140件中 61 - 70件表示
  • ペット

    ペットから見た鳥類

    現代の日本の2人以上の世帯においては、48%の世帯が、何かしらのペットを飼っている、という調査結果がある。同じく現代の日本(2003年7月時点)における飼育ペットの割合は犬62%、猫29%、魚類11%、鳥類7%(複数回答)となっており。鳥類(1981年時点で35%)の減少傾向が目立っている。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たワカケホンセイインコ

    東京都には野生化したワカケホンセイインコが大量に住み着くなどの現象も確認され、温排水が流れ込む用水路でワニが、路上でカミツキガメが保護されたとするニュースが度々聞かれるなど、芳しくない現象が発生している。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た手回り品切符

    近年、店舗や公共交通機関にペットキャリーにすら入れずにペットを連れ込む飼い主が少なからず存在する。またキャリーに入れたとはいえ、公共交通機関で手回り品切符の購入をしていない事もある。この様な事例は、周りの人が不快に思ったり、特に小さい子供などが動物を怖がることがあるばかりでなく、動物アレルギーの人にとっては健康にもかかわる。「ペット同伴禁止」と明示されている場所にはペットを連れ込まない、ということは飼い主が守るべき当然のマナーであるとされている。さらに、特に表示が無くても、(よほどペットのための施設でない限り)不特定多数が出入りする施設や店舗など公共の場では、必要に応じてケージ等に入れ、他の人がいる場でペットが自由に動き回ることのないようにするのが飼育者に求められているマナーとされる。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た冷たい熱帯魚

    冷たい熱帯魚』 - 熱帯魚屋の店主であった温厚な人物が、周囲人々との関係によって殺人を行ってしまう物語。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たアレルギー

    近年、店舗や公共交通機関にペットキャリーにすら入れずにペットを連れ込む飼い主が少なからず存在する。またキャリーに入れたとはいえ、公共交通機関で手回り品切符の購入をしていない事もある。この様な事例は、周りの人が不快に思ったり、特に小さい子供などが動物を怖がることがあるばかりでなく、動物アレルギーの人にとっては健康にもかかわる。「ペット同伴禁止」と明示されている場所にはペットを連れ込まない、ということは飼い主が守るべき当然のマナーであるとされている。さらに、特に表示が無くても、(よほどペットのための施設でない限り)不特定多数が出入りする施設や店舗など公共の場では、必要に応じてケージ等に入れ、他の人がいる場でペットが自由に動き回ることのないようにするのが飼育者に求められているマナーとされる。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た食用

    古くは家畜とペットの境界は曖昧で、飼育する側の社会的地位によって、その境界は更に曖昧な物であった。今日では多くの国で愛玩用または訓練されるイヌであるが、日本でも平安時代までは一般的な食用動物として見なされていた。しかし法令や宗教的な理由から獣肉を食べる習慣が日本では次第に廃れたことから、今日の日本ではイヌを食用と見なす習慣はない。しかしそのような過程を経なかった国では、今日でもイヌは食用家畜とみなされており、イヌを食べる習慣が廃れた国から、非難・中傷されるなどの社会現象が発生している(犬食文化の項を参照)。ネコを食用家畜として食べる国もある。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たニワトリ

    ペットと家畜(実用的な理由に拠るもの)の歴史は古く、3万前の石器時代の遺跡にホラアナグマの飼育跡(洞窟の檻)が見つかり、オオカミ(イヌ)の家畜化が3万年 - 1万5千年前から行われ、以下、トナカイ、ヒツジ、イノシシ(ブタ)、ヤギ、ウシ、ニワトリ、ハト、ウマ、ラクダと続き、愛玩動物は5,000年前の古代エジプトのピューマの例があり、南米のインディオではインコやサルを飼っていた。狩猟において助けとなるイヌや、農耕において害獣となるネズミなどを駆除してくれるネコやイタチのような小型肉食獣が太古から珍重されている。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たブリーダー

    珍しい種類や人気がある種類の犬・猫では、ブリーダーが近親交配による繁殖を行うといったケースも報告されている。それらの中には近親交配によって発生した、畸形や遺伝的な異常を持つ個体が販売され、飼い主とペットショップの間で品質面の問題が係争されるなどの現象も起こっており、これを憂う向きもある。しかしながら、近親交配は品種改良や品種のスタンダード維持の重要な手段でもあり、一律禁止は大きな弊害を伴うとされる。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たリハビリ

    幼い内に親から引き離されペットとして違法に飼われていた個体が再び森に帰れるよう、リハビリを行っている団体もあるが、本来はオランウータンの生態を研究するために生息域に滞在している研究者のところにこれら個体が持ち込まれ、研究者らが自然環境への復帰作業に動員されてしまい、研究が滞ってしまうケースもあるという。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たマイクロチップ

    環境省は、2009年度より、犬や猫の殺処分の半減を目標に、新しい飼い主探しを促進するための施設を、都道府県(や政令市に)、年間約10カ所整備する計画を、また2017年までに90カ所整備する計画を立て、それに着手した。9年間で、殺処分の数の半減を目指すという。新しい飼い主探しを促進するための施設整備などを行うという。また、ペットの不妊手術の推進や、(ペットが迷子になってしまった時に飼い主のもとに戻ることができるように)マイクロチップ装着なども推進するという。ペット フレッシュアイペディアより)

140件中 61 - 70件表示

「ペット」のニューストピックワード