255件中 41 - 50件表示
  • 小西翔

    小西翔から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    BCリーグ初年度の2007年シーズンは監督の後藤孝志から主将に指名され、主に3番で先発出場し打率.282、2本塁打、20打点を挙げたが、同年限りで構想外となり、翌2008年に発足する新球団群馬ダイヤモンドペガサスへの移籍が決まった。小西翔 フレッシュアイペディアより)

  • 中村尚史

    中村尚史から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    2011年5月2日、ベースボール・チャレンジ・リーグの信濃グランセローズに入団した。同年10月5日、球団との来季の契約を結ばないことが決まり退団した。中村尚史 フレッシュアイペディアより)

  • 首位打者

    首位打者から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグでは2010年に大谷尚徳(群馬ダイヤモンドペガサス)が首位打者を獲得した。首位打者 フレッシュアイペディアより)

  • 野田征稔

    野田征稔から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    2008年、ベースボール・チャレンジ・リーグの福井ミラクルエレファンツ野手コーチに就任。2010年からは監督を務める。2011年のシーズンを最後に勇退した。野田征稔 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟市小針野球場

    新潟市小針野球場から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    その後、県は全国各地から寄せられた義援金と復興支援金の一部を活用し、市内で不足していたホール施設を整備する構想を打ち出した。その後検討を経て「震災記念館」(仮称、現在の新潟県民会館)を建設する方針を固め、1965年4月5日に建設予定地を白山球場の敷地とする方針を内定した。既に市内では、国体に合わせて1963年に竣工した新潟市営鳥屋野野球場(現鳥屋野運動公園野球場)の供用を開始しており、老朽化した白山球場は廃止しても支障が無いというのが大きな理由であった。しかし、県内の野球関係者と県・新潟市議会の革新派は競技施設が減少することを危惧し、猛反発を示した。結局、市が代替策として郊外の小針地内に新たな野球場を整備する方針を示したことから事態は収束し、白山球場は廃止。県民会館は1967年に竣工した。こうした過程を経て1970年に竣工したのが、現在の小針野球場である。建設の目的がアマチュア野球の競技施設数の維持ということもあって、収容人数は5,000人規模に抑制され、外野スタンドは設けられなかった。開催されるアマチュア野球も現在に至るまで高校野球や少年野球などが中心で、プロ野球は開場以来NPB、ベースボール・チャレンジ・リーグも含め、開催実績は無い。新潟市小針野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のグランドチャンピオンシップ (独立リーグ)

    2011年のグランドチャンピオンシップ (独立リーグ)から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    2011年のグランドチャンピオンシップは、2011年10月22日から10月29日に、四国アイランドリーグplus優勝チームの徳島インディゴソックスと、ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)優勝チームの石川ミリオンスターズによる、野球独立リーグ日本一の座をかけて行われたグランドチャンピオンシップである。2011年のグランドチャンピオンシップ (独立リーグ) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のグランドチャンピオンシップ (独立リーグ)

    2008年のグランドチャンピオンシップ (独立リーグ)から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    2008年のグランドチャンピオンシップは、2008年10月17日から10月28日に、四国・九州アイランドリーグ(現・四国アイランドリーグplus)優勝チームの香川オリーブガイナーズと、ベースボール・チャレンジ・リーグ優勝チームの富山サンダーバーズによる、野球独立リーグ日本一の座をかけて行われたグランドチャンピオンシップである。2008年のグランドチャンピオンシップ (独立リーグ) フレッシュアイペディアより)

  • 三沢今朝治

    三沢今朝治から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    現在はBCリーグ・信濃グランセローズを運営する「長野県民球団」の代表取締役社長を務める。三沢今朝治 フレッシュアイペディアより)

  • 武部知春

    武部知春から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    大学卒業と同時にチアも引退する事となったが、2006年に取材で訪れた日本選手権大会において、地元の富山県立富山商業高等学校、富山第一高等学校が揃って決勝進出、しかも富山商業は北陸勢初の3位入賞を果たした事に刺激を受け、その後、地元のチアリーディングチームの富山チアリーディングクラブ・THUNDERBIRDS(ベースボール・チャレンジ・リーグの富山サンダーバーズとは無関係)に所属しチアを再開、現役女子アナチアリーダーとなった。武部知春 フレッシュアイペディアより)

  • 今・おも・ラジオ〜石川のラジオは今も面白い〜

    今・おも・ラジオ〜石川のラジオは今も面白い〜から見たベースボール・チャレンジ・リーグベースボール・チャレンジ・リーグ

    NHK金沢放送局 - 『FMジュークボックス』、BCリーグ応援実況中継、『金沢発ラジオ深夜便』(2010年9月24日放送分)今・おも・ラジオ〜石川のラジオは今も面白い〜 フレッシュアイペディアより)

255件中 41 - 50件表示