812件中 21 - 30件表示
  • 獣医師

    獣医師から見たペットペット

    獣医師でない者が、飼育動物(牛・馬・豚・めん羊・山羊・犬・猫・鶏・うずら・その他獣医師が診察を行う必要があるものとして政令で定めるものに限る)の診療を業務としてはならない業務独占資格でもあり、獣医師でない者が「獣医師」の名称を使用したり、「動物医」・「家畜医」・「ペット医」等の紛らわしい名称も用いたりしてはならない名称独占資格でもある。獣医師 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たペットペット

    外来種の定義を考慮すると、ペットや家畜、園芸植物などのほとんどの生物は広義の外来種であり、常に多種多様な外来種が世界中に導入されている。しかし、導入される外来種がすべて定着するわけではなく、実際に野外へ定着して分布を拡大させる生物(いわゆる侵略的外来種)の割合は10種に1種ともいわれている。したがって、多くの外来種は導入されても野生化することができず、野生化したとしても数世代の短い期間で消滅してしまう。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • セキセイインコ

    セキセイインコから見たペットペット

    セキセイインコ(背黄青鸚哥、学名Melopsittacus undulatus) は、オウム目・インコ科・セキセイインコ属に分類される鳥。オーストラリア原産の小型のインコで、ペットとして人気が高い。セキセイインコ フレッシュアイペディアより)

  • アライグマ

    アライグマから見たペットペット

    アライグマはその可愛らしい風貌からペットとして人気が高かった。原産地であるアメリカでもペットとして飼育されており、例えば、アメリカ合衆国第30代大統領カルビン・クーリッジの妻であるグレース・クーリッジは、レベッカという名のアライグマを可愛がっていたという逸話がある。自宅の庭先に現れる野生のアライグマに餌付けを行い、ペット同然に扱う人もいる。(ただし野生生物への餌付けは、個体数の増加のほかに、感染症や物理的傷害を受けるリスクがあるため好ましくないとされている。)アライグマ フレッシュアイペディアより)

  • 野犬

    野犬から見たペットペット

    野犬は、飼い主のいない犬であるが、単に野犬というと野生化した犬を含む。ペットが捨てられるなどしている場合は野良犬と表現する。野生化した犬ではオーストラリアのディンゴ(アボリジニ渡来の際に持ち込まれた外来生物)が良く知られているが、いったん家畜として人間に飼われ、後に野生化して群れを作って犬のみで生活している場合が狭義の野犬である。野犬 フレッシュアイペディアより)

  • トリプーリ・ドッグ

    トリプーリ・ドッグから見たペットペット

    尚、猟犬としての仕事が減りつつある現在、番犬やペットとして飼育されることのほうが多くなってきている。トリプーリ・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • ケマー・ストック・マウンテン・カー

    ケマー・ストック・マウンテン・カーから見たペットペット

    この他、子供の遊び相手をしたり、赤ちゃんの子守りをすることもでき、もちろんペットやショードッグとしても使うことができる。このため、「ケマー・ストック犬は家に何頭居ても、飼育費用を上回る働きをする」と比喩される。ケマー・ストック・マウンテン・カー フレッシュアイペディアより)

  • カミュ・カー

    カミュ・カーから見たペットペット

    筋肉質で引き締まった体を持つカーである。マズルは短めで脚は長い。明朗な顔立ちをしていて、耳は垂れ耳、尾は垂れ尾。コートは厚いショートコートで、毛色はレッド、ライトレッド、レッドがかったブリンドル(いわゆる赤虎毛)などがある。中型犬サイズで、性格は落ち着きがあり、従順で聞き分けがよい。しつけの飲み込みが早く、猟犬としてもペットとしても飼いやすい犬である。友好性も高く人懐こいが、リスなどの小動物は仕事柄により獲物とみなしてしまうため、一緒にするべきではない。運動量は普通である。カミュ・カー フレッシュアイペディアより)

  • ビション・ヨーキー

    ビション・ヨーキーから見たペットペット

    1980年代に誕生した犬種である。もともとはペットとして飼育されていたビション・フリーゼとヨークシャー・テリアの異種交配から生まれた単なる雑種犬に過ぎなかったが、ロンドンの獣医師に賞賛され、それをもとに改良と交配を重ねて犬種として固定され、出来上がった。ビション・ヨーキー フレッシュアイペディアより)

  • シェンコッタ・ドッグ

    シェンコッタ・ドッグから見たペットペット

    容姿は日本犬と同じスピッツタイプのものであるが、それよりもっと筋肉隆々で脚が長い。耳は立ち耳、尾は鎌尾(カマのように背を向き曲がった尾形)。コートは硬めのショートコートで、毛色はブラックやブラック・アンド・ホワイト、ブラク・アンド・タン、レッドブラウンなど様々である。稀に虎毛のものもいる。性格は主人に対し忠実で従順だが、勇猛果敢で攻撃的である。パックのメンバーに対しては友好的だが、主人とそれ以外にはまず慣れない。生粋の猟犬種で、猟をしている最中が本種最大の至福であるとされる。しつけも主人からしか受け付けない。状況判断力に富み、運動量は非常に多い。非常に力が強く、ペットには不向きな犬種であり、初心者にはまず飼育できない犬種である。シェンコッタ・ドッグ フレッシュアイペディアより)

812件中 21 - 30件表示