映画祭ファイアーバード賞(グランプリ)を受賞した。東日本大震災 フレッシュアイペディアより)

  • ベルナール・トゥブラン=ミシェル

    ベルナール・トゥブラン=ミシェルから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    つづいて同年、『女と男のいる舗道』をプロデュースしたピエール・ブロンベルジェ製作『La Difficulté d'être infidèle』(日本未公開)で長編映画デビューを果たす。同作は、ベルリン国際映画祭に出品され、賞は逃したものの、金獅子賞にノミネートされるにいたった。翌1965年、ジャック・バラティエと共同監督で『L'Or du duc(公爵の黄金)』を発表、そしてその年の暮れに、ゴダールが、初のアナトール・ドーマン製作のもとに撮影に入るというシネマ・ヴェリテ的新作『男性・女性』に、バラティエとともにふたりでいっしょに助監督につくことにした。ヴァルダの『クレオ』の相手役アントワーヌ・ブルセイエをカメオ出演させるなど、ゴダールの新境地に対して、ヌーヴェルヴァーグらしさを加えることに貢献した。ベルナール・トゥブラン=ミシェル フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
601件中 1 - 10件表示

「ベルリン国際映画祭」のニューストピックワード