255件中 31 - 40件表示
  • 新潟市新津金屋運動広場野球場

    新潟市新津金屋運動広場野球場から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    開場以来、高校野球や社会人野球の練習試合などが行われている他、2007年には、当時新潟市東区に練習拠点を置いていた北信越ベースボール・チャレンジ・リーグ(現ベースボール・チャレンジ・リーグ)の新潟アルビレックス・ベースボール・クラブが練習などに使用していた。但し収容能力が小さい上、交通の便が良くないため、公式戦はほとんど開催されていない。新潟市新津金屋運動広場野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 望月雅史

    望月雅史から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    身延高から、2010年にベースボール・チャレンジ・リーグの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブに入団。望月雅史 フレッシュアイペディアより)

  • ジャスティン・スターツ

    ジャスティン・スターツから見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    2009年4月、球団初の外国籍選手・BCリーグ初の米国籍選手として、新潟アルビレックス・ベースボール・クラブに入団。ジャスティン・スターツ フレッシュアイペディアより)

  • 三条市民球場

    三条市民球場から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    同年6月10日にパシフィック・リーグ公式戦・近鉄バファローズ対日本ハムファイターズ戦が1試合開催されたが、一軍公式戦はこれ以降開催されていない。二軍では2008年まで、読売ジャイアンツ(巨人)が毎年春(5月もしくは6月)にイースタン・リーグ公式戦を1試合開催していた。2009年からは阪神タイガースがウエスタン・リーグ公式戦を2試合開催している。また新潟市と長岡市のほぼ中間点に位置し、且つ設備が県内の野球場の中では比較的整っていることなどからベースボール・チャレンジ・リーグの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブが球団創設の2007年以来、ホームゲームの主たる開催野球場としている。三条市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • 五泉市営野球場

    五泉市営野球場から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    また2007年に発足したベースボール・チャレンジ・リーグ(当時北信越ベースボール・チャレンジ・リーグ)の新潟アルビレックス・ベースボール・クラブは、創立当初は新潟市東区に拠点を置いていたことなどから、当球場を練習場のひとつとして使用していた他、現在も年間数試合公式戦を開催している。五泉市営野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 田中崇博

    田中崇博から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    2010年1月16日、ベースボール・チャレンジ・リーグの富山サンダーバーズに入団が決定。登録名は「崇博」とした。同年8月27日、病気の治療に専念するため、8月31日付けでの退団が発表された。田中崇博 フレッシュアイペディアより)

  • 佐山裕亮

    佐山裕亮から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグ、群馬ダイヤモンドペガサス スタジアムMC(2008年)佐山裕亮 フレッシュアイペディアより)

  • 徳田将至

    徳田将至から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    帰国後、2008年にBCリーグの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブに入団。同年10月に退団。徳田将至 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡レッドワーブラーズ

    福岡レッドワーブラーズから見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    監督・コーチや選手との契約が切れるため、チームとしてはいったん解散する。選手のうち希望者は10月30日に非公開で行われた救済ドラフトでリーグ内他球団の指名対象となり、12名がリーグ内の高知を除く他の4球団から指名を受け、うち10名が指名球団への入団が内定した。残る2名のうち1名は個別にリーグ内他球団に移籍した。希望者で指名されなかった4名についてはリーグの新人ドラフト対象者扱いとなったが、1名が独自トライアウトでリーグ内他球団に移籍した。この結果、最終的に12名がリーグ内他球団に移籍することとなった。このほか、ベースボール・チャレンジ・リーグの球団に1名が移籍している。福岡レッドワーブラーズ フレッシュアイペディアより)

  • ウェーバー方式

    ウェーバー方式から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    2005年?2007年はドラフトが10月の高校生対象のものと11月の大学・社会人(四国アイランドリーグplusやベースボール・チャレンジ・リーグなど独立リーグの所属選手含む)対象のものの2回にわたって開催されているが、高校生対象のドラフトの場合はシーズンの途中に行われるので、奇数巡の場合はオールスターで勝ち越したリーグに所属する最下位チーム→オールスターで負け越したリーグに所属する最下位チーム→オールスター勝ち越しリーグの5位チーム…というウェーバー方式、偶数巡の時はその逆でオールスターで負け越したリーグ所属の1位チーム→オールスター勝ち越しリーグの1位チーム→オールスター負け越しリーグの2位チーム…という逆ウェーバー方式で行われた。チーム順位はドラフト開催1週間前時点の順位を対象とする。ウェーバー方式 フレッシュアイペディアより)

255件中 31 - 40件表示

「ルートインBCリーグ」のニューストピックワード