915件中 81 - 90件表示
  • ラジャパラヤム

    ラジャパラヤムから見たペットペット

    多目的に使われる犬種で、猟犬や番犬、愛玩犬として使われる。猟犬としては、シカやイノシシを狩るのに用いられた。数頭のパックで獲物の臭いを追跡し、発見すると自ら飛び掛って仕留める。番犬としては主人の家や所有地、狩り場などを見張る。見知らぬ人が番をしている場所に近づくと、激しく吠えて威嚇を行い、主人に知らせる。又、夜間の場合は吠えても不審者が退散しなかった際、最終手段として攻撃を行うように訓練されている個体もいる。愛玩犬としては、身分の高い人のペットとして寵愛された。特に毛色が白っぽいものが珍重され、高値で取引きされた。愛玩犬として飼育されていたラジャパラヤムは金製で宝石をちりばめた煌びやかな首輪やブレスレットをつけ、人間の貴族のように非常に大切に扱われた。ラジャパラヤム フレッシュアイペディアより)

  • タマスカン・ハスキー

    タマスカン・ハスキーから見たペットペット

    もともと犬ぞりを引かせるために作出されたが、友好性が高くしつけも入りやすく、扱いやすいことからセラピードッグや介助犬、救助犬としても使える可能性が見出され、現在訓練が行われている。もちろん、ショードッグやペットとしても人気がある。タマスカン・ハスキー フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・ヒーラー

    テキサス・ヒーラーから見たペットペット

    現在肉牛肥育場が広大な敷地ではなくフィードロットに変えられつつあり、テキサス・ヒーラーの仕事場は年々減少している。しかし、身体能力の高さが買われて今日はドッグスポーツのアスリート・ドッグとして使うことが出来るのではないかと注目されている。又、もともと本種は州限定の犬であったが、近年起こった雑種犬ブームにより他の州でも知られるようになり、愛好家が増加した。これにより使役犬としてだけではなくペットとしても多く飼育されるようになった。又、リタイア犬の里親探しもよく行われるようになり、仕事への適応性が無かったり、年をとって作業を引退した犬を引き取って愛犬として迎え入れる家庭も増えつつある。テキサス・ヒーラー フレッシュアイペディアより)

  • プティ・ブルー・ド・ガスコーニュ

    プティ・ブルー・ド・ガスコーニュから見たペットペット

    今日も多くが実用犬として用いられているが、ペットやショードッグとしても近年注目を集めている。しかしながら、フランス国外ではほとんど知られておらず、国外では人気の無い犬種である。プティ・ブルー・ド・ガスコーニュ フレッシュアイペディアより)

  • タマ

    タマから見たペットペット

    漫画・アニメ『サザエさん』に登場する猫。磯野家のペット。サザエさんの登場人物を参照。タマ フレッシュアイペディアより)

  • モモアカヒメハヤブサ

    モモアカヒメハヤブサから見たペットペット

    しばしばペットとして飼われる。モモアカヒメハヤブサ フレッシュアイペディアより)

  • ムドホル・ハウンド

    ムドホル・ハウンドから見たペットペット

    主にノウサギやシカ、ジャッカルを狩るのに使われる。視覚で獲物を探し、サイトハウンドの持ち味である俊足で追いかけ、自ら仕留める。現在は獲物となるシカやジャッカルが減少しているため、ノウサギだけを狩ることが増えつつある。又、そのノウサギも若干減少してきていることもあり、今日では番犬やペット、ショードッグなどとして飼育される機会も増加している。ムドホル・ハウンド フレッシュアイペディアより)

  • イングリッシュ・クーンハウンド

    イングリッシュ・クーンハウンドから見たペットペット

    1900年に完成した犬種だが、完全に他のクーンハウンド犬種とは別種であることが認められたのは1946年のことである。ユナイテッドケネルクラブに公認登録された犬種であるが、FCIや他の国のケネルクラブには公認されていない。ほぼ全ての犬が実猟犬として飼育され、ショードッグやペットとして飼育されているものは非常に稀である。大半はアメリカ国内で飼育されている。イングリッシュ・クーンハウンド フレッシュアイペディアより)

  • エストニアン・ハウンド

    エストニアン・ハウンドから見たペットペット

    主にノウサギとキツネを狩るのに使われる。単独もしくは小規模なパックで獲物のにおいを追跡し、発見するのがその仕事である。仕留めるのは主人の仕事で、エストニアンは獲物の追跡のみを行い、獲物を仕留めることはしない。これは本種が狩人のヘルパーとして働くために生み出されたためで、それ以外の役割を担う必要が無いからである。狩りの手伝い以外には、番犬やペットなどとしても飼育されている。エストニアン・ハウンド フレッシュアイペディアより)

  • グラン・ブルー・ド・ガスコーニュ

    グラン・ブルー・ド・ガスコーニュから見たペットペット

    現在も実猟犬としてフランスでは多く飼育されている。ペットやショードッグとしても飼われているが、原産国外ではほとんど飼育されていない。グラン・ブルー・ド・ガスコーニュ フレッシュアイペディアより)

915件中 81 - 90件表示