前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示
  • 107%ルール

    107%ルールから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    1999年のオーストラリアGPでは、ミナルディのマルク・ジェネが107%ルールをクリアすることができなかったが、フリー走行時の走行制限があった事と超過が107.242%と軽微なものであったため、レーススチュワードが決勝に参加することを認めた。フランスGPではデイモン・ヒル、マルク・ジェネ、ルカ・バドエル、ペドロ・デ・ラ・ロサ、高木虎之介が107%ルールに抵触したが、予選中の降雨により出走順によって著しく予選結果が混乱するような状況であったことから決勝レース出場が許された。結果的にこの年は107%ルールをクリアできなかったドライバーの予選落ちは無かった。107%ルール フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・アロンソ

    フェルナンド・アロンソから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    ルノーのテストドライバーとして、シルバーストン、バレンシア、ヘレス、カタロニアといった各地のコースで、計1,642周を走破。その一方で、5月にはシルバーストーンでジャガーもテストし、レギュラードライバーのペドロ・デ・ラ・ロサを上回るタイムを記録した。ルノーはこの年限りでジェンソン・バトンとの契約を終了し、アロンソは翌年のレギュラーシートを得ることになる。フェルナンド・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • ザウバー・C21

    ザウバー・C21から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    前年にセンセーショナルなデビューを果たしたキミ・ライコネンはマクラーレンへ移籍し、後任にはまたもルーキーのフェリペ・マッサが加入した。マッサはデビューレースこそオープニングラップの多重接触に巻き込まれリタイアに終わったが2戦目のマレーシアGPで早くも6位入賞、その後もいくつか入賞を果たしたがルーキーらしいアグレッシブな走りが裏目にでることも多く、イタリアGPではジャガーのペドロ・デ・ラ・ロサと接触、危険走行により次戦10グリッド降格のペナルティを受け、それを回避するためのチームの措置としてかつてザウバーに所属していたベテランのハインツ=ハラルド・フレンツェンに1戦のみシートを奪われることとなった。ザウバー・C21 フレッシュアイペディアより)

  • モーターランド・アラゴン

    モーターランド・アラゴンから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    2009年9月開業。サーキットの建設は、著名なサーキットデザイナーであるドイツ人建築家のヘルマン・ティルケが、イギリスの建設会社フォスター・アンド・パートナーズと共同で手がけた。またF1ドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサがテクニカル&スポーツコンサルタントを務めた。モーターランド・アラゴン フレッシュアイペディアより)

  • ジャガー・R4

    ジャガー・R4から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    末にエディ・アーバインは引退し、ペドロ・デ・ラ・ロサもチームの構想外にあった。マーク・ウェバーとアントニオ・ピッツォニアが新たに加入し、チームの運営陣もドライバーと共に再構築された。ジャガー・R4 フレッシュアイペディアより)

  • マクラーレン・MP4-21

    マクラーレン・MP4-21から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    アメリカGPの後に、モントーヤは2006年シーズン限りでF1を去り、NASCARに出場することを発表した。マクラーレンはアメリカGP終了後にモントーヤを放出し、残っているレースにペドロ・デ・ラ・ロサを起用した。マクラーレン・MP4-21 フレッシュアイペディアより)

  • デラロサ

    デラロサから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサ - スペインのF1ドライバー。デラロサ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年ブラジルグランプリ

    2000年ブラジルグランプリから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    28ラップ目でのトゥルーリのピットストップ後に、ヨス・フェルスタッペンが7ラップに渡って3位を走行したが、ピットストップのためフィジケラに3位を明け渡した。ラルフ・シューマッハとジェンソン・バトンの2台のウィリアムズと、フィジケラ、ハインツ=ハラルド・フレンツェンは1ストップ戦略をとりお互いに僅差で走行していた。前方ではクルサードとシューマッハが同様のペースで走行していたが、シューマッハは余裕があった。ラルフとバトンは44ラップ目、45ラップ目にそれぞれピットインし、バトルは最終局面であった。しかしながらラルフはフェルスタッペンの数メートル先でコースに復帰したが、バトンはその後ろで復帰した。その後のラップでラルフは差を広げることができたが、バトンはフェルスタッペンの後ろで苦戦し、57ラップ目にようやくパスした。トゥルーリは56ラップ目に2回目のピットインを行い、5位で復帰した。ラルフはバトンを従え6位で走行した。フェルスタッペンとペドロ・デ・ラ・ロサが8位と9位であった。その間にペースは低下し、レース終了までオーダーは固定した。2000年ブラジルグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年オーストラリアグランプリ

    2000年オーストラリアグランプリから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    2ラップ目にクラッチトラブルでジャガーのジョニー・ハーバートがリタイアする。4ラップ目までにマクラーレンの2台はシューマッハと共に、フレンツェンのジョーダンを引き離し、フレンツェンはシューマッハに5秒の差を付けられた。7ラップ目にペドロ・デ・ラ・ロサのアロウズのフロントサスペンションにトラブルが発生し、デ・ラ・ロサはタイヤバリアに激突した。ハーバートのチームメイト、アーバインはアロウズを避けようとしてスピン、エンジントラブルで再スタートできなかった。両者共にリタイアとなり、セーフティーカーが出動、コースマーシャルが残骸を清掃する間、他の車はスロー走行を余儀なくされた。2000年オーストラリアグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • 2000年モナコグランプリ

    2000年モナコグランプリから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    決勝でシューマッハは好スタートを切り、トゥルーリを従えて有利な立場を保った。クルサードはフレンツェン、ハッキネン、およびバリチェロを従え、3位を走行した。ロウズヘアピンでハッキネンは目覚ましい動きでフレンツェンをかわしたが、その後方の中位集団ではペドロ・デ・ラ・ロサがジェンソン・バトンの外側を大きく回った。そこにはスペースが十分に無く、バトンは停止を強いられた。レースは赤旗が提示された。2000年モナコグランプリ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
58件中 1 - 10件表示

「ペドロ・デ・ラ・ロサ」のニューストピックワード