518件中 31 - 40件表示
  • サミュエル・L・ジャクソン

    サミュエル・L・ジャクソンから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1994年公開の『パルプ・フィクション』の、聖書を読み上げる殺し屋ジュールス役でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたことをきっかけに注目を集め、1998年の『ジャッキー・ブラウン』のオデール・ロビー役でベルリン国際映画祭男優賞を受賞など、以降も多数の映画で名脇役として活躍することとなる。サミュエル・L・ジャクソン フレッシュアイペディアより)

  • 仲代 達矢

    仲代達矢から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    劇団俳優座出身で、「無名塾」を主宰し、後進の育成にも努める。舞台演劇と映画・テレビドラマの映像分野において活動を続け、その両方において、戦後の日本を代表する俳優の1人とされている。日本映画界において、綿密に演技を練り上げる姿勢は、小林正樹、岡本喜八、五社英雄(各11本)、市川崑(6本)、黒澤明(5本)、成瀬巳喜男(各5本)、山本薩夫、舛田利雄(各3本)、豊田四郎、熊井啓、勅使河原宏、村野鐵太郎(各2本)らによって、繰り返し起用され続けてきた。市川とのコンビは48年間、岡本とのコンビは45年間に及んでいる。出演映画が米国アカデミー賞と世界三大映画祭(カンヌ・ヴェネツィア・ベルリン)の全てで受賞しており、森雅之・山形勲と並び四冠を達成している。出演作25本のキネマ旬報ベストテン入賞回数は、主演級スターとしては三國連太郎に次ぐ数字で、3位は三船敏郎である。その二人とは異なり、仲代は舞台でも活躍した。1996年紫綬褒章受章、2003年勲四等旭日小綬章受章。2007年に文化功労者となった。仲代達矢 フレッシュアイペディアより)

  • NAMIKIBASHI

    NAMIKIBASHIから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    第57回ベルリン国際映画祭の短編コンペティション部門に「THE JAPANESE TRADITION ?謝罪?」が出品された。同部門への日本作品の出品は31年ぶりとなる。NAMIKIBASHI フレッシュアイペディアより)

  • ミケランジェロ・アントニオーニ

    ミケランジェロ・アントニオーニから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    アントニオーニが世界的に知られるようになったのは、1955年に製作した『女ともだち』からで、この作品で長回し撮影を行い、彼のスタイルは確立された。1960年の『情事』は、第13回カンヌ国際映画祭で評価が割れる中、市川崑監督の『鍵』と共に審査員賞を受賞し、また既に世界のアートシーンで注目を浴びる存在となっていた。とりわけ、1960年代に撮影された作品は、3大映画祭(カンヌ、ヴェネツィア、ベルリン)全てで「最高賞受賞」という偉業を達成している。テオ・アンゲロプロスなど、後代の映画作家に与えた影響も計り知れない。ジャン=リュック・ゴダールは『JLG/自画像』(1995年)の中で、「みずから映画となる」として、ジャン・ヴィゴとならんでアントニオーニの名前を挙げている。ミケランジェロ・アントニオーニ フレッシュアイペディアより)

  • 落下する夕方

    落下する夕方から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    『落下する夕方』(らっかするゆうがた)は1998年に江國香織原作の小説を映画化した合津直枝監督、原田知世主演の日本映画。1998年第48回ベルリン国際映画祭正式招待作品。落下する夕方 フレッシュアイペディアより)

  • 熊坂出

    熊坂出から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ベルリン国際映画祭最優秀新人作品賞受賞後の会見では、『もっと素晴らしい作品を作って、またベルリンに戻ってきたい』と述べた。熊坂出 フレッシュアイペディアより)

  • デンゼル・ワシントン

    デンゼル・ワシントンから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    デンゼル・ワシントン(英語: , 本名: デンゼル・ヘイズ・ワシントン・ジュニア、, 1954年12月28日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州マウント・バーノン出身の俳優。これまでに2回アカデミー賞に輝いているほか、ベルリン国際映画祭でも2度の男優賞を受賞、さらに舞台ではトニー賞演劇主演男優賞を受賞している。アメリカを代表する映画俳優の1人であると同時に映画監督、舞台俳優でもある。デンゼル・ワシントン フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン映画祭

    ベルリン映画祭から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ベルリン映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • テイキング・サイド

    テイキング・サイドから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    2001年にハンガリーの映画監督サボー・イシュトヴァーンがイギリス、フランス、ドイツ、オーストリア、ハンガリーの共同制作の形で映画化を行い、翌2002年のベルリン国際映画祭では銀熊賞を受賞した。原作を書いたロナルド・ハーウッドが脚本を担当した。テイキング・サイド フレッシュアイペディアより)

  • フェリッド・ブーゲディール

    フェリッド・ブーゲディールから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    カンヌ国際映画祭やベルリン国際映画祭の審査員も務めた。フェリッド・ブーゲディール フレッシュアイペディアより)

518件中 31 - 40件表示