601件中 41 - 50件表示
  • アスガル・ファルハーディー

    アスガル・ファルハーディーから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    第4作、カスピ海岸へ旅するイラン人グループが遭遇する悲劇を描いた『彼女が消えた浜辺』では2009年ベルリン国際映画祭の銀熊賞 (監督賞) を受賞している。2011年、ファルハーディーは再びベルリン国際映画祭に新作『別離』を出品。同映画祭における金熊賞および銀熊賞 (女優賞) と銀熊賞 (男優賞) を獲得した。アスガル・ファルハーディー フレッシュアイペディアより)

  • 愛のむきだし

    愛のむきだしから見たベルリン映画祭ベルリン国際映画祭

    園子温監督の23作目の作品で、2008年の第9回東京フィルメックスにおいて観客の投票によって選出される「アニエスベー・アワード」を受賞。2009年の第59回ベルリン映画祭に出品され、「カリガリ賞」「国際批評家連盟賞」を受賞した。第83回キネマ旬報ベスト・テンにおいて、主演の西島隆弘が「新人男優賞」、助演の満島ひかりが「助演女優賞」をそれぞれ受賞し、日本映画ベスト・テンでは第4位であった。第64回毎日映画コンクールでは「監督賞」に園子温、「スポニチグランプリ新人賞」に西島隆弘、満島ひかりがそれぞれ選ばれた。また『映画芸術』誌上の批評家による2009年度ベストテンで第1位になった。愛のむきだし フレッシュアイペディアより)

  • 本橋成一

    本橋成一から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1998年 ドキュメンタリー映画『ナージャの村』を初監督。ベルリン国際映画祭に出品。本橋成一 フレッシュアイペディアより)

  • ミロス・フォアマン

    ミロス・フォアマンから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ラリー・フリント The People vs. Larry Flynt (1996) ※ゴールデングローブ賞監督賞、ベルリン国際映画祭金熊賞ミロス・フォアマン フレッシュアイペディアより)

  • 寺島しのぶ

    寺島しのぶから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    2003年公開の『赤目四十八瀧心中未遂』で第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を、『ヴァイブレータ』では東京国際映画祭女優賞を受賞。2010年には、『キャタピラー』で、1964年の左幸子、1975年の田中絹代に次ぎ日本人として35年ぶりにベルリン国際映画祭(世界三大映画祭の1つ)の銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞した。寺島しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 園子温

    園子温から見たベルリン映画祭ベルリン国際映画祭

    2008年、『愛のむきだし』を公開。第9回(2008年)東京フィルメックスにおいて観客の投票によって選出される「アニエスベー・アワード」を受賞。第59回(2009年)ベルリン映画祭に出品され「カリガリ賞」「国際批評家連盟賞」を受賞した。続く『ちゃんと伝える』では故郷・豊川を舞台にした。園子温 フレッシュアイペディアより)

  • デンゼル・ワシントン

    デンゼル・ワシントンから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    デンゼル・ワシントン(英語: , 本名: デンゼル・ヘイズ・ワシントン・ジュニア、, 1954年12月28日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州マウント・バーノン出身の俳優、映画監督、映画プロデューサー。これまでに2回アカデミー賞に輝いているほか、ベルリン国際映画祭でも2度の男優賞を受賞、さらに舞台では、トニー賞演劇主演男優賞を受賞している。2016年の第73回ゴールデングローブ賞授賞式では、功労賞にあたるセシル・B・デミル賞を受賞した。アメリカを代表する映画俳優の1人であると同時に、映画監督、舞台俳優でもある。デンゼル・ワシントン フレッシュアイペディアより)

  • 小田一生

    小田一生から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    長崎西高等学校卒業、長崎大学在籍中から映像ディレクターとして活動を始め、2006年に公開された『笑う大天使』で劇場長編映画を初監督する。2008年には、第58回ベルリン国際映画祭のジェネレーション部門に、監督第2作目となる『カンフーくん』が正式出品されている。小田一生 フレッシュアイペディアより)

  • 仲代 達矢

    仲代達矢から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    劇団俳優座出身で演劇・映画・テレビドラマで活動を続け、戦後の日本を代表する名優の1人とされている。映画会社とは専属契約を結んでこなかったが、同じ監督の指名を受けるケースが多く、小林正樹、岡本喜八、五社英雄(各11本)、市川崑(6本)、黒澤明(5本)、成瀬巳喜男、千葉泰樹(各5本)、豊田四郎、山本薩夫、神山征二郎(各4本)、堀川弘通、舛田利雄、丸山誠治、杉江敏男、青柳信雄、小林政広(各3本)、熊井啓、勅使河原宏、村野鐵太郎、蔵原惟繕、須川栄三、阪本順治、松林宗恵、佐伯幸三(各2本)らと仕事をしてきた。このうち10人がキネマ旬報ベストテン入選5回以上の実績を持つ監督である。市川とのコンビは48年間、岡本とのコンビは45年間に及んでいる。出演映画が米国アカデミー賞と世界三大映画祭(カンヌ・ヴェネツィア・ベルリン)の全てで受賞しており、森雅之・山形勲と並び四冠を達成している。出演作25本のキネマ旬報ベストテン入賞回数は、主演級スターとしては三國連太郎に次ぐ数字で、3位は三船敏郎である。映画会社出身の俳優であった他の2人とは異なり、仲代は劇団出身の俳優であり、活動の半分は演劇である。仲代達矢 フレッシュアイペディアより)

  • NAMIKIBASHI

    NAMIKIBASHIから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    第57回ベルリン国際映画祭の短編コンペティション部門に「THE JAPANESE TRADITION ?謝罪?」が出品された。同部門への日本作品の出品は31年ぶりとなる。NAMIKIBASHI フレッシュアイペディアより)

601件中 41 - 50件表示

「ベルリン国際映画祭」のニューストピックワード