117件中 81 - 90件表示
  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見た上信越

    公式戦の試合数は前年同様1チームあたり72試合だが、地区制と2期制を導入し、カードの編成方法も大幅に変更された。まずリーグを3球団ずつ「北陸地区」(福井・石川・富山)と「上信越地区」(新潟・信濃・群馬)の2地区に分割し、さらにシーズンも前期と後期に分け、それぞれ優勝を決することとした。各チームは1期あたり、同一地区のチームと18試合(ホーム・ビジター各9試合)、他地区のチームと18試合(同各6試合)を行った。ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見たノーヒットノーラン

    5月29日 - 群馬の清水貴之が新潟戦でリーグ初となるノーヒットノーランを達成。ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見たベースボール北海道

    この他にも北海道では新たな独立リーグとしてベースボール北海道の構想が2009年11月に発表され、2011年春の公式戦開始を目指していたが、予定時期を過ぎても具体化していない。ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見たオリックス・バファローズ (ファーム)

    6月15日 富山 4-5 オリックス(アルペン)ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見た福井新聞

    また2009年7月1日にはリーグ・各球団の収支報告が発表された。リーグ7法人の総経常損失額は約1億3700万円と、前年よりも若干圧縮された。既存4球団はコストの圧縮に努めるなどした結果、収支の改善に成功。新規加入2球団のうち群馬は大口スポンサーを確保するなどし、経常損失額は設立初年度ながら既存球団並みであった。しかし、一方の福井は運営環境を充足できるだけのスポンサーを確保できず、前期・後期とも最下位に終わるなどチーム成績も低迷して観客動員数も伸び悩み、2009年5月末時点で約5300万円の累積赤字を計上した。このため、福井の運営会社「スポーツコミュニティ福井」は7月2日の臨時株主総会で旧経営陣を刷新。取締役6名のうち5名が福井新聞社の関係者となり(もう1名はBCリーグ代表の村山哲二)、同社から全面支援を受けることになった(詳細は福井ミラクルエレファンツを参照)。ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見たプロ野球選手

    指導者には元プロ野球選手を中心に、各チーム監督1名とコーチ(選手兼任も含む)2名が常任している。ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見たさいたま市営浦和球場

    5月12日 フューチャーズ 2-7 BCリーグ選抜(市営浦和ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見た福井市スポーツ公園野球場

    6月17日 福井 0-14 オリックス(フェニスタベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見た石川県立野球場

    8月7日 北信越BCリーグ選抜 1-16 四国IL選抜(石川県立ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ベースボール・チャレンジ・リーグ

    ベースボール・チャレンジ・リーグから見た育成選手制度 (日本プロ野球)

    11月19日 - プロ野球ドラフト会議で石川の内村賢介が東北楽天ゴールデンイーグルスに育成選手として指名され、リーグからの最初のNPB指名選手となる。ベースボール・チャレンジ・リーグ フレッシュアイペディアより)

117件中 81 - 90件表示