518件中 61 - 70件表示
  • ドン・ルース

    ドン・ルースから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    『ラブ・フィールド』のヒロインは彼の肉親をモデルにしている。また同作品は、ミシェル・ファイファーにベルリン国際映画祭女優賞をもたらした。ドン・ルース フレッシュアイペディアより)

  • 桜木川

    桜木川から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    監修としての映画は、40部ほど、「十三の桐」が2006年の東京国際映画祭受賞、「In Love We Trust」が2008年のベルリン国際映画祭受賞、米国映画の「Smile」が2005年のStony Brook Film Festivalに受賞。ポーランド映画の「Love In The Year Of the Tiger」、フィンランド映画の「Jade Warrior」などがある。桜木川 フレッシュアイペディアより)

  • 第1回ベルリン国際映画祭

    第1回ベルリン国際映画祭から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    第1回ベルリン国際映画祭は1951年6月6日から18日まで開催された。第1回ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ガイア・ガールズ

    ガイア・ガールズから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    第36回シカゴ国際映画祭優秀ドキュメンタリー賞を受賞、ベルリン国際映画祭や山形国際ドキュメンタリー映画祭にも出品された。ガイア・ガールズ フレッシュアイペディアより)

  • GAMA 月桃の花

    GAMA 月桃の花から見たベルリン映画祭ベルリン国際映画祭

    2007年ベルリン映画祭参加作品。太平洋戦争当時の沖縄戦終結50周年を記念して制作された。GAMA 月桃の花 フレッシュアイペディアより)

  • オランダの映画

    オランダの映画から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    近年になって、多文化を扱った作品が好まれるようになっている。2004年の"Hush Hush Baby" (Shouf Shouf Habibi) と2005年の "Schnitzel Paradise" (Het Schnitzelparadijs) は両方ともモロッコ系オランダ人に焦点を当てたコメディで、成功を収めた。この2つの作品はベルリン国際映画祭で上映されている。オランダの映画 フレッシュアイペディアより)

  • フォンス・ラデメーカーズ

    フォンス・ラデメーカーズから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ローゼンダール生まれ。舞台俳優としてデビューしたが、後に製作側に転じ、1961年に監督作品"WHEN IT DOES NOT COME FROM THE HEART"がベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員特別賞)を受賞した。1971年には『怪盗紳士アルセーヌ・ルパン/断たれた鎖』に出演もしている。 1986年にはナチス占領下の悲劇を描いた作品『追想のかなた』でアカデミー外国語映画賞を受賞した。2007年に肺気腫のためスイスの病院で死去。86歳だった。フォンス・ラデメーカーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・ガスパーレ・ナポリターノ

    ジャン・ガスパーレ・ナポリターノから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ドキュメンタリー映画で、1953年の「緑の魔境」でカンヌ国際映画祭及びベルリン国際映画祭で受賞し、世界的注目を浴びる。ジャングルの奥地へ入ったり、未開の地への取材など風習、奇習を紹介する場面もあるものの、のちのモンド映画と違い真面目に伝えたというのと世界的権威のある映画祭での受賞で一線をかく。とはいえ、これがヤコッペティをはじめとするモンド映画に影響を与えたというのは多分にある。ジャン・ガスパーレ・ナポリターノ フレッシュアイペディアより)

  • 田代廣孝

    田代廣孝から見たベルリン映画祭ベルリン国際映画祭

    1992年 - 製作・脚本も兼ねた映画『あふれる熱い涙』で映画監督デビュー。岩手県へ農村花嫁としてやって来たフィリピン女性の姿を描いた本作は、フランスで開催された「オルレアン映画祭 第一回日本映画ビエンナーレ」銀賞、「おおさか映画祭」新人監督賞、「全国映連」新人監督賞を受賞。「日本映画ペンクラブ」推薦、「健全映画観賞会」推薦を受ける。また「ベルリン映画祭」パノラマ部門、「ロンドン国際映画祭」、「サンフランシスコ国際映画」、'New Directors/New Films Festival'、「シンガポール国際映画祭」、「ハワイ映画祭」、「東京国際映画祭」、「NIPPON CINEMA NOW」などの国際映画祭に正式招待され高い評価を得る。田代廣孝 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトル・シェストレム

    ヴィクトル・シェストレムから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    撮影時には多くの困難が伴ったものの、完成後『野いちご』は批評家たちから絶賛を浴びた。特に主人公役であるシェストレムの演技は素晴らしく、監督のベルイマンが後に、『野いちご』は彼自身の映画ではなく、シェストレムのものだと語るほどであった。シェストレムは本作品で、ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞とナショナル・ボード・オブ・レビュー賞主演男優賞を受賞した。しかし撮影の激務のためか、シェストレムの健康状況は著しく悪化し、映画の公開とほぼ時を同じくして心臓病で入院することになってしまう。一度は退院したものの、1959年12月に再入院を余儀なくされたシェストレムは、その三週間後の1960年1月3日に80歳で死去。シェストレムの遺体は、数多くの著名人が眠っていることで知られるストックホルム郊外の「北の墓地」(原語:Norra begravningsplatsen)に埋葬された。ヴィクトル・シェストレム フレッシュアイペディアより)

518件中 61 - 70件表示

「ベルリン国際映画祭」のニューストピックワード