601件中 21 - 30件表示
  • サタジット・レイ

    サタジット・レイから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    『チャルラータ』以後、サタジットは様々な領域に踏み出し始め、ファンタジーからSF、推理小説映画、歴史映画などの制作にも進出した。またこの時期、少なからぬ形式上の実験も行った。インド人の生活における現代的な問題を映画の中からは気づく事が出来ないという点に応え、彼はそれら問題を取り上げて表現した。この時期の最初の映画は『(英雄)』である。ある映画スターが列車の旅で、ウマの合う若き女性ジャーナリストと出くわした24時間を描く物語であり、とシャルミラ・タゴールが主演した。映画では、売れっ子と思われるが抱える内面の葛藤を描き出す。本作はベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞した。サタジット・レイ フレッシュアイペディアより)

  • 水江未来

    水江未来から見たベルリン映画祭ベルリン国際映画祭

    ベルリン映画祭、ヴェネチア映画祭でのノミネート歴や、アヌシー国際アニメーション映画祭で2度の受賞歴を持つ。水江未来 フレッシュアイペディアより)

  • 落下する夕方

    落下する夕方から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    『落下する夕方』(らっかするゆうがた)は1998年に江國香織原作の小説を映画化した合津直枝監督、原田知世主演の日本映画。1998年第48回ベルリン国際映画祭正式招待作品。落下する夕方 フレッシュアイペディアより)

  • 莫言

    莫言から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    山東省高密市の農村で生まれ育ち、60年代の文化大革命のために小学校中退を余儀なくされた。1976年人民解放軍に入隊。軍に在籍しながら執筆活動をはじめ、1985年の『透明な人参』で注目される。故郷を舞台に抗日戦争を描いた『紅い高粱(コーリャン)』(1988年)は張芸謀(チャン・イーモウ)監督で1987年に映画化され、1988年のベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞している。莫言 フレッシュアイペディアより)

  • ビセンテ・アランダ

    ビセンテ・アランダから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ゴヤ賞の監督賞には計6度ノミネート(1度受賞)されており、作品賞には1度ノミネート(1度受賞)されている。脚色賞に4度、脚本賞に1度、ドキュメンタリー賞に1度ノミネートされている。カンヌ国際映画祭ではパルムドールに1度ノミネートされており、ベルリン国際映画祭では金熊賞に2度ノミネートされている。1988年にはスペイン映画国民賞を受賞。ビセンテ・アランダ フレッシュアイペディアより)

  • 畑中正人

    畑中正人から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    2002年更なる音楽表現を探求するためドイツ・ハンブルク市に移住。ドイツや日本の多くの友人、仕事仲間の推薦を受けハンブルク州で外国人としては初の作曲家ビザを取得した。以後特に欧州のバレエ音楽の分野で活躍。ドイツでは主にバレエダンサーのイリ・ブベニチェクやヘザー・ユルゲンセンなど欧州のトップバレエダンサーたちに楽曲を提供。担当した舞台作品は欧州各国で数々の賞を受賞している。特に2003年コペンハーゲンで初演されたイリ・ブベニチェク振付「Prisoners of feelings(日本語名:『感情の囚われ人』)」はブベニチェク兄弟の深い精神性を表現した構成とそれを支えた音楽共に高い評価を得て、その後世界各国で再演された。翌2004年にはベルリン国際映画祭公式招待、また音楽作品として「ear opener 2」がドレスデンのCYNET_art04に公式招待を受けている。畑中正人 フレッシュアイペディアより)

  • THE JAPANESE TRADITION 〜日本の形〜

    THE JAPANESE TRADITION 〜日本の形〜から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    日本の伝統を面白おかしく表現した映像作品であり、「謝罪」は、2007年に日本作品では31年ぶりにベルリン国際映画祭短編コンペティション部門に出品された。そのほかの作品も国内外の映画祭で上映されている。THE JAPANESE TRADITION 〜日本の形〜 フレッシュアイペディアより)

  • ティルダ・スウィントン

    ティルダ・スウィントンから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1988年にはベルリン国際映画祭の、1998年にはヴェネツィア国際映画祭の、2004年にはカンヌ国際映画祭の審査員を務めている。2009年のベルリン国際映画祭では審査委員長を務める。ティルダ・スウィントン フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊崇

    渡邊崇から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    2009年 平林勇監督作品『aramaki』(短編映画) - 第60回ベルリン国際映画祭短編オフィシャルコンペ部門ノミネート渡邊崇 フレッシュアイペディアより)

  • 柳町光男

    柳町光男から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    柳町 光男(やなぎまち みつお、1945年11月2日 - )は、日本の映画監督。優れた作品を生み続け、数多くのファンを持つ、社会派映画・文芸映画の分野で日本を代表する名匠と言われる。1985年に芸術選奨文部大臣賞受賞。監督した劇映画6作品のうち、5作品を世界三大映画祭(カンヌ国際映画祭・ベルリン国際映画祭・ヴェネツィア国際映画祭)に出品している。東京国際映画祭では2回受賞(1992年、2005年)。柳町光男 フレッシュアイペディアより)

601件中 21 - 30件表示

「ベルリン国際映画祭」のニューストピックワード