812件中 11 - 20件表示
  • 日本動物高度医療センター

    日本動物高度医療センターから見たペットペット

    現代社会ではペットは家族の一員であり、ペットの早期癌検診や,ペットが弱ってきた際により詳しい診断や一般的に治療が困難な症例への最適な判断と処置が求められているという需要に応えるために設立された。また,ペットを失った飼い主の心のケアを担当するカウンセラーも置いている。日本動物高度医療センター フレッシュアイペディアより)

  • 愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律

    愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律から見たペットペット

    愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(あいがんどうぶつようしりょうのあんぜんせいのかくほにかんするほうりつ、平成20年6月18日法律第83号)は、日本の法律。愛がん動物(ペット)のための飼料(ペットフード)の安全性確保等を目的とし、ペットフード安全法ともいう。2009年(平成21年)6月1日に施行。愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • イヌ

    イヌから見たペットペット

    イエイヌは人間の手によって作り出された動物群である。最も古くに家畜化されたと考えられる動物であり、現在も、ネコ Felis silvestris catus と並んで代表的なペットまたはコンパニオンアニマルとして、広く飼育され、親しまれている。イヌ フレッシュアイペディアより)

  • ネコ

    ネコから見たペットペット

    ネコ(猫)とは、狭義にはネコ目(食肉目)- ネコ亜目- ネコ科- ネコ亜科- ネコ属に分類される小型哺乳類であるイエネコ(学名:)の通称である。人間によくなつくためイヌと並ぶ代表的なペットとして世界中で広く飼われている。ネコ フレッシュアイペディアより)

  • ハムスター

    ハムスターから見たペットペット

    ハムスター (Hamster) は、キヌゲネズミ亜科に属する齧歯類の24種の総称。夜行性で雑食性である。肩まで広がる大きな頬袋を持つのが特徴。狭義にはもっぱらゴールデンハムスター(別名シリアンハムスター)をさす。野生のゴールデンハムスターは絶滅が危惧されているが、飼育・繁殖が容易であるため、ペットや実験用動物として繁殖されて知名度は高い。ハムスター フレッシュアイペディアより)

  • 萌え

    萌えから見た愛玩ペット

    原初は異性・小動物等の愛玩的対象に対して熱烈にのめり込み、恋愛感情や性的欲求に近い感情が「燃え上がる」という意味のスラングから来たものであるとみられている。元はパソコンでの「燃える」の誤変換から発生したと見られる。また、愛玩的対象に対して、恋愛感情ではない何かが感情として現れることを、萌え元来の意味である芽が出ることから何かに芽生えるという意味の俗語として使われていったとされる。「心に春を感じる」といった語感で用いられる。萌え フレッシュアイペディアより)

  • マンション

    マンションから見たペットペット

    近年では人々のライフスタイルが多様化しているため、特定の特徴を備えたマンションを求める人々もいる。例えば、ペットを飼う人々のために「ペット飼育可」という条件になっているマンション、さらにはペット用に室内設計に工夫されているそれ、音楽家や趣味で音楽に熱中している人々のために防音室が各戸に設置してあるマンション、オートバイ好きの人々のためにオートバイを各戸に持ち込むことができるマンション、等々等々を企画するデベロパーがあり、そういった特徴を持つ人々の間では人気を博している(こうしたマンションでは、住民どうしが似たライフスタイルを持ち、互いを理解しやすいため、後述するような住民同士のトラブルがある程度防げる面もある)。マンション フレッシュアイペディアより)

  • チャック・ノリス・ファクト

    チャック・ノリス・ファクトから見たペットペット

    (ゴジラは存在しない、それは、日本を攻撃することを決意したチャックのペットのイグアナだ)チャック・ノリス・ファクト フレッシュアイペディアより)

  • オウム目

    オウム目から見たペットペット

    インコはカラス、カケス、カササギと並んで最も知能の高い鳥の一つであり、またその人の言葉をまねする能力からペットとして高い人気を博している。ペット売買を目的とした捕獲が、これ以外の狩猟、居住地の破壊および移入種との競合と同様に、野生の生息数の減少を引き起こしており、ほかのどんな種類の鳥のグループよりも多くのインコの種が絶滅の危機に瀕しているオウム目 フレッシュアイペディアより)

  • ウズラ

    ウズラから見たペットペット

    ペットとして飼育されることもある。日本では室町時代には籠を用いて本種を飼育されていたとされる。江戸時代には武士の間で鳴き声を競い合う「鶉合わせ」が行われ、慶長期から寛永にかけてをピークに大正時代まで行われた。一方で鳴き声を日本語に置き換えた表現(聞きなし)として「御吉兆」などがあり、珍重されることもあった。飼育スペースを取らないこと、世代交代が早いことから実験動物として用いられることもある。ウズラ フレッシュアイペディアより)

812件中 11 - 20件表示

「ペット」のニューストピックワード