518件中 71 - 80件表示
  • オタール・イオセリアーニ

    オタール・イオセリアーニから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    緻密に計算されたカメラワークによるワンシーン・ワンショット、やや毒の効いた社会風刺と独自のユーモアを織り交ぜた作風が特徴である。ソ連出身の映画監督、アンドレイ・タルコフスキーも「現代ソ連で一番尊敬する映画作家は?」という質問に対し、イオセリアーニの名を出している。日本においても『素敵な歌と舟はゆく』(1999)、『月曜日に乾杯!』(2002)のヒットにより、次第に名を広めている。トビリシ高等音楽学院の作曲科で音楽を学んだこともあってか、楽器を演奏したり、歌を歌うシーンもイオセリアーニ作品には欠かせない。ただしBGMはほとんど使用せず、セリフも非常に少なめである。そのため退屈さを指摘されることも少なくないが、映像の構成力と音を中心とした映画本来の醍醐味を最大限に活かし、ゆったりと演出している点においては、現存する映画作家の中でも少ない方であろう。部類の酒好きとして有名であり、彼の作中でも必ずと言っていいほど酒を酌み交わすシーンが存在する。中期以降の作品からイオセリアーニ自身も出演するようになり、製作スタッフの数人もキャストに取り入れている。美術担当のマニュ・ド・ショヴィニがその例で、イオセリアーニ作品では常連となっているほどである。カンヌ国際映画祭を始め、数々の映画祭で多くの賞を受賞し、『月曜日に乾杯!』は2002年度のベルリン国際映画祭で銀熊賞と国際批評家連盟賞をダブルで受賞している。オタール・イオセリアーニ フレッシュアイペディアより)

  • ビルギット・ミニヒマイアー

    ビルギット・ミニヒマイアーから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    2001年のベルリン国際映画祭で新人女優として注目される。2004年のレックリングハウゼンでの舞台で主役を演じる。このときの共演が元で、ベルリンの人民劇場に活動拠点を移す。2005年にはトム・ティクヴァ監督作品『パフューム ある人殺しの物語』(パトリック・ジュースキント原作)で主人公の母親を演じた。ビルギット・ミニヒマイアー フレッシュアイペディアより)

  • ボー・ヴィーデルベリ

    ボー・ヴィーデルベリから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1971年公開の『愛とさすらいの青春/ジョー・ヒル』でカンヌ国際映画祭審査員賞を受賞。1995年の『あこがれ美しく燃え』でベルリン国際映画祭審査員特別賞を受賞したが、2年後に癌で死去。ボー・ヴィーデルベリ フレッシュアイペディアより)

  • 荻上直子

    荻上直子から見たベルリン映画祭ベルリン国際映画祭

    スカラシップ作品の権利を得て、長編劇場デビュー作『バーバー吉野』(2003年)を発表。ベルリン映画祭児童映画部門特別賞を受賞。荻上直子 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ドニオル=ヴァルクローズ

    ジャック・ドニオル=ヴァルクローズから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1964年、第14回ベルリン国際映画祭審査員。ジャック・ドニオル=ヴァルクローズ フレッシュアイペディアより)

  • 大嶋拓

    大嶋拓から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    昭和時代の劇作家青江舜二郎の長男として誕生。東京都立新宿高等学校、慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業。1988年、『ドコニイルノ?』がぴあフィルムフェスティバルのグランプリノミネート作品となる。同年、シナリオライターとしてデビュー。1994年、初の劇場用長編映画『カナカナ』を製作・監督。ベルリン国際映画祭、モントリオール世界映画祭、ウィーン国際映画祭などに正式招待され、「新感覚の日本映画の出現」と注目を集める。2000年には長編第2作『火星のわが家』を発表。ジャズヴォーカリスト鈴木重子と映画初出演の堺雅人という新鮮なキャスティングが話題を呼んだ。2012年、秋田県芸術選奨特別賞(ふるさと文化賞)を受賞。大嶋拓 フレッシュアイペディアより)

  • バリー・レヴィンソン

    バリー・レヴィンソンから見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    1988年、『レインマン』でアカデミー監督賞とベルリン国際映画祭金熊賞を、1997年の『ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ』でベルリン国際映画銀熊賞を受賞した。バリー・レヴィンソン フレッシュアイペディアより)

  • 沈建宏

    沈建宏から見たベルリン国際映画祭ベルリン国際映画祭

    ドリアン事務所所属。メンバーの兵役で解散した3人組アイドルユニット「元気G-Boys」の元メンバー。2003年のドラマ「原味的夏天」で注目され、2007年にはベルリン国際映画祭でテディベア賞を受賞した「刺青」にも出演。「リトル王力宏(ワン・リーホン)」とも称される。事務所の先輩であるピーター・ホーと親交が深く、実の弟のように可愛がられている。沈建宏 フレッシュアイペディアより)

  • ユリアーネ・ケーラー

    ユリアーネ・ケーラーから見たベルリン映画祭ベルリン国際映画祭

    映画への出演は1990年代初頭から。1999年の2作、『点子ちゃんとアントン』と『Aimée und Jaguar』で注目を集め、ベルリン映画祭、バイエルン映画賞、連邦映画賞でそれぞれ最優秀女優賞。2001年にはカロリーネ・リンク監督のアカデミー賞受賞作『名もなきアフリカの地で』に主演。さらに2004年、ドイツ映画『ヒトラー 〜最期の12日間〜』では、アドルフ・ヒトラーの愛人(後に妻)であるエファ・ブラウンを演じて話題になった。ドイツ国内のテレビドラマへの出演も多い。2008年にはポール・シュレイダー監督の『Adam Resurrected』に出演した。ユリアーネ・ケーラー フレッシュアイペディアより)

  • 関川秀雄

    関川秀雄から見たベルリン映画祭ベルリン国際映画祭

    劇映画『ひろしま』(日教組プロ、1953年)でベルリン映画祭長編劇映画賞受賞。記録映画『鉄路に生きる』(1951年)が1952年ヴェネツィア国際映画祭教育科学部門第2位。また、児童向け劇映画『トランペット少年』(東映教育映画部、1955年)が第9回エディンバラ国際映画祭で受賞。関川秀雄 フレッシュアイペディアより)

518件中 71 - 80件表示

「ベルリン国際映画祭」のニューストピックワード