601件中 11 - 20件表示
  • ヤン・トロエル

    ヤン・トロエルから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    小学校の教師をしていたが、1960年代頃から映画製作を始める。1968年に『Här har du ditt liv』で映画監督デビューを果たし、翌年には『Ole dole doff』でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞。1971年公開の『移民者たち』でアカデミー監督賞と脚本賞にノミネートされた。ヤン・トロエル フレッシュアイペディアより)

  • テディ賞

    テディ賞から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ベルリン国際映画祭におけるテディ賞(Teddy Award)は、ベルリン国際映画祭の独立賞のひとつ。LGBTやクィアをテーマにした映画に与えられる。テディ賞 フレッシュアイペディアより)

  • ジャファール・パナヒ

    ジャファール・パナヒから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1995年、キアロスタミが脚本を書いた『白い風船』で監督デビューし、カンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞。1997年に『鏡』でロカルノ国際映画祭金豹賞を、2000年の『チャドルと生きる』でヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞し、世界的に高い評価を得た。さらに、2006年には『オフサイド・ガールズ』でベルリン国際映画祭審査員グランプリも受賞している。しかし、『チャドルと生きる』『オフサイド・ガールズ』ともにイランの現体制を批判する内容であるとして、イラン国内では公開禁止となっている。ジャファール・パナヒ フレッシュアイペディアより)

  • 合津直枝

    合津直枝から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    映画作品では、初プロデュースの『幻の光』(1995年 監督:是枝裕和)がヴェネチア国際映画祭で金のオゼッラ賞を受賞、国内外で高い評価を受け、藤本賞(第15回)、日本女性放送者懇談会賞(現・放送ウーマン賞)に選ばれる。また、初めて自身で監督と脚本を担当した江國香織原作の映画『落下する夕方』(1998年)は、ベルリン国際映画祭招待作品となり、日本インディペンデント映画祭で優秀新人監督賞(現・新藤兼人賞 銀賞)を受賞した。合津直枝 フレッシュアイペディアより)

  • ダミアーノ・ダミアーニ

    ダミアーノ・ダミアーニから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1960年に初の長編劇映画『くち紅』(1960年)を監督。ネオレアリズモの影響を受け継ぐ社会派サスペンス映画の傑作として高く評価された。監督第3作『禁じられた恋の島』 L'isola di Arturo(1962年)ではエルサ・モランテの同名の小説を映画化して大ヒット。この映画でサン・セバスチャン国際映画祭グランプリを受賞する。続く『禁じられた抱擁』 La noia(1963年)ではアルベルト・モラヴィアの小説「倦怠」を映画化するが、こちらの評判は芳しくなかった。ダミアーニはモラヴィア文学への傾倒を示しており、後年にもモラヴィアの小説「後退」を映画化した『痴情の森』 Una ragazza piuttosto complicata (1968年)を監督し、こちらはカルト映画として一定の評価を得ている。1963年の社会派コメディ映画"La rimpatriata"(1963年)ではベルリン国際映画祭国際批評家賞を受賞。ダミアーノ・ダミアーニ フレッシュアイペディアより)

  • ヤスミラ・ジュバニッチ

    ヤスミラ・ジュバニッチから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ヤスミラ・ジュバニッチ(Jasmila Žbanić, 1974年12月19日 - )は、ボスニアの映画監督、脚本家。2006年、監督および脚本をつとめた『サラエボの花』は、ベルリン国際映画祭で最高賞の金熊賞のほか、エキュメニカル審査員賞、平和映画賞を受賞した。ヤスミラ・ジュバニッチ フレッシュアイペディアより)

  • ヨセフ・シダー

    ヨセフ・シダーから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ベルリン国際映画祭で監督賞を、カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞している。ヨセフ・シダー フレッシュアイペディアより)

  • カンフーくん

    カンフーくんから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    第58回ベルリン国際映画祭に正式出品、第5回インドネシア国際児童映画祭にて観客賞(グランプリ)を受賞。カンフーくん フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ゲーハ

    ルイ・ゲーハから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    日本公開作品は少ないが、ベルリン国際映画祭の銀熊賞を2度受賞、カンヌ国際映画祭のパルム・ドールに3度ノミネートされるなど活躍している。ルイ・ゲーハ フレッシュアイペディアより)

  • ミア・ハンセン=ラヴ

    ミア・ハンセン=ラヴから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    2014年、監督作品『EDEN エデン』がトロント国際映画祭にてプレミア上映される。2016年、イザベル・ユペール主演の『未来よ こんにちは』を監督する。同作で第66回ベルリン国際映画祭の銀熊賞 (監督賞)を受賞した。ミア・ハンセン=ラヴ フレッシュアイペディアより)

601件中 11 - 20件表示

「ベルリン国際映画祭」のニューストピックワード