181件中 41 - 50件表示
  • ペット

    ペットから見たヒツジ

    オオカミ(イヌ)の家畜化が3万年 - 1万5千年前から行われ、狩猟の際の助けとして用いられた。以下、トナカイ、ヒツジ、イノシシ(ブタ)、ヤギ、ウシ、ニワトリ、ハト、ウマ、ラクダなどが、家畜として飼育されるようになった。また農耕のはじまりとともに、害獣となるネズミなどを駆除してくれるネコやイタチのような小型肉食獣が珍重されるようになった。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たコンパニオンアニマル

    近年では人々の動物に対する接し方が、より細やかで密接になる傾向があり、それを反映して「ペット」という概念(モノや所有物のように見なす概念)に替わって「コンパニオンアニマル」(人生の伴侶としての動物)という概念も普及してきている。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た2009年

    環境省は、2009(平成21)年度より、犬や猫の殺処分の半減を目標に、新しい飼い主探しを促進するための施設を、都道府県(や政令市に)、年間約10カ所整備する計画を、また2017年(平成29年)までに90カ所整備する計画を立て、それに着手した。9年間で、殺処分の数の半減を目指すという。新しい飼い主探しを促進するための施設整備などを行うという。また、ペットの不妊手術の推進や、(ペットが迷子になってしまった時に飼い主のもとに戻ることができるように)マイクロチップ装着なども推進するという。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たアニコム損害保険

    アニコム損害保険 - 日本初のペットの為の保険(損害保険会社)。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た殺人罪

    アメリカ合衆国では、老人がピットブル4匹に噛まれて死亡した事件があり、飼い主が殺人罪で起訴された事例がある。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た古代エジプト

    ペットの歴史は古く、ネコは古代エジプトの時代から現在のペットのような位置づけや、鼠の駆除などの実用目的で飼われていたことが推測されている。また、イヌに関しても、太古の昔から、実用と愛玩目的も兼ねて飼われていたことが推測されている。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たドイツ

    断耳、断尾、声帯切除、牙の抜歯、爪除去(指ごと除去)、などがある。ドイツでは脊椎動物について麻酔なしの手術、(医療目的以外で)肢体や臓器の摘出を原則禁止としている。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たニワトリ

    オオカミ(イヌ)の家畜化が3万年 - 1万5千年前から行われ、狩猟の際の助けとして用いられた。以下、トナカイ、ヒツジ、イノシシ(ブタ)、ヤギ、ウシ、ニワトリ、ハト、ウマ、ラクダなどが、家畜として飼育されるようになった。また農耕のはじまりとともに、害獣となるネズミなどを駆除してくれるネコやイタチのような小型肉食獣が珍重されるようになった。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た公共交通機関

    近年、店舗や公共交通機関にペットキャリーにすら入れずにペットを連れ込む飼い主が少なからず存在する。またキャリーに入れたとはいえ、公共交通機関で手回り品切符の購入をしていない事もある。この様な事例は、周りの人が不快に思ったり、特に小さい子供などが動物を怖がることがあるばかりでなく、動物アレルギーの人にとっては健康にもかかわる。「ペット同伴禁止」と明示されている場所にはペットを連れ込まない、ということは飼い主が守るべき当然のマナーであるとされている。さらに、特に表示が無くても、(よほどペットのための施設でない限り)不特定多数が出入りする施設や店舗など公共の場では、必要に応じてケージ等に入れ、他の人がいる場でペットが自由に動き回ることのないようにするのが飼育者に求められているマナーとされる。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たウマ

    オオカミ(イヌ)の家畜化が3万年 - 1万5千年前から行われ、狩猟の際の助けとして用いられた。以下、トナカイ、ヒツジ、イノシシ(ブタ)、ヤギ、ウシ、ニワトリ、ハト、ウマ、ラクダなどが、家畜として飼育されるようになった。また農耕のはじまりとともに、害獣となるネズミなどを駆除してくれるネコやイタチのような小型肉食獣が珍重されるようになった。ペット フレッシュアイペディアより)

181件中 41 - 50件表示