181件中 71 - 80件表示
  • ペット

    ペットから見た犯罪

    人間が人間を「飼う」というのは人権や人道に絡んで倫理上問題視される要素を含むものの、風俗的な観点からはそのような現象も見られる。また、奴隷制度は人間の家畜化であるが、目的が「愛玩」であればペットと見なす事も可能である。ただし近年に於いてその大半は仮想上のものや、有償や無償のサービスであったり、または犯罪行為のいずれかである。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た精神分析医

    ペットが人間の代わりに話を聞いてくれることでフラストレーションの解消になるため、コンパニオン・アニマルとしてペットを飼う人たちの多くは人間と同じようにペットに話しかける。ペンシルバニア大学の調査では、ペット飼育者の98パーセントは動物に話しかけた経験があり、そのうちの80パーセントはペットに対して人間と同様に話しかけていたという。精神分析医やソーシャルワーカーは抑うつや引きこもり、精神の矯正に及ぼすペットの癒やしの効果に着目しており、老人ホームや刑務所にペットを導入し効果を上げた例もある。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た品種改良

    珍しい種類や人気がある種類の犬・猫では、ブリーダーが近親交配による繁殖を行うといったケースも報告されている。それらの中には近親交配によって発生した、畸形や遺伝的な異常を持つ個体が販売され、飼い主とペットショップの間で品質面の問題が係争されるなどの現象も起こっており、これを憂う向きもある。しかしながら、近親交配は品種改良や品種のスタンダード維持の重要な手段でもあり、一律禁止は大きな弊害を伴うとされる。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た動物愛護法

    日本においても鳥獣保護法により完全に野生化したノイヌ、ノネコは狩猟対象とされているが、動物愛護法で保護されている野良犬、野良猫との区別が極めて困難でありペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見たハト

    オオカミ(イヌ)の家畜化が3万年 - 1万5千年前から行われ、狩猟の際の助けとして用いられた。以下、トナカイ、ヒツジ、イノシシ(ブタ)、ヤギ、ウシ、ニワトリ、ハト、ウマ、ラクダなどが、家畜として飼育されるようになった。また農耕のはじまりとともに、害獣となるネズミなどを駆除してくれるネコやイタチのような小型肉食獣が珍重されるようになった。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た癒し

    ペットを飼うことの長所は癒し、孤独の解消、世話をする事によって(飼う側の人間に)育まれる興味や思いやりの心等が挙げられる。ペットを飼うことが、子どもの健全な心を育てることもわかっている。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た麻酔

    断耳、断尾、声帯切除、牙の抜歯、爪除去(指ごと除去)、などがある。ドイツでは脊椎動物について麻酔なしの手術、(医療目的以外で)肢体や臓器の摘出を原則禁止としている。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た農耕

    オオカミ(イヌ)の家畜化が3万年 - 1万5千年前から行われ、狩猟の際の助けとして用いられた。以下、トナカイ、ヒツジ、イノシシ(ブタ)、ヤギ、ウシ、ニワトリ、ハト、ウマ、ラクダなどが、家畜として飼育されるようになった。また農耕のはじまりとともに、害獣となるネズミなどを駆除してくれるネコやイタチのような小型肉食獣が珍重されるようになった。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た狩猟

    オオカミ(イヌ)の家畜化が3万年 - 1万5千年前から行われ、狩猟の際の助けとして用いられた。以下、トナカイ、ヒツジ、イノシシ(ブタ)、ヤギ、ウシ、ニワトリ、ハト、ウマ、ラクダなどが、家畜として飼育されるようになった。また農耕のはじまりとともに、害獣となるネズミなどを駆除してくれるネコやイタチのような小型肉食獣が珍重されるようになった。ペット フレッシュアイペディアより)

  • ペット

    ペットから見た家族

    今日ペットは、家族として、パートナーとして、仲間として人の暮らしに密接に関わり、心を癒してくれたり、あるいは愛玩されたり、共生するなど、様々な面を持った存在である。ペット フレッシュアイペディアより)

181件中 71 - 80件表示