181件中 51 - 60件表示
  • ペット

    ペットから見たアメリカ合衆国

    アメリカで1975年前後に流行したペット・ロックが代表例。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た

    『禽獣』(川端康成) - や小鳥を愛玩する男の抒情と非情の物語。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た寄生虫

    伝染病や寄生虫による被害は、飼い主自身のみならず周囲の人々に及ぶ場合もある。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た玩具

    ペットをひとつの命として尊重する人々と、ペットをただの玩具や装飾品のように考える人々との間で軋轢が生じることがあり、時には係争関係に陥るケースも見られる。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た生命

    近年では、生命全般を大切にする思想も普及してきており、動物であっても無下に扱う事を忌避する人々は増えている。動物を尊重する人々の中には、ペットの性別を「オス」「メス」ではなく「男の子」「女の子」と呼んだり、「餌をやる」ではなく「食事をあげる」と表現するなど、言葉の用法に人間との同一視が見られるケースもある。ペットの家族化が進んでいる。中にはペットに遺産を残したいと望む人もいる。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た責任

    ペットが周囲の人に与えた被害によって、民事・刑事の裁判沙汰になる例もある。例えば刑法の場合、犬などを嗾(けしか)けるなどして他者に危害を与えた場合は、軽犯罪法や傷害罪で罰せられる。民事上では、ペットはあくまでも飼い主側(ペットを預かる代理人も含む)が所有し管理する責任があるため、飼い主(加害者)は、これに起因する損害・損失を被害者に対して補償する責任が生じる(民法第718条)。また、人間に危害を加える虞のある鳥獣を逃がしたりすることも同様の責任が生じる。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約

    珍しい動物を飼いたいという人がおり、この中には密猟によって捕獲された動物が安易に密売買されるケースも少なくない。野生のオランウータンはワシントン条約で商取引が禁じられているが、これすら売買していた事例もある。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たイヌ

    ペットの歴史は古く、ネコは古代エジプトの時代から現在のペットのような位置づけや、鼠の駆除などの実用目的で飼われていたことが推測されている。また、イヌに関しても、太古の昔から、実用と愛玩目的も兼ねて飼われていたことが推測されている。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たミイラ

    ネコ科の動物は古代エジプトにおいて神格化されたせいもあって、高貴な身分にふさわしい愛玩動物として扱われ、実用的な用途よりも、より今日のペットに近い存在であったとされる。丁寧に埋葬されたネコのミイラも発見されており、同時代に於ける同種動物の地位が如何に高かったかを感じさせる。また農耕文化にも関連して、ネコやイタチ・キツネのような小型動物を捕食する肉食獣を、穀物を食害から守る益獣として珍重していた文化が世界各地に見出され、好んで保護され飼育されていた事情が見られる。今日の米国でも納屋に住み着くネコを「barn cat」と呼び珍重するなどの風習も見られる。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たイタチ

    オオカミ(イヌ)の家畜化が3万年 - 1万5千年前から行われ、狩猟の際の助けとして用いられた。以下、トナカイ、ヒツジ、イノシシ(ブタ)、ヤギ、ウシ、ニワトリ、ハト、ウマ、ラクダなどが、家畜として飼育されるようになった。また農耕のはじまりとともに、害獣となるネズミなどを駆除してくれるネコやイタチのような小型肉食獣が珍重されるようになった。ペット フレッシュアイペディアより)

181件中 51 - 60件表示