前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
518件中 1 - 10件表示
  • マイケル・ウィンターボトム

    マイケル・ウィンターボトムから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1998年ベルリン国際映画祭金熊賞ノミネート。 *アイ ウォント ユーマイケル・ウィンターボトム フレッシュアイペディアより)

  • 園子温

    園子温から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1987年、『男の花道』でぴあフィルムフェスティバルグランプリを受賞。PFFスカラシップとして制作された『自転車吐息』がベルリン国際映画祭で正式招待作品となるなど、90年代にはインディーズ系映画界を席巻。荒木経惟、麿赤児、吉本ばなな、横尾忠則、荒川眞一郎など多数の著名人が園の作品を絶賛した。1999年、文化庁新進芸術家在外研修員としてアメリカに留学。園子温 フレッシュアイペディアより)

  • ぴあフィルムフェスティバル

    ぴあフィルムフェスティバルから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1989年には、現在のPFF全国ツアーの先駆けとなる「インディーズジャム'89」が大阪で話題を呼び、その後名古屋、神戸、福岡、仙台、京都と日本全国各地でのPFF開催を展開している。また、PFFアワード受賞作やスカラシップ作品を海外映画祭へ出品するなど、新人監督の海外での活躍をサポートする活動も進めている。近年では、第14回PFFスカラシップ作品、内田けんじ監督「運命じゃない人」が2005年カンヌ国際映画祭で4賞を受賞。また、第17回PFFスカラシップ作品、熊坂出監督「パーク アンド ラブホテル」が、2008年ベルリン国際映画祭にて最優秀新人作品賞を受賞する快挙を果たした。ぴあフィルムフェスティバル フレッシュアイペディアより)

  • 本橋成一

    本橋成一から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1998年 写真集『ナージャの村』で第17回土門拳賞受賞。ドキュメンタリー映画『ナージャの村』を初監督。 ベルリン国際映画祭に出品。本橋成一 フレッシュアイペディアより)

  • 平林勇

    平林勇から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    2009年 『aramaki』(短編映画) - 第60回ベルリン国際映画祭短編オフィシャルコンペ部門平林勇 フレッシュアイペディアより)

  • 岡田英次

    岡田英次から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ひろしま(1953年、北星) - 北川先生 ※ベルリン国際映画祭長編劇映画賞受賞作品岡田英次 フレッシュアイペディアより)

  • THE JAPANESE TRADITION 〜日本の形〜

    THE JAPANESE TRADITION 〜日本の形〜から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    日本の伝統を面白おかしく表現した映像作品であり、「謝罪」は、2007年に日本作品では31年ぶりにベルリン国際映画祭短編コンペティション部門に出品された。そのほかの作品も国内外の映画祭で上映されている。THE JAPANESE TRADITION 〜日本の形〜 フレッシュアイペディアより)

  • ベルナール・トゥブラン=ミシェル

    ベルナール・トゥブラン=ミシェルから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    つづいて同年、『女と男のいる舗道』をプロデュースしたピエール・ブロンベルジェ製作『La Difficulté d'être infidèle』(日本未公開)で長編映画デビューを果たす。同作は、ベルリン国際映画祭に出品され、賞は逃したものの、金獅子賞にノミネートされるにいたった。翌1965年、ジャック・バラティエと共同監督で『L'Or du duc(公爵の黄金)』を発表、そしてその年の暮れに、ゴダールが、初のアナトール・ドーマン製作のもとに撮影に入るというシネマ・ヴェリテ的新作『男性・女性』に、バラティエとともにふたりでいっしょに助監督につくことにした。ヴァルダの『クレオ』の相手役アントワーヌ・ブルセイエをカメオ出演させるなど、ゴダールの新境地に対して、ヌーヴェルヴァーグらしさを加えることに貢献した。ベルナール・トゥブラン=ミシェル フレッシュアイペディアより)

  • 柳町光男

    柳町光男から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    柳町 光男(やなぎまち みつお、1945年11月2日 - )は、日本の映画監督。優れた作品を生み続け、数多くのファンを持つ、社会派映画・文芸映画の分野で日本を代表する名匠と言われる。1985年に芸術選奨文部大臣賞受賞。監督した劇映画6作品のうち、5作品を世界三大映画祭(カンヌ国際映画祭・ベルリン国際映画祭・ヴェネツィア国際映画祭)に出品している。東京国際映画祭では2回受賞(1992年、2005年)。柳町光男 フレッシュアイペディアより)

  • 小川紳介

    小川紳介から見たベルリン映画祭ベルリン国際映画祭

    その後、小川プロダクションのスタッフと共に山形県上山市に移住し農業を営みながら、1982年に『ニッポン国古屋敷村』、1986年に『1000年刻みの日時計 牧野村物語』を発表。ベルリン映画祭国際批評家連盟賞を受賞する。小川紳介 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
518件中 1 - 10件表示

「ベルリン国際映画祭」のニューストピックワード