前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示
  • 107%ルール

    107%ルールから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    1999年のオーストラリアGPでは、ミナルディのマルク・ジェネが107%ルールをクリアすることができなかったが、フリー走行時の走行制限があった事と超過が107.242%と軽微なものであったため、レーススチュワードが決勝に参加することを認めた。フランスGPではデイモン・ヒル、マルク・ジェネ、ルカ・バドエル、ペドロ・デ・ラ・ロサ、高木虎之介が107%ルールに該当したが、ドライウェットな状況で予選出走の順番によって著しく予選結果が混乱するような状況であったことから決勝レース出場が許された。この年は107%ルールをクリアできなかったすべてのドライバーが決勝参加が許されている。107%ルール フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・アロンソ

    フェルナンド・アロンソから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    ルノーのテストドライバーとして、シルバーストン、バレンシア、ヘレス、カタロニアといった各地のコースで、計1,642周を走破。その一方で、5月にはシルバーストーンでジャガーもテストし、レギュラードライバーのペドロ・デ・ラ・ロサを上回るタイムを記録した。ルノーはこの年限りでジェンソン・バトンとの契約を終了し、アロンソは翌年のレギュラーシートを得ることになる。フェルナンド・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • デラロサ

    デラロサから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    ペドロ・デ・ラ・ロサ - スペイン出身のF1ドライバー。デラロサ フレッシュアイペディアより)

  • 舘信吾

    舘信吾から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    かつて全日本F3選手権にトムスから参戦したペドロ・デ・ラ・ロサは同年のF1ブラジルGPで自身のヘルメットに舘の名前を刻んでレースに出走した。舘信吾 フレッシュアイペディアより)

  • ジャガー・R3

    ジャガー・R3から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    ジャガー・R3は、ジャガー・レーシングが2002年のF1世界選手権参戦用に開発し投入したフォーミュラカー。エディ・アーバインとペドロ・デ・ラ・ロサがドライブした。ジャガー・R3 フレッシュアイペディアより)

  • ジャガー・R2

    ジャガー・R2から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    チーム2年目になるエディ・アーバインと、2000年オーストリアグランプリでアーバインの代役を務めたルチアーノ・ブルティがドライブした。しかしながらブルティは4戦を走ったのみでペドロ・デ・ラ・ロサと交代した。ジャガー・R2 フレッシュアイペディアより)

  • ジャガー・R4

    ジャガー・R4から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    参戦以来何度かのトラブルを経てジャガーチームはシーズン、ようやく落ち着くこととなった。トニー・パーネル、デヴィッド・ピッチフォースの指揮の下、チームは結果を残すことが必要だと感じ、またその能力がそれに及ばないことも知っていた。末にエディ・アーバインは引退し、ペドロ・デ・ラ・ロサもチームの構想外にあった。ウェバーとピッツォニアが新たに加入し、チームの運営陣もドライバーと共に再構築された。ジャガー・R4 フレッシュアイペディアより)

  • ザウバー・C21

    ザウバー・C21から見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    前年にセンセーショナルなデビューを果たしたキミ・ライコネンはマクラーレンへ移籍し、後任にはまたもルーキーのフェリペ・マッサが加入した。マッサはデビューレースこそオープニングラップの多重接触に巻き込まれリタイアに終わったが2戦目のマレーシアGPで早くも6位入賞、その後もいくつか入賞を果たしたがルーキーらしいアグレッシブな走りが裏目にでることも多く、イタリアGPではジャガーのペドロ・デ・ラ・ロサと接触、危険走行により次戦10グリッド降格のペナルティを受け、それを回避するためのチームの措置としてかつてザウバーに所属していたベテランのハインツ=ハラルド・フレンツェンに1戦のみシートを奪われることとなった。ザウバー・C21 フレッシュアイペディアより)

  • プロスト・グランプリ

    プロスト・グランプリから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    プジョーを失ったチームは、エンジンをフェラーリにスイッチし(バッジネームはエイサー)、ゴロワーズなどのスポンサーを失ったプロストは前年までザウバーのドライバーだったペドロ・ディニスが電撃的にドライバーを引退し共同オーナーに就任するなどの体制変更を行い、ディニスのスポンサーマネーでシーズンを戦う事を選択。PSNなど南米のスポンサー獲得のためにガストン・マッツァカーネを起用する。それでもチームの苦境は変わらなかったばかりか、シーズン途中でジャン・アレジと喧嘩別れしアレジはハンガリーGPからジョーダンに移籍、代わりに急遽ジョーダンを解雇されたばかりのハインツ=ハラルド・フレンツェンを乗せるなど、前年以上のドタバタを演じた。マッツァカーネに至っては「遅すぎる」との理由で4戦で解雇。ペドロ・デ・ラ・ロサを獲得しようとするも、ジャガーに獲られ、そのジャガーを解雇されたルチアーノ・ブルティを起用。ベルギーGPでブルティが怪我で欠場すると終盤3戦はトーマス・エンゲを起用。計5人のドライバーが乗るという異常事態となった。獲得ポイントはアレジが稼いだ4点のみ。ランキングは9位。フレンツェンはベルギーGPで予選4位に入ったがそれ以外に見るべきものはなかった。なおタイヤはミシュランにスイッチした。プロスト・グランプリ フレッシュアイペディアより)

  • モーターランド・アラゴン

    モーターランド・アラゴンから見たペドロ・デ・ラ・ロサペドロ・デ・ラ・ロサ

    2009年9月開業。サーキットの建設は、著名なサーキットデザイナーであるドイツ人建築家のヘルマン・ティルケが、イギリスの建設会社フォスター・アンド・パートナーズと共同で手がけた。またF1ドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサがテクニカル&スポーツコンサルタントを務めた。モーターランド・アラゴン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
52件中 1 - 10件表示

「ペドロ・デ・ラ・ロサ」のニューストピックワード