57件中 41 - 50件表示
  • ベルリン国際映画祭

    ベルリン国際映画祭から見た生きる (映画)

    黒澤明監督『生きる』がドイツ上院議員賞ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン国際映画祭

    ベルリン国際映画祭から見たヘヴンズ ストーリー

    瀬々敬久監督『ヘヴンズ ストーリー』が国際批評家連盟賞ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン国際映画祭

    ベルリン国際映画祭から見たドイツ

    ベルリン国際映画祭(ベルリンこくさいえいがさい、, 1951年 - )は、ドイツのベルリンで毎年2月に開催される国際映画製作者連盟 (FIAPF) 公認の国際映画祭。カンヌ国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭と並び世界三大映画祭のひとつに数えられる。ドイツではベルリナーレ (Berlinale) と呼ばれることが多い。ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン国際映画祭

    ベルリン国際映画祭から見たハリウッド映画

    バウアーの引退後、1976年にヴィルフ・ドナーが第2代のディレクターに就任する。ドナーは夏開催であった本映画祭を2月開催に変更した。1980年に第3代ディレクターとしてモリッツ・デ・ハデルンが就任する。ハデルンはハリウッド映画に重点をおくセレクションを映画祭にもたらした。1994年には、映画にも及んだGATTの貿易対立で、アメリカ側が映画祭をボイコットする騒ぎとなり、ハリウッド重視の方針により大きな影響を受けた。2000年にハデルンはディレクター解任を宣告され、2001年で退任。2002年からはディーター・コスリックが第4代ディレクターとなっている。ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン国際映画祭

    ベルリン国際映画祭から見たサンダカン八番娼館 望郷

    1975年 - 熊井啓監督『サンダカン八番娼館 望郷』で、田中絹代が主演女優賞を受賞ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン国際映画祭

    ベルリン国際映画祭から見た純愛物語

    今井正監督『純愛物語』が銀熊賞 (監督賞)ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン国際映画祭

    ベルリン国際映画祭から見た武士道残酷物語

    1963年 - 今井正監督『武士道残酷物語』 が、金熊賞を受賞ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン国際映画祭

    ベルリン国際映画祭から見た愛のむきだし

    園子温監督『愛のむきだし』が国際批評家連盟賞 カリガリ映画賞ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン国際映画祭

    ベルリン国際映画祭から見たかぞくのくに

    ヤン・ヨンヒ監督『かぞくのくに』が国際アートシアター連盟賞ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • ベルリン国際映画祭

    ベルリン国際映画祭から見た海と毒薬 (映画)

    熊井啓監督『海と毒薬」が審査員特別賞ベルリン国際映画祭 フレッシュアイペディアより)

57件中 41 - 50件表示

「ベルリン国際映画祭」のニューストピックワード