915件中 61 - 70件表示
  • 生態科学研究機構

    生態科学研究機構から見たペットペット

    自然環境保全、野生動物保護・獣害、ペットに関する調査・研究・開発部門生態科学研究機構 フレッシュアイペディアより)

  • おさんぽの時間

    おさんぽの時間から見たペットショップペット

    新しく杏のクラスに入って来た転入生。長身で美少年。自宅は、犬専門のペットショップ「ワンハウス」。飼い犬は黒いトイプードルで、名前はタルト。続編では彼は中学生になり、ちひろと両思いになる。おさんぽの時間 フレッシュアイペディアより)

  • ブログ妖精ココロ

    ブログ妖精ココロから見たペットペット

    ブログペットで紹介されているにもかかわらずペットであることを一貫して否定している。ブログ妖精ココロ フレッシュアイペディアより)

  • ジャーマン・スパニエル

    ジャーマン・スパニエルから見たペットペット

    要望あって作出された犬種であったため初めは人気がありたくさん飼育されていたが、2度の世界大戦により頭数が激減し、希少化してしまった。1903年にFCI公認犬種となり(犬種グループは第8グループ)、世界的にその名が知られたが、大半は現在もドイツ国内で飼育されている。輸出されたものはわずかだが、アメリカやカナダなどでも飼育が行われている。現在は実猟犬としてよりもペットとして飼育されることのほうが多い。ジャーマン・スパニエル フレッシュアイペディアより)

  • ケリー・ビーグル

    ケリー・ビーグルから見たペットショップペット

    本種はかつて世界的に有名なキャラクター、スヌーピーのモデルであると噂された時期もあった。サイズが比較的に近く、毛色もすっかりスヌーピーと一緒のものも多かったことがその理由であったが、この噂は事実ではなかった。スヌーピーの登場する漫画、「ピーナッツ」の著者であるシュルツ自身が「スヌーピーのモデルはビーグルである」と公言したことにより、噂が事実ではないことがはっきりと判明した。このシュルツがいう「ビーグル」は、現在もよく知られている通常のビーグルのことで、ケリー・ビーグルではない。然しながら、この多くの人に知られている、ペットショップなどで売られている「ビーグル」と、実猟犬として活躍していた、シュルツが目にしていた「ビーグル」は微妙に違うものだったのではないか、という見方もある。少なくとも、ケリー・ビーグルがスヌーピーではないことははっきりしており、この説を信じる人は現在数少ない。ケリー・ビーグル フレッシュアイペディアより)

  • ブラジリアン・トラッカー

    ブラジリアン・トラッカーから見たペットペット

    飼育を行なうことも必須である。状況判断力が優れ、身体能力も非常に高い。運動量はとても多く、ペットとして飼育するのにはやや難点が多い。ブラジリアン・トラッカー フレッシュアイペディアより)

  • スハペンドゥス

    スハペンドゥスから見たペットペット

    現在オランダでは最も人気のある犬種のひとつで、ドッグスポーツを行なったり、ペットとして飼育するために沢山飼われている。ただし、オランダ国とその周辺国以外ではあまり多く飼育されておらず、世界的にはまだ珍しい存在である。スハペンドゥス フレッシュアイペディアより)

  • カオ・デ・カストロ・ラボレイロ

    カオ・デ・カストロ・ラボレイロから見たペットペット

    吠え立てても相手が怖気づいて逃げ出さない場合に限り、最終手段として攻撃を行う。見知らぬ人に対してはやはり警戒心が強いが、主人家族が仲良く接しているような人に対しては友好的である。しつけの飲み込みは普通だが、敏感で状況判断力が優れている。性格が優しいため原産地などではペットとしてもよく飼育されているが、運動量が非常に多く、吠え声がよく響くので都心での飼育には不向きである。カオ・デ・カストロ・ラボレイロ フレッシュアイペディアより)

  • マヨルカン・シェパード

    マヨルカン・シェパードから見たペットペット

    外見は兄弟種であるラボレイロによく似るが、サイズはこちらのほうが小さく、しかし脚やマズルはもっと長めで、より筋肉質の体つきをしている。性格も全く異なっている。一説によるとマヨルカンは作業犬としてのみ飼育されていたころのラボレイロに近い姿を保っているともいわれているが、こちらのほうが脚が長いという点は昔から変わっていないようである。力が強く、言うことを聞かない家畜が牛であってもねじ伏せていうことを聞かせることができる。先細りの長めのマズルだが、あごの力は強靭である。耳は折れ耳又は垂れ耳、尾は先細りのサーベル形の垂れ尾。コートはラボレイロと同じ硬めで短いショートコートタイプのものと、少し長めのロングコートタイプのものの2タイプが存在する。ショートコートタイプのものの場合は尾に飾り毛がないが、ロングコートタイプのものの場合はふさふさした飾り毛が生えている。どちらのコートタイプのものも、ある程度の暑さと寒さには強いが、極端な寒暖は苦手である。毛色はブラック、グレー、ブラック・ブリンドルなど。大型犬サイズで、性格は忠実だが防衛本能が高く攻撃的、縄張り意識が強い。主人以外にはなつきにくい強い忠誠心を持つ。力の強さや防衛本能などを制御するため、飼育の際は必ず訓練を行う必要がある。ラボレイロとは正反対で、不審者を発見すると即座に攻撃を仕掛け、相手をおびえさせる。生粋の作業犬種であり、吠え声はよく響き、運動量が非常に多いため、ペットとして飼育するのには向いていない。マヨルカン・シェパード フレッシュアイペディアより)

  • ダッチ・スムースフント

    ダッチ・スムースフントから見たペットペット

    主にネズミを狩るのに使われていたが、ペットとしても人気が出た。もとから優しい性格であるため、時に子守りを任せられるということもあった。ネズミ狩り犬としては発見次第ネズミを退治し、オランダの衛生化に大いに貢献した。スムースフントの働きの甲斐があってか、19世紀中期には乳幼児の感染症による死亡数がかなり減ったとも言われている。又、白っぽい毛色であるため汚れが目立ちやすく、ネズミ退治で汚れた体をこまめに主人に洗ってもらうことが出来たため、自身の衛生管理がしてもらいやすいというオマケもついた。ダッチ・スムースフント フレッシュアイペディアより)

915件中 61 - 70件表示

「ペット」のニューストピックワード