915件中 41 - 50件表示
  • インディアン・テイルレス・ドッグ

    インディアン・テイルレス・ドッグから見たペットペット

    多目的に使われた犬種で、ネズミを狩ったり、小型の動物をセントハント(嗅覚猟)で仕留めたり、番犬として家の見張りを行ったり、ペットとして飼われるのに使われていた。メインはペットとして飼われて番犬も兼ねることで、稀に猟犬として繰り出された。ネズミや害獣は見つけ次第すぐに捕殺した。インディアン・テイルレス・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • ブル・ボクサー

    ブル・ボクサーから見たペットペット

    1980年代に誕生した二重純血犬種である。ペットとして飼育されていたスタッフォードシャー・ブル・テリア(雄)とボクサー(雌)が つがいになり、その交配によって生まれた犬が基礎になっている。その犬をもととして同種(スタッフィー、ボクサー、及び同じ犬種の組み合わせで生まれた雑種)の血を計画的に加え、作り出された。ブル・ボクサー フレッシュアイペディアより)

  • アイリッシュ・スタッフォードシャー・ブル・テリア

    アイリッシュ・スタッフォードシャー・ブル・テリアから見たペットペット

    本種は確定されたスタンダード(犬種基準)を持ち、一つの犬種として独立しているが、英国のザ・ケネルクラブやFCIなどからはイングリッシュ・スタッフォードシャー・ブル・テリアの変種としてみなされていて、公認犬種としては登録されていない。ほぼ全ての個体がアイルランド国内でのみ飼育され、実用犬やペットとして飼われている。一部の犬は非合法な闘犬にも使われているともいわれているが、真偽の程やその頭数は不明である。現時点ではアイルランド国外では闘犬種の愛好家や犬種マニア以外にしか知られておらず、かなり珍しい犬種のひとつにとどまっている。アイリッシュ・スタッフォードシャー・ブル・テリア フレッシュアイペディアより)

  • ロシアン・ハーレクイン・ハウンド

    ロシアン・ハーレクイン・ハウンドから見たペットペット

    現在はオオカミよりもキツネの狩りを行うことがメインとなりつつあり、先祖であるロシアン・ハウンドと比べるとあまり多くの頭数は飼育されていない。大半の犬がロシア国内で実猟犬かショードッグとして飼育されていて、ペットとして飼われているものは非常に稀である。原産国外ではかなり珍しい犬種である。ロシアン・ハーレクイン・ハウンド フレッシュアイペディアより)

  • ダニッシュ・バセット

    ダニッシュ・バセットから見たペットペット

    現在も9割の犬はデンマーク国内で飼育され、実猟犬として飼われている。ペットやショードッグとして飼育されているものは少数である。2011年1月現在、本種はまだFCIに正式公認されていない。ダニッシュ・バセット フレッシュアイペディアより)

  • ペットショップ

    ペットショップから見たペットペット

    ペットショップ フレッシュアイペディアより)

  • ニャム・ニャム

    ニャム・ニャムから見たペットペット

    紀元1世紀から2世紀頃に作出されたと見られている犬種で、バセンジーと同じくエジプト原産のチズムという古代犬種がベースになっているといわれている。このチズムにアフリカニスなどの犬種を交配させて作り出されたのがニャム・ニャムである。パックで大型獣を狩るのに使われ、サイトハント(視覚猟)とセントハント(嗅覚猟)を同時に行い、効率的に獲物を仕留めた。又、あまり狩猟能力が高くなかったり狩猟に興味の無い雄犬は去勢され、ペットや番犬として使われている。こうした選択繁殖を行うことによって狩猟能力と運動神経が高い優れた犬種として長い時間をかけて改良されていったと考えられている。ニャム・ニャム フレッシュアイペディアより)

  • ペット通販

    ペット通販から見たペットショップペット

    ペット通販(子犬取次業)( -つうはん、こいぬ とりあつかいぎょう)とは、ブリーダーのもとで生まれた子犬をお客にネット上で販売する業者。現在複数の業者が存在しているが元は数十年前のある業者。そこを基点に独立が繰り返され現在に至る。主な業者はジャペット・日優犬・パピーワールド・JPLA・ワン・クリックなど。加盟店はフランチャイズではなく代理店形式でおこなっている。ペットショップより値段的に安く健康な子犬を提供できるというのがモットーである。ペット通販 フレッシュアイペディアより)

  • ブスかわいい

    ブスかわいいから見たペットペット

    ブスかわいいとは、「ブス」と「可愛い」を合成した若者言葉。ブスかわ、ブサかわいい、ブサかわともいう。人間に対して使う時は親しみを込めて使われる場合が多い。主にペットや女性に対して使われる。ブスかわいい フレッシュアイペディアより)

  • 食用犬種

    食用犬種から見たペットペット

    中南米には食用にするために育成されてきた犬種が多く存在する。アステカ帝国やマヤ、ペルーなどがその例である。日常食として食べられるもの(アステカ:現メキシコのテチチ)や緊急食として蓄えられたもの(マヤのコリマ・ドッグ)、儀式の際に神聖な料理に使われたり主人と埋葬するため生け贄として使われたもの(メキシコのイズクウィントリポゾトリ)などがある。又、初めは戦争の開始を知らせるための狗頭笛(くとうぶえ:犬の頭を用いて作った笛の一種)に使われたり、主人の死の際に棺に入れられ生け贄にされたり、食用にされるのに使われていたものの、すぐに別の民族にペットとして飼育されるようになった犬種も存在している(ペルーのペルービアン・ヘアレス・ドッグとペルービアン・インカ・オーキッド)。食用犬種 フレッシュアイペディアより)

915件中 41 - 50件表示