915件中 11 - 20件表示
  • 愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律

    愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律から見たペットペット

    愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(あいがんどうぶつようしりょうのあんぜんせいのかくほにかんするほうりつ、平成20年6月18日法律第83号)は、日本の法律。愛がん動物(ペット)のための飼料(ペットフード)の安全性確保等を目的とし、ペットフード安全法ともいう。2009年(平成21年)6月1日に施行。愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • テリー伊藤のトラブルハンター

    テリー伊藤のトラブルハンターから見たペットペット

    第11回:ペットトラブル(ゲスト:室井佑月)テリー伊藤のトラブルハンター フレッシュアイペディアより)

  • 動物虐待

    動物虐待から見たペットペット

    この行為の多くは、数量の上では自分の飼っているペットや家畜に対する飼育行為の不備や怠慢に拠るものが最も多いとされ、一部には自分の所有するそれら動物に対して暴行を働いたり殺害する行為が含まれる。その一方では他人の所有物であるペットや家畜、または付近の野良猫や野生動物への加虐(暴行・殺害)行為も存在し、特に所有権の問題も絡んで、多くの社会では犯罪行為(器物損壊)と見なされる。動物虐待 フレッシュアイペディアより)

  • ナミゲンゴロウ

    ナミゲンゴロウから見たペットペット

    そして、最近ではブラックバスによる食害が本種の減少に拍車をかけており、実際に秋田県で駆除のために捕獲されたオオクチバスの胃から本種成虫やガムシ、オオコオイムシなどが出てきている。また、アメリカザリガニによる食害や、1990年代以降にペットとしての需要が高まったことで業者やマニアによる無秩序な採集により、残った生息地でも生息地の破壊による絶滅及び個体数の激減が起きている。ナミゲンゴロウ フレッシュアイペディアより)

  • 野良猫

    野良猫から見た愛玩動物ペット

    ネコが日本に渡来した時期は不明ながら、古代からネズミ除けとして農家などで飼われ、また珍しいネコが愛玩用として中国から輸入されることもあった。後者の場合は現代のイヌのように繋いで飼われるのが一般的であった。しかし1602年(慶長7年)、法令によってネコを繋いで飼育する行為を禁止した。これ以後、それまではごく限られた富裕層によって、ネズミ避けや愛玩動物として飼われていたネコたちが、自由に出歩くようになり、その過程で交雑・繁殖が進んだと思われる。こうして住居から戸外へ放たれ、自由に暮らすようになったネコたちのうち、その多くはなお人間の作り出した生活環境に依存した暮らしを送っており、生活圏を山野に移して、先祖でもあるヤマネコ類のように完全に野生化したものは、数としては比較的少ないと思われる。野良猫 フレッシュアイペディアより)

  • カラーひよこ

    カラーひよこから見たペットペット

    カラーひよことは、鶏の雛であるひよこの羽毛に染料で着色を施したもので、主に愛玩用として縁日などで売られている。カラーひよこ フレッシュアイペディアより)

  • 萌え

    萌えから見た愛玩ペット

    俗語としての萌えは、一部文化において、アニメ・漫画・ゲームソフト等様々なサブカルチャー分野の作品で出てくる、対象(主として登場人物)への好意・恋慕・傾倒・執着・興奮等のある種の感情を表す言葉である。「対象物に対する狭くて深い感情」という意味を含み、それよりは浅くて広い同種の感情を表す「好き」という言葉を使うのにふさわしくない場合に用いられる。最大公約数的には架空の人物、アイドル、無機物といった現実的には恋愛対象になりえない対象に対する、自覚的な「擬似恋愛」といった定義でくくることもできるが、必ずしも恋愛感情とは同一視されない。愛玩的対象に対して、恋愛感情ではない何かが感情として現れることを、萌え元来の意味である芽が出ることから何かに芽生えるという意味で使われていったとされる。「心に春を感じる」といった語感で用いられる。萌え フレッシュアイペディアより)

  • オウム目

    オウム目から見たペットペット

    インコはカラス、カケス、カササギと並んで最も知能の高い鳥の一つであり、またその人の言葉をまねする能力からペットとして高い人気を博している。ペット売買を目的とした捕獲が、これ以外の狩猟、居住地の破壊および移入種との競合と同様に、野生の生息数の減少を引き起こしており、ほかのどんな種類の鳥のグループよりも多くのインコの種が絶滅の危機に瀕しているオウム目 フレッシュアイペディアより)

  • アライグマ

    アライグマから見たペットペット

    アライグマはその可愛らしい風貌からペットとして人気が高かった。原産地であるアメリカでもペットとして飼育されており、例えば、アメリカ合衆国第30代大統領カルビン・クーリッジの妻であるグレース・クーリッジは、レベッカという名のアライグマを可愛がっていたという逸話がある。自宅の庭先に現れる野生のアライグマに餌付けを行い、ペット同然に扱う人もいる。(ただし野生生物への餌付けは、個体数の増加のほかに、感染症や物理的傷害を受けるリスクがあるため好ましくないとされている。)アライグマ フレッシュアイペディアより)

  • マンション

    マンションから見たペットペット

    近年では人々のライフスタイルが多様化しているため、特定の特徴を備えたマンションを求める人々もいる。例えば、ペットを飼う人々のために「ペット飼育可」という条件になっているマンション、さらにはペット用に室内設計に工夫されているそれ、音楽家や趣味で音楽に熱中している人々のために防音室が各戸に設置してあるマンション、オートバイ好きの人々のためにオートバイを各戸に持ち込むことができるマンション、等々等々を企画するデベロパーがあり、そういった特徴を持つ人々の間では人気を博している(こうしたマンションでは、住民どうしが似たライフスタイルを持ち、互いを理解しやすいため、後述するような住民同士のトラブルがある程度防げる面もある)。マンション フレッシュアイペディアより)

915件中 11 - 20件表示