915件中 21 - 30件表示
  • カイウサギ

    カイウサギから見たペットペット

    カイウサギ(飼兎)は、ウサギの1種アナウサギ を原種とする家畜である。ペットとして家庭で飼育するものはイエウサギ(家兎)とも呼ぶ。カイウサギ フレッシュアイペディアより)

  • 人獣共通感染症

    人獣共通感染症から見たペットペット

    近年、ことや、種々の動物がペットとして輸入され飼われる機会が増えたことなどにより、従来は稀であったり知られていなかった病原体がヒト社会に突如として出現する。このように新興感染症として現れた場合、未だヒトが免疫を獲得していないために大流行を引き起こす危険性が高く、診断や治療の方法も確立していないために制圧が困難である。2003年に出現した重症急性呼吸器症候群(SARS)にこの問題点が顕著に見られた。人獣共通感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 野犬

    野犬から見たペットペット

    野犬は、飼い主のいない犬であるが、単に野犬というと野生化した犬を含む。ペットが捨てられるなどしている場合は野良犬と表現する。野生化した犬ではオーストラリアのディンゴ(アボリジニ渡来の際に持ち込まれた外来生物)が良く知られているが、いったん家畜として人間に飼われ、後に野生化して群れを作って犬のみで生活している場合が狭義の野犬である。野犬 フレッシュアイペディアより)

  • アイペット損害保険

    アイペット損害保険から見たペットペット

    アイペット損害保険株式会社(アイペットそんがいほけん)は、東京都港区に本社を置く損害保険会社。犬や猫などの愛玩動物(ペット)向けの損害保険商品を取り扱っている。アイペット損害保険 フレッシュアイペディアより)

  • 外来種

    外来種から見たペットペット

    外来種の定義を考慮すると、ペットや家畜、園芸植物などのほとんどの生物は広義の外来種であり、常に多種多様な外来種が世界中に導入されている。しかし、導入される外来種がすべて定着するわけではなく、実際に野外へ定着して分布を拡大させる生物(いわゆる侵略的外来種)の割合は10種に1種ともいわれている。したがって、多くの外来種は導入されても野生化することができず、野生化したとしても数世代の短い期間で消滅してしまう。外来種 フレッシュアイペディアより)

  • 直司 (犬)

    直司 (犬)から見たペットペット

    埼玉県の杉田の実家にてペットとして飼育されていたが、のちにテレビやラジオに出演するとともに、自身をモデルにしたフィギュアが発売されるなど、タレント犬としての一面を持つ。直司 (犬) フレッシュアイペディアより)

  • 多頭飼育崩壊

    多頭飼育崩壊から見たペットペット

    多頭飼育崩壊(たとうしいくほうかい)・アニマルホーディング(Animal Hoarding)は、ペットの動物を多数飼育した飼い主が、無秩序な飼い方による異常繁殖の末、飼育不可能となる現象。多頭飼育崩壊 フレッシュアイペディアより)

  • 保険

    保険から見たペットペット

    アイペット損害保険 (ペット向け保険専門の保険会社)保険 フレッシュアイペディアより)

  • ハムスター

    ハムスターから見たペットペット

    ハムスター (hamster) は、キヌゲネズミ亜科に属する齧歯類の24種の総称。夜行性で雑食性である。肩まで広がる大きな頬袋を持つのが特徴。狭義にはもっぱらゴールデンハムスター(別名シリアンハムスター)をさす。野生のゴールデンハムスターは絶滅が危惧されているが、飼育・繁殖が容易であるため、ペットや実験用動物として繁殖されて知名度は高い。ハムスター フレッシュアイペディアより)

  • イヌ

    イヌから見たペットペット

    イエイヌは人間の手によって作り出された動物群である。最も古くに家畜化されたと考えられる動物であり、現代でも、ネコ Felis silvestris catus と並んで代表的なペットまたはコンパニオンアニマルとして、広く飼育され、親しまれている。イヌ フレッシュアイペディアより)

915件中 21 - 30件表示