601件中 51 - 60件表示
  • ポール・トーマス・アンダーソン

    ポール・トーマス・アンダーソンから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    3作目の『マグノリア』(2000年)ではトム・クルーズらスターを起用し、一風変わった10人の主人公の24時間を描く群像劇を演出。興行的にはやや振るわなかったものの批評家には高い評価を受け、ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞。ポール・トーマス・アンダーソン フレッシュアイペディアより)

  • 田辺誠一

    田辺誠一から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1999年、初監督作品『dog-food』がベルリン国際映画祭に正式招待される。渋谷ユーロスペースで劇場公開。田辺誠一 フレッシュアイペディアより)

  • イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密

    イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ムーアの脚本はハリウッドの優れた製作予定のない脚本を挙げる『』2011年版の1位を飾り、映画は2014年2月、ワインスタイン・カンパニーによりヨーロピアン・フィルム・マーケットで支払われた米配給権購入額としては最高となる700万ドルで購入された。映画は2014年11月14日にイギリスで、11月28日にアメリカで、2015年3月13日に日本で公開された。イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 フレッシュアイペディアより)

  • 木村功

    木村功から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    『純愛物語』(ベルリン国際映画祭監督賞受賞作品、1957年)木村功 フレッシュアイペディアより)

  • 彼らが本気で編むときは、

    彼らが本気で編むときは、から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    第67回ベルリン国際映画祭・パノラマ部門正式出品、ジェネレーション部門特別上映作品。ベルリン国際映画祭で日本映画初のテディ審査員特別賞と観客賞(2nd place)をダブル受賞した。彼らが本気で編むときは、 フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン映画祭

    ベルリン映画祭から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ベルリン映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ミフネ

    ミフネから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    『ミフネ』(みふね、Mifunes sidste sang)は、1999年(平成11年)制作のデンマークの映画である。監督はソーレン・クラーク=ヤコブセン。ドグマ95のルールに則って製作された映画で、第49回ベルリン国際映画祭でベルリン国際映画祭銀熊賞審査員グランプリ部門を受賞した。ミフネ フレッシュアイペディアより)

  • MONDAY

    MONDAYから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    第50回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞・カリガリ特別賞・ドンキホーテ特別賞受賞。MONDAY フレッシュアイペディアより)

  • GO fish

    GO fishから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1994年 ベルリン国際映画祭 テディベア賞GO fish フレッシュアイペディアより)

  • オランダの映画

    オランダの映画から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    近年になって、多文化を扱った作品が好まれるようになっている。2004年の"Hush Hush Baby" (Shouf Shouf Habibi) と2005年の "Schnitzel Paradise" (Het Schnitzelparadijs) は両方ともモロッコ系オランダ人に焦点を当てたコメディで、成功を収めた。この2つの作品はベルリン国際映画祭で上映されている。オランダの映画 フレッシュアイペディアより)

601件中 51 - 60件表示

「ベルリン国際映画祭」のニューストピックワード