181件中 91 - 100件表示
  • ペット

    ペットから見た少年

    近年では、生命全般を大切にする思想も普及してきており、動物であっても無下に扱う事を忌避する人々は増えている。動物を尊重する人々の中には、ペットの性別を「オス」「メス」ではなく「男の子」「女の子」と呼んだり、「餌をやる」ではなく「食事をあげる」と表現するなど、言葉の用法に人間との同一視が見られるケースもある。ペットの家族化が進んでいる。中にはペットに遺産を残したいと望む人もいる。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たホラー小説

    『ペット・セマタリー』 - そこに埋葬すると死別したペットが甦るという禁断の墓地をめぐる、ホラー作家スティーヴン・キングの小説。映画化もされた(映画の邦題は『ペット・セメタリー』。1989年、監督メアリー・ランバート)。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たフラストレーション

    ペットが人間の代わりに話を聞いてくれることでフラストレーションの解消になるため、コンパニオン・アニマルとしてペットを飼う人たちの多くは人間と同じようにペットに話しかける。ペンシルバニア大学の調査では、ペット飼育者の98パーセントは動物に話しかけた経験があり、そのうちの80パーセントはペットに対して人間と同様に話しかけていたという。精神分析医やソーシャルワーカーは抑うつや引きこもり、精神の矯正に及ぼすペットの癒やしの効果に着目しており、老人ホームや刑務所にペットを導入し効果を上げた例もある。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たRSPCA

    RSPCA(王立動物虐待防止協会、Royal Society for the Prevention of Cruelty to Animals)という動物保護団体がある。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た動物の愛護及び管理に関する法律

    動物虐待の防止や公衆衛生の観点からペットの飼育に関連する法律があり、日本では「動物の愛護及び管理に関する法律」や「狂犬病予防法」などの法令がある。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た禽獣 (小説)

    禽獣』(川端康成) - 犬や小鳥を愛玩する男の抒情と非情の物語。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た

    ペットをひとつのとして尊重する人々と、ペットをただの玩具や装飾品のように考える人々との間で軋轢が生じることがあり、時には係争関係に陥るケースも見られる。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た老人ホーム

    ペットが人間の代わりに話を聞いてくれることでフラストレーションの解消になるため、コンパニオン・アニマルとしてペットを飼う人たちの多くは人間と同じようにペットに話しかける。ペンシルバニア大学の調査では、ペット飼育者の98パーセントは動物に話しかけた経験があり、そのうちの80パーセントはペットに対して人間と同様に話しかけていたという。精神分析医やソーシャルワーカーは抑うつや引きこもり、精神の矯正に及ぼすペットの癒やしの効果に着目しており、老人ホームや刑務所にペットを導入し効果を上げた例もある。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たイギリス

    ペットの求め方としては、ペットショップで購入する以外に、公共の収容センターで里親を募集している案件に応募する、NPOなど市民が運営している里親募集のウェブサイトで写真を見て選び応募する、ペットに子供が生まれそうな知人に声をかけておき入手するなどの手段がある。イギリスやドイツなどでは、収容センターなどの動物を捜す場合が多い。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た手術

    断耳、断尾、声帯切除、牙の抜歯、爪除去(指ごと除去)、などがある。ドイツでは脊椎動物について麻酔なしの手術、(医療目的以外で)肢体や臓器の摘出を原則禁止としている。ペット フレッシュアイペディアより)

181件中 91 - 100件表示