812件中 71 - 80件表示
  • オニヌマエビ

    オニヌマエビから見たペットペット

    オニヌマエビ(鬼沼蝦)、学名 Atyopsis spinipes は、十脚目ヌマエビ科に分類されるエビの一種。西太平洋沿岸の熱帯域の川に生息する大型のヌマエビである。ペットとして飼育されることもある。オニヌマエビ属 Atyopsis は、本種と A. moluccensis (De Haan, 1849) の2種だけで構成される。オニヌマエビ フレッシュアイペディアより)

  • めでぃかるまじかる

    めでぃかるまじかるから見たペットペット

    魔法使いウィルの診療所で医療魔法の勉強をしている17歳の少女ピュア。その理由は、医療魔法で成長薬を作り、幼児のような姿から美しく成長しようという、非常に不純なものだった。ある日、診療所の留守を預かっていた彼女の元に、急患が現れた。その急患の老人を救うために、彼女は、ウィルのペットの猫のアクアマリンと、老人の孫のミトと共に、薬草があるという森に向かう。めでぃかるまじかる フレッシュアイペディアより)

  • ムドホル・ハウンド

    ムドホル・ハウンドから見たペットペット

    主にノウサギやシカ、ジャッカルを狩るのに使われる。視覚で獲物を探し、サイトハウンドの持ち味である俊足で追いかけ、自ら仕留める。現在は獲物となるシカやジャッカルが減少しているため、ノウサギだけを狩ることが増えつつある。又、そのノウサギも若干減少してきていることもあり、今日では番犬やペット、ショードッグなどとして飼育される機会も増加している。ムドホル・ハウンド フレッシュアイペディアより)

  • ロシアン・ハーレクイン・ハウンド

    ロシアン・ハーレクイン・ハウンドから見たペットペット

    現在はオオカミよりもキツネの狩りを行うことがメインとなりつつあり、先祖であるロシアン・ハウンドと比べるとあまり多くの頭数は飼育されていない。大半の犬がロシア国内で実猟犬かショードッグとして飼育されていて、ペットとして飼われているものは非常に稀である。原産国外ではかなり珍しい犬種である。ロシアン・ハーレクイン・ハウンド フレッシュアイペディアより)

  • ドゥンケル

    ドゥンケルから見たペットペット

    ノルウェーでは知名度のある犬種だが、他の気にでは無名で飼育は行われていない。ほとんどの犬が実猟犬かショードッグとして飼育され、ペットとして飼われているものはあまり多くない。ドゥンケル フレッシュアイペディアより)

  • ダニッシュ・バセット

    ダニッシュ・バセットから見たペットペット

    現在も9割の犬はデンマーク国内で飼育され、実猟犬として飼われている。ペットやショードッグとして飼育されているものは少数である。2011年1月現在、本種はまだFCIに正式公認されていない。ダニッシュ・バセット フレッシュアイペディアより)

  • ロングヘアード・プエブロ・ドッグ

    ロングヘアード・プエブロ・ドッグから見たペットペット

    プエブロ犬はプエブロ族の衣・食・住に深くかかわり、とても大切に扱われていた。主な使役は犬の品種の中では極めて珍しいもので、その長く厚いコートを刈り取ってつむぎ、糸にして洋服や帽子、布団のようなもの、シャツ、色つきのカツラや外套などを作るのに使うことである。このように使われる犬のことを通称でヘア・ドッグ(英;Hair Dog)といい、これをメインとして使うことを目的に作られた犬種は世界中でも十数種に満たない。プエブロ犬はこのようにコートを刈りとって使用する他、猟犬として獲物を狩ったり、ペットとして飼育されることもあった。又、時には神への生贄として奉げられたこともある。ロングヘアード・プエブロ・ドッグ フレッシュアイペディアより)

  • リトルマスター〜虹色の魔石〜

    リトルマスター〜虹色の魔石〜から見たペットペット

    リルル・ブレッド:白コハク使い(魔法使い)の少女。シャルルとは逆におとなしく内向的。「?ですぅ」という語尾で話す。彼女の別人格であるシャルル・ブレッドとは異なり補助魔法のエキスパートである。ペットにはハムスというハムスターがいる。リトルマスター〜虹色の魔石〜 フレッシュアイペディアより)

  • オーロラ・ハスキー

    オーロラ・ハスキーから見たペットペット

    現在も一部のファンや犬種学者、愛好家に人気がある犬種だが、あまり多数は飼育されていない。犬ぞりレース以外に使う目的で商業繁殖されたことはなく、ペットとして飼育されているものはリタイア犬である。オーロラ・ハスキー フレッシュアイペディアより)

  • ブティア・シープドッグ

    ブティア・シープドッグから見たペットペット

    筋肉隆々で骨太のがっしりとした体格をした犬である。脚は太く力が強く、吠え声も大きくたくましい。マズルは太く短めで、頭部の形はマスティフ犬種のものよりセントラル・エイジアン・シェパード・ドッグのものに近い。瞳の色は琥珀色などで、大きさは普通である。耳は垂れ耳、尾はふさふさした緩めの巻き尾。コートは密度のあるロングコートで、防寒性が非常に高い。毛色はブラック、ブラック・アンド・タン、レッド、グリズルなど。体高66〜71cmの大型犬で、性格は主人家族に忠実で従順だが、仕事柄により防衛本能と警戒心が高く攻撃的な一面もある。しつけは基本的に主人からのみ受け付ける。状況判断力は優れており、とっさの判断ができ、見知らぬ人の良し悪しを瞬時に見分けることも可能である。作業犬としてはかなり優秀な犬種ではあるが、ペットとして飼育するのには向いていない。又、飼育の際にはしっかりとした訓練が必要となる。運動量は多めで、かかりやすい病気は関節炎などがある。ブティア・シープドッグ フレッシュアイペディアより)

812件中 71 - 80件表示

「ペット」のニューストピックワード