915件中 91 - 100件表示
  • グリフォン・ブルー・ド・ガスコーニュ

    グリフォン・ブルー・ド・ガスコーニュから見たペットペット

    1960年代に獲物の減少によって需要が失われ、ほぼ絶滅の状態に陥った。幸い少数だが熱心な愛好家がいたことにより保護が行われ、死滅寸前のところで何とか種として復活することができた。しかし、今日もその頭数は非常に少なく、絶滅が危惧されている。フランス国内でもかなり珍しい犬種で、まず国外でその姿をみることは無いといわれている。大半がショードッグとして飼育され、ペットとして飼育されているものは数少ない。又、ブルー・ド・ガスコーニュ犬種(グラン・ブルー・ド・ガスコーニュ、プティ・ブルー・ド・ガスコーニュ、バセー・ブルー・ド・ガスコーニュ、そして本種)の中で最も生存頭数が少ない。グリフォン・ブルー・ド・ガスコーニュ フレッシュアイペディアより)

  • シンハラ・ハウンド

    シンハラ・ハウンドから見たペットペット

    スリランカ土着の犬種だが、大半はごく近年まで野良暮らしをしていた。昔から一部の犬は飼い慣らされて番犬やペットとして飼育されていたが、ほとんどの犬は野外生活を行い、交配も自然に行われていた。シンハラ・ハウンド フレッシュアイペディアより)

  • ブリアード

    ブリアードから見たペットペット

    第二次世界大戦の後はその人目を引く容姿と温和な性質から世界的に人気の犬種となり、現在は実用犬としてよりもペットやショードッグとして飼育されることのほうが多くなってきている。ブリアード フレッシュアイペディアより)

  • プティ・ガスコン・サントンジョワ

    プティ・ガスコン・サントンジョワから見たペットペット

    今日は希少化が進み、絶滅が危惧されている。フランス国外ではほとんど飼育されていない。原産国ではショードッグ、実猟犬として飼育される個体が大半で、ペットとして飼育されているものは珍しい。プティ・ガスコン・サントンジョワ フレッシュアイペディアより)

  • マジェスティック・ツリー・ハウンド

    マジェスティック・ツリー・ハウンドから見たペットペット

    ほぼ全ての個体がアメリカ合衆国内で猟犬として飼育されている。ペットやショードッグとして飼育されているものは稀である。まずアメリカ国外で見かけることのない犬種である。マジェスティック・ツリー・ハウンド フレッシュアイペディアより)

  • ゴジラマガジン

    ゴジラマガジンから見たペットペット

    ネコンタ - 対ゴジラ戦用に育てられた生物兵器(ペット兼備品)。ペットキャリーから出すと巨大化するが、煮干しを与えると元に戻る。なお、当初は「ねこ一号(仮名)」だったが、読者募集により命名された。ゴジラマガジン フレッシュアイペディアより)

  • ポデンゴ・ポルトゥゲス・グランデ

    ポデンゴ・ポルトゥゲス・グランデから見たペットペット

    原産国外ではほとんど飼育されていない。飼育されているものの多くは実猟犬かショードッグとして飼われていて、ペットとして飼育されているものはまれである。ポデンゴ・ポルトゥゲス・グランデ フレッシュアイペディアより)

  • めでぃかるまじかる

    めでぃかるまじかるから見たペットペット

    魔法使いウィルの診療所で医療魔法の勉強をしている17歳の少女ピュア。その理由は、医療魔法で成長薬を作り、幼児のような姿から美しく成長しようという、非常に不純なものだった。ある日、診療所の留守を預かっていた彼女の元に、急患が現れた。その急患の老人を救うために、彼女は、ウィルのペットの猫のアクアマリンと、老人の孫のミトと共に、薬草があるという森に向かう。めでぃかるまじかる フレッシュアイペディアより)

  • 悩殺ジャンキー

    悩殺ジャンキーから見たペットペット

    ペットとしてボブとサムとミッキーとゴンザレスを飼っている。悩殺ジャンキー フレッシュアイペディアより)

  • ぼ・ん・ど

    ぼ・ん・どから見たペットペット

    単行本6巻71話で初登場。綿矢りさのパロディー。デビュー2作目となる小説『鯖おり』で梶原有三文学賞を柏木とW受賞した女子大生作家。20歳前後。美麗な容姿とは裏腹に、意外と毒舌家で策略的思考を持っている。文才に長けており、デビュー作の『障子に妖精(フェアリー)』は、話題作を嫌い滅多に作家を褒めない柏木が「ナイーブな佳作」と評価するほど。『鯖おり』が熱帯魚と少女の物語であったことと授賞式でのてんとのツーショット写真が掲載されたことで、後にペット系雑誌に取り上げられるようになったことから、単行本7巻75話では青柳からハムスターを貰って買い始めた。後に動物エッセイ『動物絶倒』を出版し、こちらも葛谷の「聖書(バイブル)」となっている。ぼ・ん・ど フレッシュアイペディアより)

915件中 91 - 100件表示