518件中 41 - 50件表示
  • イワモトケンチ

    イワモトケンチから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1990年、漫画家としての活動を終了し、映画監督に転身。初監督作品『菊池』が完成。1991年、『菊池』はドイツのベルリン国際映画祭・フォーラム部門に正式出品され、「ウォルフガンク・シュタウテ賞」(新人賞)を受賞。その後、日本で単館公開され、ロンドンやパリ、ニューヨーク、シカゴでも公開された。イワモトケンチ フレッシュアイペディアより)

  • 高嶺剛

    高嶺剛から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ほぼ一貫して、沖縄をテーマとする映画を制作している。ジョナス・メカスの影響をもとにドキュメンタリー映画を撮っていたが、『パラダイスビュー』(1985年)からは劇映画に進出。1989年の作品『ウンタマギルー』は日本映画監督協会新人賞、ベルリン国際映画祭カリガリ賞、三大陸映画祭最優秀賞などを受賞した。高嶺剛 フレッシュアイペディアより)

  • ハニ・アブ・アサド

    ハニ・アブ・アサドから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    2005年に制作した「パラダイス・ナウ」は、自爆テロに向かう2人のパレスチナ人青年を描き、この作品でアカデミー外国語映画賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞の外国語映画賞、ベルリン国際映画祭ヨーロッパ映画賞などを受賞した。ハニ・アブ・アサド フレッシュアイペディアより)

  • 田宮賢太朗

    田宮賢太朗から見たベルリン映画祭ベルリン国際映画祭

    1995年、「お正月スペシャル サザエさん カツオオーディションを受けるの巻」のカツオ役で、安達祐実を相手に堂々たる演技力を発揮し注目される。1996年、東陽一監督の「絵の中のぼくの村」のセイジ役では長塚京三、原田美枝子らベテラン陣を相手に、持ち前の肝の太さをみせ、その透き通るような透明感あふれる演技は、1996年キネマ旬報ベストテン第5位、ベルリン映画祭銀熊特別表彰などの栄誉に輝く原動力となったとまでいわれた。しかしながら、学業を優先させるとの両親の意向により、スクリーンを去った。田宮賢太朗 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・ジェゴフ

    ポール・ジェゴフから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1959年(昭和34年)、ロメールの監督する初の長篇劇映画『獅子座』のダイアローグを書き、同年、シャブロルの長篇劇映画第2作『いとこ同志』のダイアローグを書き、映画の脚本家としてデビューする。『いとこ同志』は同年のベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した。以降、シャブロルの監督作品には欠かせない脚本家となる。1960年(昭和35年)、ルネ・クレマン監督、アラン・ドロン主演の映画『太陽がいっぱい』を脚色し、ダイアローグを書いて、1962年(昭和37年)のエドガー賞最優秀外国映画賞を受賞した。ポール・ジェゴフ フレッシュアイペディアより)

  • 大旗英雄伝

    大旗英雄伝から見たベルリン映画祭ベルリン国際映画祭

    中国・香港・韓国の人気スターが出演したことで話題になった作品。主演のドゥ・チュンはTVドラマを中心に活躍する注目の若手。彼の出演する超大型歴史劇『漢武大帝』は中国で時代劇ブームを起こした。もう一人の主人公を演じるツゥイ・リンは、19歳にして第51回ベルリン映画祭新人男優賞を受賞。ヒロインの韓国人女優チュ・ジャヒョンは、06年に出演した映画『死生決断』で韓国のアカデミー賞「大鐘賞新人女優賞」をはじめ、多くの賞を受賞している。香港からはレイン・リーとデリック・ワンが参加している。大旗英雄伝 フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・アンダーソン

    ロイ・アンダーソンから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1969年にスウェーデン映画研究所を卒業。1970年に『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』で長編映画監督デビューを果たし、ベルリン国際映画祭で批評家特別賞をはじめとする4つの賞を受賞。1975年公開の『Giliap』が興行的に失敗したことから、25年間長編映画を製作しなかった。ロイ・アンダーソン フレッシュアイペディアより)

  • ローワン・ウッズ

    ローワン・ウッズから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1998年の映画『DOWN UNDER BOYS』でオーストラリア映画協会賞・監督賞を受賞、ベルリン国際映画祭金熊賞にノミネートされる。2005年のケイト・ブランシェット主演『Little Fish』(日本未公開)などを経て、2008年には『Winged Creatures』を監督。また、テレビドラマ『ファースケープ』では数話にわたって監督をつとめていた。ローワン・ウッズ フレッシュアイペディアより)

  • 槌橋雅博

    槌橋雅博から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    TRUTHS: A STREAM(1999年、ベルリン国際映画祭ブォルフガング・シュタウテ特別賞受賞)槌橋雅博 フレッシュアイペディアより)

  • AJYMフィルム

    AJYMフィルムから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    次にシャブロルは、2本の劇映画をつくる決断をする。脚本を書き、より低予算で仕上がる方を先に製作することにした。それが自らの監督デビュー作『美しきセルジュ』であった。1957年12月 - 1958年2月に撮られたこの作品は、製作予算をややオーヴァーしてしまったが、同年のカンヌ国際映画祭のコンペ外で上映され、プリセールスで収入を得た。その資金で2作目『いとこ同志』を製作した。『美しきセルジュ』は、トリュフォーの義父が経営するコシノールの配給で、1959年1月10日封切られ、13週間のファーストランで好成績をあげたが、つづく同年3月11日公開の『いとこ同志』は、もっと大規模な劇場チェーンで封切られ、14週間のファーストランで前作の4倍の興行収入をあげる大ヒットとなった。とくに、二作目は、第9回ベルリン国際映画祭で金熊賞をも受賞し、主演したブリアリとジェラール・ブランを新しいスター俳優に変えた。AJYMフィルム フレッシュアイペディアより)

518件中 41 - 50件表示

「ベルリン国際映画祭」のニューストピックワード

  • 誰にも言えない

  • 仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー

  • 897 Selectors