前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
181件中 1 - 10件表示
  • ペット

    ペットから見た川端康成

    『禽獣』(川端康成) - 犬や小鳥を愛玩する男の抒情と非情の物語。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た動物虐待

    動物虐待の防止や公衆衛生の観点からペットの飼育に関連する法律があり、日本では「動物の愛護及び管理に関する法律」や「狂犬病予防法」などの法令がある。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たネコ

    ペットの歴史は古く、ネコは古代エジプトの時代から現在のペットのような位置づけや、鼠の駆除などの実用目的で飼われていたことが推測されている。また、イヌに関しても、太古の昔から、実用と愛玩目的も兼ねて飼われていたことが推測されている。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た里親

    ペットの求め方としては、ペットショップで購入する以外に、公共の収容センターで里親を募集している案件に応募する、NPOなど市民が運営している里親募集のウェブサイトで写真を見て選び応募する、ペットに子供が生まれそうな知人に声をかけておき入手するなどの手段がある。イギリスやドイツなどでは、収容センターなどの動物を捜す場合が多い。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た狂犬病

    その他にもペットが逃げ出して、人へ重大な危害を加えるなど緊急性がある場合は、警察官に射殺されたり、隔離命令、保健所への届出、狂犬病の検診証明書提出など行政処分が下される事もある。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たカルビン・クーリッジ

    特にイヌの場合は、はっきりした主従関係を好む習性から、家族の一員として扱われた歴史が長いとされる。石器時代におけるイヌの墳墓(埋葬に際して添えられたと見られる花の花粉が見られたり、なんらかの食料の残骸が一緒に発見されるなどの特徴も見られる)も発見されている。その一方で、所有物という概念もあったようで、殉死によって飼い主と共に埋葬されたと思われるケースも見られる。欧米では、古来から現代まで王侯貴族や歴代大統領から一般市民の間で愛玩用、護衛用、狩猟用などとして飼われている。イングランド王ジェームズ2世や米大統領クーリッジなど多数の愛犬家がいる。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たスティーヴン・キング

    『ペット・セマタリー』 - そこに埋葬すると死別したペットが甦るという禁断の墓地をめぐる、ホラー作家スティーヴン・キングの小説。映画化もされた(映画の邦題は『ペット・セメタリー』。1989年、監督メアリー・ランバート)。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た帰化動物

    ペットを物品のように扱い、「飽きたから捨てる」という考え方をする者の存在により、飼い主がこれら動物を野に放ち帰化動物を作り出してしまうという問題も、世界各地で発生している。例えば日本では、1977年(昭和52年)に放映されたアニメーションテレビ番組『あらいぐまラスカル』の影響でアライグマを飼う家庭が出たが、本来非常に気性の荒いこの動物は飼育は難しく、飼育できず処分にも困った飼い主が、結局捨ててしまうケースもあり、一部地域では野生化したアライグマがゴミや農作物を食い荒らしたり、住宅の天井裏に住み着いて糞尿をするなどの被害も発生している。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た墓地

    『ペット・セマタリー』 - そこに埋葬すると死別したペットが甦るという禁断の墓地をめぐる、ホラー作家スティーヴン・キングの小説。映画化もされた(映画の邦題は『ペット・セメタリー』。1989年、監督メアリー・ランバート)。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た性別

    近年では、生命全般を大切にする思想も普及してきており、動物であっても無下に扱う事を忌避する人々は増えている。動物を尊重する人々の中には、ペットの性別を「オス」「メス」ではなく「男の子」「女の子」と呼んだり、「餌をやる」ではなく「食事をあげる」と表現するなど、言葉の用法に人間との同一視が見られるケースもある。ペットの家族化が進んでいる。中にはペットに遺産を残したいと望む人もいる。ペット フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
181件中 1 - 10件表示