812件中 61 - 70件表示
  • エコートレーディング

    エコートレーディングから見たペットペット

    エコートレーディング株式会社は、ペット用品の卸売を主要事業とする商社である。兵庫県西宮市鳴尾浜に本社を置く。独立系ではあり業界のパイオニアである。業界大手のペット用品卸である。エコートレーディング フレッシュアイペディアより)

  • カーディナルサーガ

    カーディナルサーガから見たペットペット

    ティアンは馬をフェアリーは熊をディドはハード(架空の生物)をペットにできる。カーディナルサーガ フレッシュアイペディアより)

  • ヘアブラシ

    ヘアブラシから見たペットペット

    材料の毛は、動物(豚、猪など)の毛、ナイロン、ステンレスなどで作られた毛などが使われ、ハンドル部の材質に、黒檀、ローズウッド、カリン、ブナ、ABS樹脂、ポリアセタールなどが使われている。また、ペットの毛をブラッシングするのにも使われる。ヘアブラシ フレッシュアイペディアより)

  • ブラック・アンド・タン・テリア

    ブラック・アンド・タン・テリアから見たペットペット

    主にネズミを狩るのに用いられていた。テリア犬種の多くは地中に潜って猟を行なうが、本種は脚が長いため、穴に潜って猟を行なうのには不向きな体型であった。然し、それによって走るのが速く、体がコンパクトで小回りが利くことからこの使役を任されるようになった。飼育もしやすいことから都市部でも飼われ、衛生管理のための使役犬として、又、ペットとして人気を博した。ブラック・アンド・タン・テリア フレッシュアイペディアより)

  • ゼニガメ

    ゼニガメから見たペットペット

    ゼニガメとはクサガメまたはニホンイシガメの幼体のことで、ペットとして飼われることが多い。夜店の屋台などで売られている時点では体長が数cmであるが、成体まで成長できれば20cm程度まで大きくなる。陸と水を作った入れ物で、ゆで卵、煮魚、パンなどを与えて飼育される。丸い甲羅が江戸時代の硬貨である銭に似ていることから、銭亀と呼ばれた。海亀、亀の子と並んで夏の季語でもある。俳句などに取り上げられていることから、少なくとも江戸時代(このころの銭亀とはニホンイシガメをさす。)には広く知られていたことが分かる。銭亀とはもともとニホンイシガメの幼体のことであったが、現在はニホンイシガメの数が減少しているため、クサガメゼニガメ フレッシュアイペディアより)

  • ディンゴ・ハイブリッド

    ディンゴ・ハイブリッドから見たペットペット

    ディンゴ・ハイブリッドはペットとしても飼育されている。一般家庭で生まれたディンゴ・ハイブリッドの仔犬は普通の犬として扱われ、譲渡も行われている。捕獲されたディンゴ・ハイブリッドもしつけや訓練などを行った上で一般家庭に譲渡されている。オーストラリアの法律ではディンゴは野生の動物であるとして飼育を禁じているが、ほぼ無視されている。法をかいくぐるため、登録の際には雑種ということで届出が行われる。ディンゴ・ハイブリッド フレッシュアイペディアより)

  • ブル・ボクサー

    ブル・ボクサーから見たペットペット

    1980年代に誕生した二重純血犬種である。ペットとして飼育されていたスタッフォードシャー・ブル・テリア(雄)とボクサー(雌)が つがいになり、その交配によって生まれた犬が基礎になっている。その犬をもととして同種(スタッフィー、ボクサー、及び同じ犬種の組み合わせで生まれた雑種)の血を計画的に加え、作り出された。ブル・ボクサー フレッシュアイペディアより)

  • フォックスハウンド (犬種)

    フォックスハウンド (犬種)から見たペットペット

    イギリスはフォックスハウンド犬種の元祖であるイングリッシュ・フォックスハウンドの原産地として有名である。現在も猟犬としての高い質を保持し続けるように繁殖が行われており、今日もペットやショードッグとしてより実猟犬として飼育されている犬のほうが圧倒的に多い。イギリスには他に数種のフォックスハウンドタイプの犬種があるが、FCIに公認されているものはイングリッシュ・フォックスハウンドしか存在しない。フォックスハウンド (犬種) フレッシュアイペディアより)

  • ドレーファー

    ドレーファーから見たペットペット

    スウェーデンでは国民的な人気のある犬種で、日本での人気でたとえると柴犬と同じような人気がある。現在も実猟犬として多数の犬が使役されているが、現在は実猟犬よりもペットやショードッグとしての人気のほうが高い。ヨーロッパ圏内での知名度と人気は高いが、そこ以外ではあまり知られていない犬種である。ドレーファー フレッシュアイペディアより)

  • アイリッシュ・スタッフォードシャー・ブル・テリア

    アイリッシュ・スタッフォードシャー・ブル・テリアから見たペットペット

    本種は確定されたスタンダード(犬種基準)を持ち、一つの犬種として独立しているが、英国のザ・ケネルクラブやFCIなどからはイングリッシュ・スタッフォードシャー・ブル・テリアの変種としてみなされていて、公認犬種としては登録されていない。ほぼ全ての個体がアイルランド国内でのみ飼育され、実用犬やペットとして飼われている。一部の犬は非合法な闘犬にも使われているともいわれているが、真偽の程やその頭数は不明である。現時点ではアイルランド国外では闘犬種の愛好家や犬種マニア以外にしか知られておらず、かなり珍しい犬種のひとつにとどまっている。アイリッシュ・スタッフォードシャー・ブル・テリア フレッシュアイペディアより)

812件中 61 - 70件表示

「ペット」のニューストピックワード