518件中 21 - 30件表示
  • 熊井啓

    熊井啓から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    多くの監督作が『キネマ旬報』ベスト・テンに選出され、ベルリン国際映画祭やヴェネツィア国際映画祭の各賞を受賞した。日本を代表する社会派映画の巨匠である。熊井啓 フレッシュアイペディアより)

  • 田中絹代

    田中絹代から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1974年に主演した、熊井啓監督の映画『サンダカン八番娼館 望郷』の円熟した演技は世界的に高く評価され、ベルリン国際映画祭銀熊賞、芸術選奨文部大臣賞を受賞した。田中絹代 フレッシュアイペディアより)

  • 木村功

    木村功から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    『純愛物語』(ベルリン国際映画祭監督賞受賞作品、1957年)木村功 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・トーマス・アンダーソン

    ポール・トーマス・アンダーソンから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ティーンエイジャーの頃から脚本を書き始め、ニューヨーク大学に入るがすぐに中退。テレビ番組のプロダクション・アシスタントなどを経て短編映画を製作するようになる。1992年に撮った短編がサンダンス映画祭で上映され、ハリウッドから声がかかる。初監督作品は『ハードエイト』。ポルノ業界で生きる人々を描いた監督2作目の『ブギーナイツ』のヒットで注目されるようになり、次の『マグノリア』でベルリン国際映画祭金熊賞を、『パンチドランク・ラブ』でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞。ダニエル・デイ=ルイスが石油王を演じた2007年の『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』はベルリン国際映画祭監督賞などを受賞。最新作の『ザ・マスター』でもヴェネツィア国際映画祭監督賞を受賞し、世界三大映画祭すべてで監督賞に輝いている稀有な映画監督である。ポール・トーマス・アンダーソン フレッシュアイペディアより)

  • ミロス・フォアマン

    ミロス・フォアマンから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ラリー・フリント The People vs. Larry Flynt (1996) ※ゴールデングローブ賞監督賞、ベルリン国際映画祭金熊賞ミロス・フォアマン フレッシュアイペディアより)

  • 今井正

    今井正から見たベルリン映画祭ベルリン国際映画祭

    1963年、封建社会の残酷さを描く『武士道残酷物語』で、ベルリン映画祭グランプリを受賞。同映画祭でグランプリを受賞するのは、39年後、宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』まで待たなくてはならなかった。今井正 フレッシュアイペディアより)

  • 張芸謀

    張芸謀から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1985年、西安映画製作所に配属されチェン・カイコーのもとで撮影監督を務め、1986年には呉天明監督の映画『古井戸』で主演している。1987年に『紅いコーリャン』で監督デビューし、この作品でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した。『紅いコーリャン』『紅夢』『上海ルージュ』のいわゆる「紅三部作」や、『あの子を探して』『初恋のきた道』『至福のとき』の「幸せ三部作」、『HERO』『LOVERS』のような武侠映画など、様々な作品を監督している。1992年の『秋菊の物語』と1997年の『あの子を探して』では、ヴェネツィア国際映画祭の金獅子賞に2度輝いた。張芸謀 フレッシュアイペディアより)

  • ベルトラン・タヴェルニエ

    ベルトラン・タヴェルニエから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    『田舎の日曜日』でカンヌ国際映画祭監督賞を、『ひとりぼっちの狩人たち』でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞し『L'Horloger de Saint-Paul』でベルリン国際映画祭審査員グランプリしている。ベルトラン・タヴェルニエ フレッシュアイペディアより)

  • ルイ・ゲーハ

    ルイ・ゲーハから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    日本公開作品は少ないが、ベルリン国際映画祭の銀熊賞を2度受賞、カンヌ国際映画祭のパルム・ドールに3度ノミネートされるなど活躍している。ルイ・ゲーハ フレッシュアイペディアより)

  • ピエル・パオロ・パゾリーニ

    ピエル・パオロ・パゾリーニから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    デカメロン Il Decameron (1971年) - ベルリン国際映画祭 審査員グランプリピエル・パオロ・パゾリーニ フレッシュアイペディアより)

518件中 21 - 30件表示