601件中 31 - 40件表示
  • ヴィットリオ・デ・シーカ

    ヴィットリオ・デ・シーカから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭の最高賞に輝き、アカデミー外国語映画賞も受賞した。俳優としてもアカデミー助演男優賞にノミネートされている。ヴィットリオ・デ・シーカ フレッシュアイペディアより)

  • 山本政志

    山本政志から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    『闇のカーニバル』(1982年)がベルリン国際映画祭・カンヌ国際映画祭に選出される。また、ロックバンドJAGATARA(じゃがたら)の活動初期にプロデューサーを務めた。江戸アケミや町田康(町田町蔵)、G.I.S.M.の横山SAKEVIなど当時のパンクロッカー達を俳優として起用する。山本政志 フレッシュアイペディアより)

  • 玄理

    玄理から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    映画を中心に出演し、主演に抜擢された映画『水の声を聞く』(山本政志監督)で第29回高崎映画祭最優秀新進女優賞を受賞。 同作品は2015年ベルリン国際映画祭フォーラム部門に正式出品、キネマ旬報日本映画ベストテン第9位、映画芸術第6位に選ばれた。玄理 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・サウラ

    カルロス・サウラから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    在学中の1955年から短編映画の製作を始め、1958年に『Cuenca』で長編映画監督としてデビュー。1962年の『Los Golfos』はマドリードの最貧地区を社会学的観点で撮影した作品であり、スペイン・ネオリアリズムの形成を試みた。1966年の『』と1968年の『』で二度のベルリン国際映画祭監督賞を受賞している。カルロス・サウラ フレッシュアイペディアより)

  • イザベル・コイシェ

    イザベル・コイシェから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ナンシー・キンケイドの短編に基づいて、2003年にはサラ・ポーリーを主演に据えてドラマ映画『死ぬまでにしたい10のこと』を制作。このスペイン=カナダ合作の映画は国際的な成功を収め、ベルリン国際映画祭で大きな称賛を受けた。2005年にはやはりポーリーを主演に据えて、『あなたになら言える秘密のこと』を制作。ティム・ロビンスやハビエル・カマラがポーリーと共演した。この作品はゴヤ賞で作品賞、監督賞、脚本賞、プロダクション賞の4部門を受賞した。2005年には18人の世界的な映画監督によるオムニバス映画『パリ、ジュテーム』に参加し、『12区』を担当した。2007年の『Invisibles』は国境なき医師団についてのドキュメンタリー映画であり、ベルリン国際映画祭のパノラマ部門に出品された。イザベル・コイシェ フレッシュアイペディアより)

  • キャタピラー (映画)

    キャタピラー (映画)から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    2010年ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品し、寺島しのぶが最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した。同映画祭の授賞式では、式典に出席できなかった寺島の代わりに本作監督の若松孝二が壇上に上がり、寺島のメールによるコメントを読み上げた。キャタピラー (映画) フレッシュアイペディアより)

  • そして、ひと粒のひかり

    そして、ひと粒のひかりから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    主演のカタリーナ・サンディノ・モレノは800人以上の中からオーディションを勝ち抜き、コロンビア人として初めてアカデミー賞にノミネートされ、ベルリン国際映画祭女優賞、インディペンデント・スピリット賞などを受賞。監督のジョシュア・マーストンもベルリン国際映画祭などで賞を受賞、高い評価を得た。そして、ひと粒のひかり フレッシュアイペディアより)

  • 岩井俊二

    岩井俊二から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ベルリン国際映画祭フォーラム部門NETPAC賞岩井俊二 フレッシュアイペディアより)

  • サミュエル・L・ジャクソン

    サミュエル・L・ジャクソンから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1994年公開の『パルプ・フィクション』の、聖書を読み上げる殺し屋ジュールス役でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたことをきっかけに注目を集め、1998年の『ジャッキー・ブラウン』のオデール・ロビー役でベルリン国際映画祭男優賞を受賞など、以降も多数の映画で名脇役として活躍することとなる。サミュエル・L・ジャクソン フレッシュアイペディアより)

  • レズビアン・ゲイ映画

    レズビアン・ゲイ映画から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    かつては同性愛へのタブー視が強かった日本以外のアジアでも同性愛映画は作られており、台湾には「孽子」(1986年)、第43回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した「ウェディング・バンケット」(1993年、台米合作)、ティーンズゲイの恋愛をポップに描いた「僕の恋、彼の秘密」(2004年)などがあり、香港にはカンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞の「さらば、わが愛/覇王別姫」(1993年)、レスリー・チャンとトニー・レオン主演「ブエノスアイレス 」(1997年)、韓国では「王の男」(2005年)、男性間の性行為が違法となっているシンガポールでは「アニバーサリー」(2009)などが作られている。2000年代以降は、製作本数も急激に増えてきている(参照)。レズビアン・ゲイ映画 フレッシュアイペディアより)

601件中 31 - 40件表示

「ベルリン国際映画祭」のニューストピックワード