前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示
  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見た星野真澄

    10月29日 - プロ野球ドラフト会議で、前田祐二がオリックス・バファローズから4位で指名され、引き続いて行われた育成選手枠のドラフトで高田周平が阪神タイガースから、星野真澄が読売ジャイアンツからそれぞれ指名される。支配下登録枠での指名はリーグ史上初めて。ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見た高田周平

    10月29日 - プロ野球ドラフト会議で、前田祐二がオリックス・バファローズから4位で指名され、引き続いて行われた育成選手枠のドラフトで高田周平が阪神タイガースから、星野真澄が読売ジャイアンツからそれぞれ指名される。支配下登録枠での指名はリーグ史上初めて。ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見た水島新司

    アドバイザー : 水島新司ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見たオリックス・バファローズ

    BCリーグは2004年、NPB加盟のオリックス・ブルーウェーブと大阪近鉄バファローズの球団統合問題をきっかけに起こったプロ野球再編問題に端緒を発する。この問題の渦中、新潟県と石川県で新プロ野球球団の設立構想が起こったが、その後両球団の統合によるオリックス・バファローズの設立と東北楽天ゴールデンイーグルスの新規参入によって事態が収束したため、新潟側が「独立リーグの創設」に方針を転換。石川側と合流して検討を進め、2006年春に計画が具体化したものである。ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見た阪神タイガース

    10月30日 - プロ野球ドラフト会議で、野原祐也が阪神タイガースから、鈴江彬が千葉ロッテマリーンズから、柳川洋平が福岡ソフトバンクホークスからそれぞれ育成選手枠で指名される。ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見た正田樹

    11月24日 - 元日本ハム・阪神の正田樹が東京ヤクルトスワローズへ入団が決定。BCリーグを経てのNPB復帰は初めて。ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見た前田祐二

    10月29日 - プロ野球ドラフト会議で、前田祐二がオリックス・バファローズから4位で指名され、引き続いて行われた育成選手枠のドラフトで高田周平が阪神タイガースから、星野真澄が読売ジャイアンツからそれぞれ指名される。支配下登録枠での指名はリーグ史上初めて。ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見た石毛宏典

    5月15日 - 新潟市内で記者会見が行われ、詳細が発表される。開設準備室の村山代表、アルビレックス新潟の池田弘会長、漫画家の水島新司が出席。また、四国アイランドリーグの石毛宏典コミッショナーも出席し、将来的には交流戦を行いたい意向を表明。ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    BCリーグは2004年、NPB加盟のオリックス・ブルーウェーブと大阪近鉄バファローズの球団統合問題をきっかけに起こったプロ野球再編問題に端緒を発する。この問題の渦中、新潟県と石川県で新プロ野球球団の設立構想が起こったが、その後両球団の統合によるオリックス・バファローズの設立と東北楽天ゴールデンイーグルスの新規参入によって事態が収束したため、新潟側が「独立リーグの創設」に方針を転換。石川側と合流して検討を進め、2006年春に計画が具体化したものである。ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見た福井ミラクルエレファンツ

    また2009年7月1日にはリーグ・各球団の収支報告が発表された。リーグ7法人の総経常損失額は約1億3700万円と、前年よりも若干圧縮された。既存4球団はコストの圧縮に努めるなどした結果、収支の改善に成功。新規加入2球団のうち群馬は大口スポンサーを確保するなどし、経常損失額は設立初年度ながら既存球団並みであった。しかし、一方の福井は運営環境を充足できるだけのスポンサーを確保できず、前期・後期とも最下位に終わるなどチーム成績も低迷して観客動員数も伸び悩み、2009年5月末時点で約5300万円の累積赤字を計上した。このため、福井の運営会社「スポーツコミュニティ福井」は7月2日の臨時株主総会で旧経営陣を刷新。取締役6名のうち5名が福井新聞社の関係者となり(もう1名はBCリーグ代表の村山哲二)、同社から全面支援を受けることになった(詳細は福井ミラクルエレファンツを参照)。ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
117件中 1 - 10件表示

「ルートインBCリーグ」のニューストピックワード