518件中 11 - 20件表示
  • ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー

    ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1982年の 『ベロニカ・フォスのあこがれ』 でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した。ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・トロエル

    ヤン・トロエルから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    小学校の教師をしていたが、1960年代頃から映画製作を始める。1968年に『Här har du ditt liv』で映画監督デビューを果たし、翌年には『Ole dole doff』でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞。1971年公開の『移民者たち』でアカデミー監督賞と脚本賞にノミネートされた。ヤン・トロエル フレッシュアイペディアより)

  • ティルダ・スウィントン

    ティルダ・スウィントンから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1988年にはベルリン国際映画祭の、1998年にはヴェネツィア国際映画祭の、2004年にはカンヌ国際映画祭の審査員を務めている。2009年のベルリン国際映画祭では審査委員長を務める。ティルダ・スウィントン フレッシュアイペディアより)

  • そして、ひと粒のひかり

    そして、ひと粒のひかりから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    主演のカタリーナ・サンディノ・モレノは800人以上の中からオーディションを勝ち抜き、コロンビア人として初めてアカデミー賞にノミネートされ、ベルリン国際映画祭女優賞、インディペンデント・スピリット賞などを受賞。監督のジョシュア・マーストンもベルリン国際映画祭などで賞を受賞、高い評価を得た。そして、ひと粒のひかり フレッシュアイペディアより)

  • アスガル・ファルハーディー

    アスガル・ファルハーディーから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    第4作、カスピ海岸へ旅するイラン人グループが遭遇する悲劇を描いた『彼女が消えた浜辺』では2009年ベルリン国際映画祭の銀熊賞 (監督賞) を受賞している。2011年、ファルハーディーは再びベルリン国際映画祭に新作『別離』を出品。同映画祭における金熊賞および銀熊賞 (女優賞) と銀熊賞 (男優賞) を獲得した。アスガル・ファルハーディー フレッシュアイペディアより)

  • 愛のむきだし

    愛のむきだしから見たベルリン映画祭ベルリン国際映画祭

    園子温監督の23作目の作品で、2008年の第9回東京フィルメックスにおいて観客の投票によって選出される「アニエスベー・アワード」を受賞。2009年の第59回ベルリン映画祭に出品され、「カリガリ賞」「国際批評家連盟賞」を受賞した。第83回キネマ旬報ベスト・テンにおいて、主演の西島隆弘が「新人男優賞」、助演の満島ひかりが「助演女優賞」をそれぞれ受賞し、日本映画ベスト・テンでは第4位であった。第64回毎日映画コンクールでは「監督賞」に園子温、「スポニチグランプリ新人賞」に西島隆弘、満島ひかりがそれぞれ選ばれた。また『映画芸術』誌上の批評家による2009年度ベストテンで第1位になった。愛のむきだし フレッシュアイペディアより)

  • アンリ=ジョルジュ・クルーゾー

    アンリ=ジョルジュ・クルーゾーから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ジャーナリストを目指していたが、ベルリンで映画会社で働き、フランスに戻ってから脚本家として活動するようになる。1942年に映画監督としてデビュー。1947年の『犯罪河岸』や1949年の『情婦マノン』でヴェネツィア国際映画祭においてグランプリを受賞。1953年のイヴ・モンタン主演のサスペンス『恐怖の報酬』でカンヌ国際映画祭グランプリとベルリン国際映画祭金熊賞を受賞し、三大国際映画祭の最高賞を全て制覇している。アンリ=ジョルジュ・クルーゾー フレッシュアイペディアより)

  • キャタピラー (映画)

    キャタピラー (映画)から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    2010年ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品し、寺島しのぶが最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した。同映画祭では、授賞式に参加できなかった寺島の代わりに若松孝二監督が壇上に上がり、寺島から届いたメールを読み上げた。キャタピラー (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊崇

    渡邊崇から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    2009年 平林勇監督作品『aramaki』(短編映画) - 第60回ベルリン国際映画祭短編オフィシャルコンペ部門ノミネート渡邊崇 フレッシュアイペディアより)

  • キム・ギドク

    キム・ギドクから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    2000年の『魚と寝る女』、2001年の『受取人不明』がヴェネツィア国際映画祭に正式出品され、ヨーロッパを中心に海外での評価が高まっていく。2002年の『悪い男』はソウルだけで30万人を動員する異例のヒットを記録したほか、ベルリン国際映画祭に正式出品された。同年、『悪い男』に触発されたチャン・ドンゴンが自ら出演を希望した『コースト・ガード』を撮影。2003年の『春夏秋冬そして春』は、韓国映画界最高の栄誉大鐘賞、青龍賞の最優秀作品賞を受賞。全米では韓国映画史上最大のヒット作となった。キム・ギドク フレッシュアイペディアより)

518件中 11 - 20件表示

「ベルリン国際映画祭」のニューストピックワード